CL LAB

HOME > CL LAB > DataAnalytics > クリエーションライン、データサイエンティスト向け分析プラットフォーム ”e19(senkei)”の提供を開始

クリエーションライン、データサイエンティスト向け分析プラットフォーム ”e19(senkei)”の提供を開始

 ★ 7

2017年7月31日

報道関係各位

クリエーションライン株式会社

クリエーションライン、データサイエンティスト向け分析プラットフォーム
”e19(senkei)”の提供を開始

クリエーションライン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:安田忠弘、以下”クリエーションライン”)は、7月28日よりデータサイエンティスト向け分析プラットフォーム”e19”(senkei:千京)のサービス提供を開始いたしました。

https://e19.io/

”e19”は、e=10の19乗を表しており千京(10,000,000,000,000,000,000)=senkeiと読みます。“e19”はApache Spark、Apache Mesos、HDFSなどで構成されており、利用者(データサイエンティスト)が分析するための各種機能を提供します。提供価格は15,000円/月/node〜となっています。
詳しくはサービスサイトをご参照ください。

図1:内部構造イメージ

クリエーションラインは、以前よりApache Sparkなどを活用したソリューションを提供してまいりました。この”e19”を自社の分析ソリューションのプラットフォームとして活用すると同時に、”e19”をデータサイエンティストや分析ソリューションを提供している会社(SIer等を含む)にも提供することで、事業を拡張していくことを目的としています。
 またこの”e19”は、各クラウド事業者や事業所内の環境(オンプレ)への導入をみすえた設計となっており、すでに複数の事業会社との導入プロジェクトがスタートしています。

 ”e19”は、本年度末まではサポート・導入支援をより手厚く提供するために、利用者数(アカウント数)を限定してサービス提供いたします。新規アカウントについてはご依頼を元に利用規模、利用用途を元に選定し開設、提供いたします。


■クリエーションライン株式会社について
2006年1月設立。1) 高可用性を実現する高度なネットワーク、ストレージ設計能力、2) マイクロサービス化・データ解析アルゴリズム作成などの高度なソフトウェア設計・作成能力、3)インフラから上位レイヤーの各種サービスに対して自動化など効率的な運用監視を実現する技術ノウハウを持つ技術者集団です。国内外の大手通信事業者、データセンター事業者、サービス提供事業者などに対して多くの実績を持っています。事業およびサービス詳細は、ウェブサイトをご参照下さい。

■このプレスリリースについてのお問い合わせ先
クリエーションライン株式会社 マーケティング担当 近藤
TEL: 03-5829-8355
E-mail: sales@creationline.com

Related post

mautic is open source marketing automation