fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Chef > ChefConf 2015 レポート (part 2)

ChefConf 2015 レポート (part 2)

 ★ 6

2015年3月31日から4月2日まで実施されたChefConf 2015の現地レポートpart2です。

ChefConf 2015 レポート Part1

Case Study: Chris Putonen: Walt Disney

c0020012

  • Walt Disney社はChefのヘビーユーザで、大方のアプリケーション開発を徹底してChef経由で開発、運用、保守している。

c0020022c0020032

  • ディズニーランドでは、マジックバンドというウェアラブルデバイスを最近採用して、ゲストの腕につけてもらっている。
  • マジックバンドの目的は、旅行に伴う様々な「障害:Friction」を取り除くため物で、様々なアプリケーションを統合している。
    • 入場券
    • ホテルの部屋の鍵
    • ファストパス
    • 写真を受け取るためのパスカード
    • eキャッシュ
  • Frictionless(スムーズな)バケーションを楽しんでもらう事がディズ二ーの重要なポリシー

c002004

  • このマジックバンドを利用するアプリケーションも含めて、ディズニー内の様々なITアプリケーションの開発に於いても、Frictionless(スムーズ)な環境を作り上げることも重要ポリシーとして考えている。
    • Continuous Integration: 迅速に、スムーズにソフトウェアを開発、テスト、実装する。
    • Configuration Management: 統一した、生産性を高める環境やアプリケーションを整備する
    • Hybrid-Cloud: キャスト/ゲストのオンデマンド対応を高めるためのインフラ
  • ディズニーランドを訪問するゲストの待ち時間を減らすためのソリューションが重要であるが、ソフトウェア開発においても同じような重要性がある、と信じている。

c002005

  • 現在、1万台のサーバがChefで管理されている。
  • 複数のサイロに渡って、共通のCookbookの膨大なライブラリーが作られている。
  • コンテナの採用も進めていて、特にコンテナ運用の自動化環境を重要視している。
  • クラウド上での運用も順調に増え始めている。

Case Study: Troy: Director of Cloud & Social Platform, Intuit
c002006

c002007

  • Intuitは、中小、個人向けの会計業務関連のアプリケーションサービスを提供するベンダーで、様々なソフトウェア製品を提供。

c002008

  • 顧客ベースは、3つのセグメントに分けられる。
    • コンシューマ
    • 小規模企業
    • 会計プロフェッショナル

c002009

  • Intuit社は、3000人の開発者を抱えている。

c002010

  • 現在、収益の大半は、オンラインとモバイルユーザから入ってきて、デスクトップユーザとの差がどんどん広がっている。
  • 市場もグローバルに広がっており、現在20カ国からの売り上げ
  • 創業当初はサンディアゴの小さなオフィスでサーバ一台でスタート
  • 成長はオンプレミスのシステムを運営していただ、給与計算アプリで障害が起き、その後、AWSの全システムを移行、自動化の重要性を認識

c002011

  • 当初、数十人だったChefのユーザが、現在は数百人に増加
  • 今回のChefConfも40人以上が参加している。

c002012

  • Chefの価値を見出したのは、従来のOn-PremiseのIT運用からクラウド(AWS)プラットホームへ移行した時点
  • クラウド移行と同時に:
    • 分散されていたデータセンタが統一したインフラに統合された
    • 手動で行っていた運用業務をかなり自動化させた

c002013

  • Chefを採用することによって得られた成果:
    • セキュリティ/コンプライアンス対応
      • サーバの障害対策が数日から数時間に短縮
      • システム全体に統一したコンプライアンスポリシー
    • 開発スピード
      • 開発者の開発品質の大幅向上:90%
      • アプリケーションのコア部分に対する開発に時間を集中できる
    • DevOpsの効率とコラボレーション
      • 30箇所のサイロシステムが一つのコミュニティに統合
      • INTUchefと呼ばれる、Intuit内のオープンソースコミュニティを運営

c002014

  • Chefで運用しているリソースが1年で急速に拡大
    • サーバ数は100台から5000台へ
    • オペレータの人員が数十人から数百人に増加
    • Cookbookの数が二桁から三桁へ
    • Chefレシピが数百から数千へ
 

Case Study: Standard Bank South Africa
Justin Arbuckle: Chief Enterprise Architect & VP EMEA, Chef
Josef Langerman: Head Of Development, Software & Maintenance, Standard bank
c002015
c002016
c002017
  • Standard Bankは南アフリカの銀行で、アフリカでも最大の銀行。
  • 従業員は7000人、創業してから150年
  • 数年前に、アジャイルにならなければいけない、と判断するも、今までの古い文化を変えていく事の難しさを経験。

c002018

  • Chefとは2日間のトレーニングを実施
    • DevOpsとChefの導入を実施

c002019

 c002020
  • Chefの導入により得られた成果:
    • 6ヶ月かかった開発プロジェクトのデプロイを18分に短縮
    • セキュリティテスト作業:2週間の作業が24時間に短縮
    • コンプライアンス監査向けのレポートの作成時間が短縮
    • McKinseyのOHI Indexに基づく、組織の「健康度」が12%向上

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post