fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > 2022年9月15日開催|DXウェビナーシリーズ第3弾:Aqua編 #dx #aquasecurity #セキュリティ

2022年9月15日開催|DXウェビナーシリーズ第3弾:Aqua編 #dx #aquasecurity #セキュリティ

 ★ 0

2022年9月15日に、DXウェビナーシリーズの第3弾となる「夢物語で終わらせない超実践的DX ~DevSecOpsの実現に向けて~ Aqua編」 を開催します。
参加費は無料です。DXやセキュリティについて課題を感じている方はこの機会にぜひご参加ください。

【ウェビナー概要】

健全にDXを実現し、持続させるうえで十分なセキュリティを確保することは必要不可欠です。情報漏洩、コンピューターリソースの不正利用、サービスの利用停止、データを”人質”にしての身代金要求などが発生すれば、事業という枠を超えて企業全体に大きなダメージを与えてしまうことはご存じの通りです。特に注意したいのが、環境がクラウドネイティブに変化しているのにもかかわらず、旧来のセキュリティの考え方に留まっているケース。

コンテナやアプリケーション、オーケストレータの設定に関する不備や運用ミス、脆弱性など、クラウドネイティブに変化したからこそ注意すべきリスクについては、これまでのアプローチとは異なった新しい対策が必要です。

「コンテナを導入しているが、主な対策はファイアウォールやIPS/IDS、WAFのみ」

「クラウドネイティブセキュリティについては十分な検討が進んでいない」

という状況に心当たりがあるのなら、クラウドネイティブに特化したセキュリティについて学んでいきましょう。セキュリティリスクを大幅に低減することは、真の意味でのDXを実現するうえで避けて通ることはできないのですから。

日時 2022年9月15日 (木) 14:00-15:10
形態 オンライン(Zoom)
参加費 無料
申し込み お申込みは こちら から

【アジェンダ】

  • セキュリティのちょっと怖いお話
  • クラウドネイティブならではのリスクとは?
  • コンテナ環境をどう守っていくか
  • Aquaで実現する全く新しいセキュリティ

【対象となる方】

  • DXをミッションに掲げるマネジメント層
  • ここ数年でセキュリティをアップデートしていない方
  • クラウドネイティブセキュリティについて検討されている方

New call-to-action

◆2022年7月28日 (木)開催 DXウェビナーシリーズ第1弾:GitLab編はこちら
◆2022年8月4日 (木)開催 DXウェビナーシリーズ第2弾:Mirantis編はこちら

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

[無料ウェビナー] GitLab_CI/CDハンズオン_2023111