fbpx

Elastic Jump Start !!

~Elastic Stackを徹底的に使いこなす実践型トレーニングプログラム~

本講義は短期間で、Elastic Stackの基礎的な知識習得から実践で使える技術力、構想力を身につけるためのプログラムです。
個別のお客様向けに実施するプライベートトレーニングとなります。

トレーニングはオンライントレーニングで実施致しますが、
講師と受講者で気軽にコミュニケーションが出来るように専用のSlackチャネルを用意します。
講義内容のほか、Elasticに関する質問は何でもお受けします。(Ask Us Anything)

本プログラムは知識習得のみではなく、Elasticエキスパートとのネットワーク構築、
実際にElasticを業務で活用するための悩み相談などあらゆる方面での支援を目的としています。

講師陣のご紹介 (内容によって変更になる可能性がございます)

  • クリエーションライン株式会社
    データ分析テクニカルエバンジェリスト
    Elastic Stack実践ガイド[Logstash/Beats編] 著者

    日比野 恒

  • クリエーションライン株式会社
    Elastic技術アドバイザー
    Elastic Stack実践ガイド[Elasticsearch/Kibana編]著者

    惣道 哲也

  • クリエーションライン株式会社
    CRO

    須田 孝雄

Elastic Jump Start !! 内容

Elastic Stackとは

Elasticsearchを中心に、Kibana、Logstash、Beatsのそれぞれの役割や基本的な機能について学習します。 Elasticプロダクトの歴史や進化のスピードについても触れながら、 そのパワフルな機能を発揮している具体的なユースケースについて説明します。

Elasticsearchの概要と基本操作

Elasticsearchの概要と用語について一通り学び、実際にDev ToolsのUIを用いてREST APIの操作を行い、 ドキュメントの作成や検索クエリの実行方法を学習します。 マッピング定義やAggregationによる分析といった応用的な内容についても説明します。

Kibanaの基本的なVisualize

棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ、円グラフ、表グラフ、数値など、 Kibanaでよく利用されるグラフとそのグラフを展開するためのダッシュボードについて学習します。 可視化に利用するデータは、多くの方法で取り込みが可能です。ハンズオンではデータの登録から グラフでの可視化まで学ぶことができます。

Logstash/Beatsによるデータ加工

仮想マシンとして、Elastic Stackの各コンポーネントを設定し、 Filebeatでの取り取り込み、Logstashを用いたデータ加工についてハンズオン形式で学習します。 logstash.confの書き方やFilebeat Modulesを用いた手法など、多くのバリエーションでのデータ収集について学ぶことができます。

Elasticsearchクラスタ構築

Elasticsearchのノードとクラスタ、シャード(プライマリとレプリカ)、 サイジング方法をおさらいし、クラスタ構成のための設定方法や障害時の動作や復旧対応手法について、 ハンズオンを交えて学習します。Elasticsearchの障害時に確認すべき項目と対応方法についても触れていきます。

Elastic Stackの運用管理

Elastic Stackにおける運用業務には、システム監視、バックアップ運用、 メンテナンス作業、障害対応、インデックス管理などがあります。6.3以降のMetricbeatを使った監視方法、 Kibana Alerts、Snapshot Lifecycle Management、Index Lifecycle Managementなどの機能について学ぶことができます。

Kibanaの高度なVisualize

探索的データ分析の考え方に触れ、Kibana Lensの進化の背景について解説します。 Region Map、Coordinate Map、Lens、Time Series Visual Builderのハンズオンを交えて、高度な可視化の方法について学習します。

Elastic Observability

Elastic Cloud on Kubernetes環境を用いて、マイクロサービスアーキテクチャにおける監視について学習します。 Logging、Metrics、Tracingの必要性、コンテナ環境における設定、Kibanaダッシュボードでの可視化について学びます。

アジェンダ

詳細はこちら
以下の学習内容を網羅致します。トレーニング日程は、お客様のご要望により、2日間〜4日間でカスタマイズして実施させて頂きます。

学習内容①:Elastic Stack入門+Kibanaによる可視化入門(自習課題:Logstash/Beatsによるデータ加工)
学習内容②:Elasticsearchクラスタ構築
学習内容③:Elastic Stackの運用管理
学習内容④:Kibanaの高度なVisualizeとElastic Observability

開催日 申込期日 提供形態 募集状況
都度調整  オンライン募集中
開催日時:
都度調整

レベル:
初級
期間:
合計2日間〜4日間 (ご要望内容により調整致します)
学習形態:
オンライン集合研修、ハンズオン(Zoom,Slack)
言語:
日本語
ドキュメント:
日本語
トレーニング費用:
1,600,000円(税別)
2日間開催、受講者10名様まで
開催日数、受講者数が増える場合は別途お見積させて頂きます。
対象者:
・これからElastic Stackを使用して、分析基盤の構築をはじめる方
・kubernetesなどのマイクロサービス環境における監視システムを検討している方
必要なもの:
・Windows、MacOSのノートパソコン(WiFi接続)
・電源コード/電源アダプタ(又はバッテリ)
・ブラウザはChromeをご用意ください。
・TeraTermやiTermなどの使い慣れたターミナルソフトをご用意ください。
※講師とのやりとりはSlackで行います。
※トレーニングではインターネット上のVMにSSHアクセスします。
ネットワーク制御を行うセキュリティソフト等の設定がされていない、または解除可能なPCをご用意ください。
※Zoomで開催できない場合は、Google Meetに変更する可能性がございます。
◆その他:
・お申込みいただいた後に事前アンケートをお送りします。トレーニングで使用するアカウント作成に必要となります。期日までに必ずご回答ください。
・事前接続チェックへの参加をお願いいたします。オンライントレーニングでは接続トラブルが発生すると一切受講できず、対応のために大きく時間をロスすることを防ぐためです。

※トレーニングサービスは、同様の内容をお客様ご希望の日程・場所で開催する個別対応サービスも提供いたします。
個別トレーニングのご相談・申し込みは こちらからお問い合わせ下さい。

Elastic Jump Start !!お申し込みフォーム

*必須項目