IoT Boost

IoT事業支援 / PoCフレームワーク

想定されているIoTサービスの実現可能性をアジャイル手法を用いて検証します。
IoTゲートウェイからのセンサデータ送信を想定した疑似プログラムを作成し、
クラウドサービスの性能測定、負荷検証を行い実現性に関して検証を行います。

センサーデータの収集からご対応可能なものもございますので、お気軽にお問合せください。
また、弊社で既に検証済のデータに関しては、レポート提供という形で情報を提供します。

デバイスを含めたトータル機能をPaaSやIaaSを利用して、最適なシステムにインテグレート

導入フロー

ニーズ確認 - 導入効果・仮設設定 - プロトタイプ導入(開発) - システム設計・開発 - 検証 - 要件整理

  • IoTシステムアーキテクチャ設計

    クラウドサービスとしてAWS IoT Platform、Azure IoT Suiteを中心に、最適なクラウドサービスを組み合わせたIoTサービスの全体設計を行います。サービス全体としてはエッジコンピューティングなどを考慮しつつ最適なアーキテクチャを提供します。
  • アプリケーション開発

    クラウドサービス連携に必要なPoC用のアプリケーション開発を行います。データの可視化に関してはBIツールなどを組み合わせつつ、必要に応じてアプリケーション等の開発を行います。UIはシンプルですがサービスのイメージが掴めるレベルでの開発を行います。
  • 本番システム開発に向けた整理

    PoCの結果、サービス提供に向けて進めることになった場合、今後の作業内容の整理を行います。RFP(提案依頼書)に記載されるような内容をアウトプットとして提供します。

対象企業様

  • IoTを利用したサービス実現に向けて検討済みで、最適なシステム・クラウドサービスの検討・検証をされたい企業
  • IoTシステムを開発予定で、市場変化への迅速な対応・早期リリースのためにアジャイル手法を取り入れたい企業

料金

2ヶ月 300万円~

(提供前提:準委任契約。作業内容を柔軟に調整し、契約の工数内でお客様の求めるアウトプットの提供に努めます。)

お問い合わせはこちら

トピックス

IoT関連など最新情報配信中!CL LAB