CL LAB

HOME > CL LAB > Agile > 【イベントレポート】第133回白熱塾 きょん、やっとむ、Ryuzeeらと語るアジャイル開発の本質 #densohack

【イベントレポート】第133回白熱塾 きょん、やっとむ、Ryuzeeらと語るアジャイル開発の本質 #densohack

 ★ 108

2018年8月23日、アジャイル3大怪獣が日本橋タワーに集結!
デンソー×オンザロード×クリエーションライン共催で未だかつてないコラボレーションが実現され、参加者募集からわずか数時間で100席が埋まり、20名分増枠してもなおキャンセル待ちが絶えないという、大注目のイベントが開催されました。

成迫さん登場

  • 飲み会から始まるイベント、面白いでしょう?
    • とってもいい雰囲気でスタート!

アジャイルって何が美味しいの? やっとむ(安井力)さん

  • ソフトウェア開発、簡単なわけない
  • 価値は累積される
  • 品質は誰かにとっての価値

目的論からのアジャイル~手段を目的化すること~ きょんさん

  • 自称役に立たない話担当のきょんさん・・・今回もとっても刺激的なお話でした。
  • スクラムが成果を出すための手段だったら、スクラムを目的化していい
  • 形骸化を目的化といわない
    • 朝会することが目的になっている?あなたは最高の朝会が出来るんですか?
  • 参加者同士の1分ディスカッションがところどころに設けられ、会場は終始賑やかな雰囲気に
  • しめくくりは痛烈な一言・・・「アジャイルは老害」
    • 過去の理想論に対する現実解を、我々はアップデートしていかなければならない

アジャイル開発でコールド負けしないための5つのポイント Ryuzee(吉羽龍太郎)さん

  • アジャイルやスクラムは準備不足を許容しているわけではない
  • その他名言多数 

フィッシュボウルで参加者とのディスカッション

  • 現場からの様々な悲鳴に対し、三者三様の回答が
    • とはいえ、本質的な部分には共通点が感じられる
  • 弊社安田がアジャイル3大怪獣と熱戦トーク!

アジャイル3大怪獣からのメッセージ

  • 勝手に感じたアジャイルの本質
    • 一度学習・習得して最適化したものをUnlearnして再度学習しようとしても、学ぶ前ほどの成長する機会を得ることはとてつもなく難しい
    • スクラップ&ビルドする勇気と、回を重ねるごとに良くなっていくよう学習・経験していく(ことを意識して、ちゃんと実践する、までが含まれていると思う)
    • 同じ現場なんてものはどこにもなくて、「今回は最高の仕事が出来た!」と思うこともない。アジャイルが終わることはない

最後に

白熱するトークが続く中ではありましたが、時間はあっという間に過ぎ・・・
成迫さんから
* 「楽しかったね、またやろうね」
* 「そのときは「現場代表」をあつめましょう!」

のお言葉で締めくくられました。
これからも白熱塾と3大怪獣さまの動向に注目したいと思います!

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post