HOME > CLIENT VOICE > OOH広告のキャンペーン効果測定を実現

Client Voice

クリエーションラインでは、Azure上でのクラウドインテグレーションサービスを提供しています。今回の事例は、2017年12月に発表したものです。株式会社電通と日本マイクロソフト株式会社の、OOH広告として国内で初めてとなる 「リアルタイムオーディエンス分析・効果測定」と「視線検知」によるインタラクティブ機能を実装した人工知能型 OOH広告のデータ解析関連開発パートナーとして実証実験に参加いたしました。
実証実験では、先進的なOOH広告に取り組んでいる資生堂ジャパン株式会社の協力を得て、都営地下鉄六本木駅の1番線・2番線ホームのデジタルサイネージ「六本木ホームビジョン」にメイクアップブランド「MAQuillAGE」の広告を設置いたしました。

【実証実験の概要】
・実施期間:2017年12月11日(月)~12月24日(日)
・設置駅 :都営大江戸線六本木駅 1番線・2番線ホームに設置のデジタルサイネージ
「六本木ホームビジョン」
・視線検知によるコンテンツの出し分け:
同駅のホームに設置されているクラウド型デジタルサイネージ(NEC「情報・コンテンツ配信クラウドサービス」)とデジタルサイネージの画像認識センサーを利用し、オーディエンスの視線に合わせた広告表現の出し分けを実践します

広告イメージ

1.画面の前に立つと広告が開始
2.3色のルージュの画面に切り替わる。気になる色のルージュの先を3秒見つめると…
3.選んだ色に合せた診断結果及びECサイトのプレゼントクーポンがQRコードを通じて取得可能

 ・オーディエンスレポート(効果測定):
マイクロソフトのクラウドプラットフォーム Microsoft Azure にデータを伝送し、Microsoft Azure Cognitive Services Face APIによって、視聴者の属性を計測、さらにはSenseTime Group Limited社が提供するディープラーニングによる画像認識技術により(Microsoft Azure上で稼働)、広告前の交通量を把握します。

視聴レポート(例

クリエーションラインでは、OOH広告における視聴率分析などのデータ分析ビジネスを展開していく予定です。

dentsu_logo

株式会社電通

事業内容
「Integrated Communication Design」を事業領域としたコミュニケーション関連の統合的ソリューションの提供、 経営・事業コンサルティングなど
設立
1901年(明治34年)7月1日
URL
http://www.dentsu.co.jp/

CLIENT VOICE一覧を見る