Docker化されたアプリケーションを管理する

Docker Enterprise Edition

Docker標準の開発環境や各種インフラともシームレスに適合する統合プラットフォームです。

Docker Enterprise Editionの特長

簡便な構築と運用
DockerEE(Docker Enterprise Edition)の導入、設定、アップグレードは簡便かつ高速です。Web管理インターフェイスでストレージ、証明書、ユーザの設定を数クリックで行うことができます。
DockerネイティブのEngine、
ネットワーキング、Swarm
DockerEEは広く利用されているDocker APIをそのまま利用することができ、Docker Swarmによるクラスタリングがビルトインされています。Docker ComposeアプリケーションはDockerEEに完全に対応しているため、開発環境を変更、追加することなくDockerEEに完全に対応します。
HAとセキュリティ
DockerEEはHA機能をビルトインしています。各種設定はビルトインのkey-valueストアに保存され、フェイルオーバー時にも適切に情報を引き継ぐことができます。DockerEEホスト間の通信は自動設定されるTLSによって適切に暗号化され、セキュリティが確保されます。
開発からプロダクションまでの
一貫したセキュリティ
Docker Content TrustおよびDTR(Docker Trusted Registry)によって、開発から運用まで一貫したセキュリティを確保することができます。開発イメージをDocker Content Trustによってデジタル署名することで、適正なイメージを利用できます。またDTRはデジタル署名の状態を簡単に確認することが可能です。
ユーザ管理
UCP、DTRはLDAPおよびActive Directoryと連携したユーザ管理機能を提供します。各ユーザにはロールベースの権限を付与することができ、適切に権限を制約することが可能になります。
柔軟性 - プラグイン、ドライバ、オープンAPI
DockerEEは既存の環境にも柔軟に適合して動作します。ネットワークプラグインによってDockerコンテナのネットワークを既設のネットワークに適切に接続することが可能です。ストレージに対してもプラグインが用意されており、既設のストレージ、ログ集約環境にスムーズに接続することが可能です。

Docker Universal Control Plane

Dockerの操作はコマンドラインで行うのが一般的ですが、UIが用意され、利用者はここからDockerを操作できるようになっています。

よくある質問

Docker Enterprise Editionの最小構成(最低ライセンス数)を教えてください。

Docker Enterprise EditionのUniversal Control Plane(以下UCP)とTrusted Registry(以下DTR)は、冗長化にRaftコンセンサスアルゴリズムを利用しています。このため、冗長性を確保するために、3台以上でクラスタを構成する必要があります。
上記理由から
  ・UCP×3台
  ・DTR×3台
  ・コンテナを稼働させるWorkerノード n台
の合計台数分のライセンスを購入する必要があります。 (最低7ライセンスとなります。)

※ MTA PoCや検証用など、より小さい構成での動作を希望される場合、弊社営業までお問合せください。

Docker Datacenter と Docker Enterprise Editionは別の製品ですか。

Docker Datacenterの機能を拡張しバージョンアップしたものがDocker Enterprise Edition となります。現在はDocker Enterprise Edition に統一されています。

Docker Enterprise Edition はWindowsに対応しているとのことですが、UCP/DTRもWindows上で動きますか?

いいえ、UCP/DTRの動作にはLinuxOSの環境が必要になります。
WinodwsはWorkerノードとしてサポートしています。

プライベートでDockerトレーニングを依頼したいのですが、英語でのトレーニングも依頼できますか?

はい、対応可能です。
Docker社より講師を招聘することになりますので、時期・価格についてはお問合せください。

日本語でのサポートには対応していますか?

はい、弊社からライセンスを購入していただくと日本語サポートが付属します。
(Docker社から直接ライセンスを購入した場合には対応できかねますのでご注意ください。)

請求書払いにて購入することはできますが?

はい、弊社からのライセンス購入については請求書払いに対応しています。

月単位のライセンスはありますか?

いいえ、ライセンスは年間契約となります。

Docker社公認トレーニングコース

mautic is open source marketing automation