fbpx

CKA/CKAD 試験

Kubernetes 技術者認定試験

Kubernetes の管理者や、Kubernetes 上で動くアプリケーションの開発者に必要なスキル / 知識 / 能力を認定するための試験です。


Certified Kubernetes Administrator (CKA) 試験は、Kubernetesに関するスキルを証明するための、コマンドラインを使ったハンズオン形式の資格試験です。この試験の目的は、Kubernetesの管理者に必要なスキル、知識、および能力がCKA認定者に備わっていることを保証することです。


Certified Kubernetes Application Developer(CKAD)試験は、認定者がKubernetes用のクラウドネイティブアプリケーションを設計・構築・設定・展開できることを証明する資格試験です。 この試験の目的は、Kubernetes上で動くアプリケーションの開発者に必要なスキル、知識、および能力がCKAD認定者に備わっていることを保証することです。

CKA試験の詳細

この試験は、3時間以内に複数の課題をコマンドラインで解決することが求められる実技試験です。 オンライン形式で試験監督が監督します。次のような内容が含まれます:

  • アプリケーションのライフサイクルの管理
  • インストール、設定および確認
  • 基本コンセプト
  • ネットワーク
  • スケジューリング
  • セキュリティ
  • クラスタの管理
  • ロギング/モニタリング
  • ストレージ
  • トラブルシューティング
詳細は こちらのページ でご確認ください。

CKAD試験の詳細

この試験は、2時間以内に複数の課題をコマンドラインで解決することが求められる実技試験です。 オンライン形式で試験監督が監督します。次のような内容が含まれます:

  • 基本コンセプト
  • 設定
  • マルチコンテナPod
  • ログなどによる確認
  • Podの設計
  • Serviceとネットワーク
  • 状態の永続性
詳細は こちらのページ でご確認ください。
試験形式:オンライン
 
各受験料:33,000円(税別)/1人
(2019.5.27 料金を変更しました)
受験に必要な身分証明書:有効期限が切れていないパスポート
 
試験時間:約2~3時間
 
申し込み後、受験可能になるまでの期間:5日目途
 
再受験:1回のみ無料で可能
 
合格証明書:PDFで発行
 
CKAの有効期限:3年間
CKADの有効期限:2年間

CKA/CKAD 試験 ご購入フォーム

*必須項目

CKA/CKADの認定試験は本ページ以外にLinux Foundation(CKA,CKAD)からも申し込みが可能です。
本ページから申し込まれた場合とLinux Foundationから申し込んだ場合の違いは下記の通りです。
テキストの言語 試験官が使用する言語 支払い方法 通貨 受験料
Linux Foundation 日本語/英語選択可 日本語/英語選択可 クレジットカード ドル $300
本ページ 日本語/英語選択可 日本語/英語選択可 請求書 ¥33,000

(2019.5.27 料金を変更しました)

入力内容を確認後、お申し込みボタンを押して下さい。
お申込後のお客様都合によるご注文のキャンセルはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 受験者名 (複数人の場合は代表者名)*
  • 受験人数 *
  • 受験者名(ローマ字)*
  • 会社名 (個人の場合は「個人」と記載して下さい)*
  • メールアドレス *
  • 試験 *
  • 試験官が使用する言語 *
  • 備考
    ※請求書原本が必要な方は送付先住所を記載してください。
・本ページから申し込む場合とLinux Foundationから申し込んだ場合の違いを理解しました。
・キャンセルポリシーに同意しました。

受験料 ¥33,000 / 1人 (税別)