Kubernetesトレーニング

開催日:2019年5月28日(火)〜5月31日(金)

Kubernetesでコンテナ運用を自動化!
Kubernetesの構築・設定・運用を習得しましょう

トレーニング内容

イントロダクション
   - トレーニングを提供するLinux Foundationとは
Kubernetesの基本
   - Kubernetesの概要や歴史
インストールと設定
   - インストールツールの紹介とkubeadmを使ったインストール手順
Kubernetesアーキテクチャ
   - マスタ/ワーカノードで動作する主なコンポーネントの役割
KubernetesのAPIの使用
   - kubectlを用いたAPIリクエスト
APIオブジェクト
   - APIグループとグループに所属するAPIオブジェクト
Deploymentの設定
   - Deploymentの種類とロールバック
Service
   - クラスタ外やPod間のアクセスを提供するエージェント
Volumeとデータ
   - VolumeとPersistent Volumeの種類と設定
Ingress
   - Ingressを使ったルーティング
スケジューリング
   - ノードにポッドを配置する際のルール設定
ログ収集とトラブルシューティング
   - Kubernetesのログの種類と確認方法
リソースのカスタマイズ
   - 独自のAPIオブジェクト作成
Kubernetesフェデレーション
   - フェデレーションを使用したアーキテクチャの説明
Helm
   - Helmを使ったアプリケーションのデプロイ
セキュリティ
   - Kubernetesにおける認証・認可・アクセス制御
開催日時:

2019年5月28日(火)〜5月31日(金)

10:00~18:30 (開場 9:30~)

レベル:
中級
期間:
4日間
学習形態:
講習会(集合教育)、ハンズオン
言語:
日本語
ドキュメント:
日本語
必要なもの:
・Windows、Mac OSのノートパソコン(WiFi接続)
※トレーニングではインターネット上のクラウドにアクセスします。以下の条件を満たすPCをご持参ください。
 1. ネットワーク制限を行うセキュリティソフト等の設定が
   なされていない、または解除可能であること
 2. Tera TermやPuttyなどのssh接続ができる設定が完了
   していること
 3. Slackに接続できること
・電源コード/電源アダプタ(又はバッテリ)
・モバイルWifi(トレーニング以外でPCを使用する場合)
・ブラウザは Firefox もしくは Chrome をご用意ください。
その他:
・AC100V電源コンセント有り
・Wifi(無線LAN)有り
※トレーニング以外でWifiを使用されますと、帯域制限など
 により他の参加者のご迷惑になる可能性があります。
 他の用途で使用される場合は、持参していただいた
 モバイルWifiを使用していただくようお願いします。
会場:
東京都千代田区
飯田橋3-8-5
住友不動産飯田橋駅前ビル1・2F
ベルサール飯田橋駅前
ROOM 1 (2F)

※近隣に複数ベルサール施設がございますのでお間違えないようにお願いします
東西線・有楽町線・南北線・大江戸線 飯田橋駅 A2出口より
徒歩2
JR線飯田橋駅 東口より
徒歩3
受講料:
360,000円(税別)/名
対象者:
・既にコンテナを使っており、これからKubernetesを利用することを検討している方
・Kubernetesを使っていて設計・構築・運用に不安のある方
・CKAやCKADなどの資格取得に向けてスキルアップしたい方
前提知識:
・vimやemacsなどのコマンドラインエディタでのテキスト編集ができること。
・Linux管理者として必要なスキルを保持していること。
・Dockerコンテナに関する基礎的な知識を保持し、使用した経験があること。
募集枠:
20名

※トレーニングサービスは、同様の内容をお客様ご希望の日程・場所で開催する個別対応サービスも提供いたします。
個別トレーニングのご相談・申し込みは こちらからお問い合わせ下さい。

Kubernetesトレーニング お申し込みフォーム

*必須項目

入力内容を確認後、お申し込みボタンを押して下さい。
  • 受講者名 (複数人の場合は受講代表者名)*
  • 参加人数 *
  • 受講修了書に記載する名前をアルファベットと漢字でご記入下さい。
    (複数人の場合は1名づつ改行してご記入下さい。) 記載例:「Taro Tanaka 田中 太郎」*
  • 会社名 (個人の場合は「個人」と記載して下さい)*
  • 部署名
  • 請求書送付先メールアドレス *
  • 当日資料を受け取るためのメールアドレス
    (複数人の場合は2人目以降は備考欄にご記入ください。) *
  • 電話番号 *
  • Linuxのスキルについて *
  • コンテナ・Dockerのスキルについて *
  • 備考
    ※請求書原本が必要な方は送付先住所を記載してください。
    ※直前のお申込みなどでお支払期日の調整が必要な方はお問い合わせください。