Docker化されたアプリケーションを管理する

Docker Datacenter

Docker標準の開発環境や各種インフラともシームレスに適合する統合プラットフォームです。

Docker Datacenterの特長

簡便な構築と運用
DDC(Docker Datacenter)の導入、設定、アップグレードは簡便かつ高速です。Web管理インターフェイスでストレージ、証明書、ユーザの設定を数クリックで行うことができます。
DockerネイティブのEngine、
ネットワーキング、Swarm
DDCは広く利用されているDocker APIをそのまま利用することができ、Docker Swarmによるクラスタリングがビルトインされています。Docker ComposeアプリケーションはDDCに完全に対応しているため、開発環境を変更、追加することなくDDCに完全に対応します。
HAとセキュリティ
DDCはHA機能をビルトインしています。各種設定はビルトインのkey-valueストアに保存され、フェイルオーバー時にも適切に情報を引き継ぐことができます。DDCホスト間の通信は自動設定されるTLSによって適切に暗号化され、セキュリティが確保されます。
開発からプロダクションまでの
一貫したセキュリティ
Docker Content TrustおよびDTR(Docker Trusted Registry)によって、開発から運用まで一貫したセキュリティを確保することができます。開発イメージをDocker Content Trustによってデジタル署名することで、適正なイメージを利用できます。またDTRはデジタル署名の状態を簡単に確認することが可能です。
ユーザ管理
DDC、DTRはLDAPおよびActive Directoryと連携したユーザ管理機能を提供します。各ユーザにはロールベースの権限を付与することができ、適切に権限を制約することが可能になります。
柔軟性 - プラグイン、ドライバ、オープンAPI
DDCは既存の環境にも柔軟に適合して動作します。ネットワークプラグインによってDockerコンテナのネットワークを既設のネットワークに適切に接続することが可能です。ストレージに対してもプラグインが用意されており、既設のストレージ、ログ集約環境にスムーズに接続することが可能です。

Docker Universal Control Plane

Dockerの操作はコマンドラインで行うのが一般的ですが、UIが用意され、利用者はここからDockerを操作できるようになっています。

Docker社公認トレーニングコース

mautic is open source marketing automation