fbpx

HOME > Event > 2022年10月27日開催 [無料ウェビナー] 既存アプリケーションを「簡単」にコンテナ化! 〜Tanzu Build Serviceのはじめ方〜 #Tanzu #Kubernetes #コンテナ #VMware

2022年10月27日開催 [無料ウェビナー] 既存アプリケーションを「簡単」にコンテナ化! 〜Tanzu Build Serviceのはじめ方〜 #Tanzu #Kubernetes #コンテナ #VMware

2022年10月27日に、クリエーションライン株式会社・SB C&S株式会社・ヴイエムウエア株式会社 共催ウェビナー「 既存アプリケーションを「簡単」にコンテナ化! 〜Tanzu Build Serviceのはじめ方〜」を開催します。
参加費は無料です。

【ウェビナー概要】

コンテナを始めようにも何から準備してよいのか戸惑いはありませんか? コンテナ自体の敷居は皆様の思っているほど高くなく、簡単にはじめられます。オンプレミスや仮想マシン上で動作しているアプリケーションに対して「Tanzu Build Service」を使ってコンテナ化する方法について解説いたします。

コンテナ初学者の方から、Kuberenetesに苦手意識や漠然とした不安を抱えている方、コンテナを気軽に利用したいと考えている方向けのセミナーになっておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

日時 2022年10月27日 (水) 14:00-15:00
形態 オンライン(Zoom)
参加費 無料
申し込み お申込みは こちら から

【アジェンダ】

  • 歴史から紐解くコンテナ技術 (14:05-14:15)
    1979年のchroot誕生が起源のコンテナは、DockerやkubernetesといったOSSの誕生により広く活用されています。2025年には85%の企業が本番系のシステムにコンテナを採用するという予測が出ており、コンテナに関連するソリューションも日々増え続けています。本セッションでは、コンテナ技術の歴史を紐解きながら活用方法をご紹介します。


    SB C&S株式会社
    ICT事業本部 ICT事業戦略・技術本部 技術統括部
    テクニカルマーケティングセンター

    佐藤 梨花 氏

  • 歴史から紐解くコンテナ技術 (14:15-14:25)
    1979年のchroot誕生が起源のコンテナは、DockerやkubernetesといったOSSの誕生により広く活用されています。2025年には85%の企業が本番系のシステムにコンテナを採用するという予測が出ており、コンテナに関連するソリューションも日々増え続けています。本セッションでは、コンテナ技術の歴史を紐解きながら活用方法をご紹介します。


    クリエーションライン株式会社
    DevOps Solutions Team リーダー
    Mirantis Team リーダー
    Customer Success Manager
    ITCordinator
    野木 悦孝

  • 歴史から紐解くコンテナ技術 (14:25-14:45)
    1979年のchroot誕生が起源のコンテナは、DockerやkubernetesといったOSSの誕生により広く活用されています。2025年には85%の企業が本番系のシステムにコンテナを採用するという予測が出ており、コンテナに関連するソリューションも日々増え続けています。本セッションでは、コンテナ技術の歴史を紐解きながら活用方法をご紹介します。


    ヴイエムウェア株式会社
    モダンアプリケーションプラットフォーム事業本部
    シニアソリューションエンジニア

    星野 真知 氏

  • Q&A (14:45-15:00)




△ 無料ウェビナーに参加する ▽