fbpx

MongoDB Enterprise
Advanced

あなたのデータセンターで
MongoDBを運用する最善の方法です。
安全で自動化された製品を、安心のサポートで。

フォーチュン100にランク付けされる企業からアジャイルのベンチャー企業を含む世界中の何百もの企業が、MongoDB Enterprise Serverを使用しています。

詳細に関してはMongoDB Enterprise Advanced データシートをダウンロードしてください。価格に関してはこちらにお問合せください。

MongoDB Enterprise Serverの評価版をダウンロードすることもできます

  • Otto

    200万製品で一日当たり200万人以上の訪問者に1to1ショッピングを提供。
  • Bosch

    センサーをリアルタイム解析と繋ぎ合わせることにより新しいビジネスを創出。
  • シカゴ市

    リアルタイムの地理空間解析プラットフォームで都市事業に関する統一されたビューを提供。
  • Expedia

    何百もの顧客に対して、簡単かつ迅速に自分だけの旅行プラン作りを可能に。
  • Apteligent

    モバイルアプリの品質向上。一日当たり40億回使用。
  • Forbes

    カスタマイズされたCMSを2か月で、また新規モバイルサイトを1か月で提供。
  • ADP

    100万人以上のユーザ向けモバイルアプリやオーダーメイドアプリにより、41,000ものクライアントからの高い顧客満足度を保持。

MongoDB Enterprise Advancedの内容

サポート

商用サポートが提供されています。異常発生時には当社のエンジニアがサポートを提供します。

管理

データセンターでMongoDBを最も効率良く管理するための統合管理インターフェイスOps Managerが提供されています。クラウドサービスではMongoDB Cloud Managerでデプロイを管理することが可能です。これらの管理インターフェイスはMongoDB Enterprise Serverをシンプルに管理することが可能です。Ops ManagerおよびCloud Managerでは以下の機能が提供されています:

  • モニタリング: 測定できないものを最適化することはできません。 Ops ManagerやCloud Managerを使用すれば、100以上のパフォーマンスのメトリクスを可視化してデプロイを調整できます。カスタムアラートを設定しメトリクスが設定範囲を超えたら アラームを動作させることができます。これによってユーザよりも早く パフォーマンスの問題に気付くことが可能です。
  • 自動化: 新しいノードのプロビジョニング、クラスタ間での設定変更、 ゼロダウンタイムでのローリングアップグレードと言った一般的な運用タスクを自動化します。 運用経費を95%削減できるとしたら素晴らしいとは思いませんか?
  • バックアップ: MongoDB Enterprise Serverでは、バックアップソリューションとしてシャードされたクラスタのレプリカセットと 同期スナップショットのpoint-in-timeでのリカバリがサポートされています。 これはMongoDB Enterprise Server独自の機能であり、他では見られません。

Ops Managerおよび Cloud ManagerはMongoDBを開発した エンジニアチームによって開発されました。Ops ManagerおよびCloud Managerは MongoDB Enterprise Serverの最良の管理プラットフォームです。

高度なセキュリティ

MongoDB Enterprise ServerはKerberos、LDAP認証、Red Hat Identity Management 認定、 および監査に関するセキュリティとコンプライアンス基準に準拠しています。 ロールベースのアクセスコントロール、PKI 認定、SSL、フィールドレベルの リダクション(マスキング)を含むMongoDBの既存の包括的なセキュリティフレームワークに加え、 MongoDB Enterprise Serverの高度な機能により、データを守り、検知し、アクセス制御を可能にします。

MongoDB Enterprise Advancedではコミュニティ版のMongoDBにはない、暗号化ストレージエンジンを使用することができます。暗号化されたストレージエンジンは、ファイルシステムを個別に暗号化する作業や管理オーバーヘッドを発生させることなく、データを安全にネイティブで暗号化することができます。MongoDB Enterprise版で提供される暗号化ストレージエンジンは、ファイルシステムの暗号化とは 異なり、MongoDB Enterprise独自に保存中のデータを暗号化します。暗号化は透過的に行われ、 性能の劣化や管理工数の増大はありません。必要に応じてMongoDB Enterprise版暗号化ストレージエンジンは、 KMIP(Key Management Interoperability Protocol)経由でサードパーティの鍵管理アプライアンス と連携することが可能です。

高度な分析

MongoDBの柔軟なデータモデルとダイナミックなスキーマにより、リッチで多次元なドキュメントに しかしBIプラットフォームでは、固定されたスキーマ、表形式のデータを想定していることが多いと言えるでしょう。

MongoDB Connector for BI を 利用すれば、MongoDBをSQLベースのBIおよび解析プラットフォーム向けのデータソースとして使用できるようになります。ビジュアリゼーションやダッシュボードをシームレスに作成することで、マルチ構造化データからインサイトや 隠れた価値を引き出すことができます。MongoDB Connector for BIは、MongoDB Enterprise Advancedでのみ利用可能です。

MongoDB Compass

MongoDB Enterprise Advancedを使用することで MongoDB Compassにアクセスでき、最も簡単にMongoDBを探索できます。MongoDB Compassはシンプルで 直観的なGUIでドキュメントを分析し、コレクションのリッチな構造を表示することができます。スキーマを すばやく視覚化し表示するので、スキーマの頻度、データセットのフィールドのタイプや
範囲を 即座に確認することができます。MongoDB Compassを使用すると、アドホックなクエリの構築や実行、 ドキュメントの追加や修正、「Visual Explain Plans」やインデックス使用率のメトリクス、 document validation rulesに必要な条件の特定によるレビューやパフォーマンスの最適化が可能です。 MongoDB Compassを使用すれば、MongoDBのクエリ言語を知らない方でも非常に簡単にMongoDBを操作できるようになります。

In-Memory スピード

MongoDBではIn-Memory コンピューティングによる高速処理が可能です。In-Memory ストレージエンジンは、 AdTech、金融、電気通信、電子商取引など最も大規模なトランザクションを要するアプリケーションで 必要な高スループットと低レイテンシを実現します。さらに、レプリカセット内にストレージエンジンを 混在させることで、ディスクにデータを残しつつIn-Memoryのスピードを実現できます。In-Memory ストレージエンジンは MongoDB Enterprise Advancedでのみ利用可能です。

エンタープライズソフトウェアとの連携

MongoDB Enterprise Serverはご使用のITインフラや既存のプロセスに簡単に適応できます。 SNMPサポートにより、MongoDB Enterprise Serverと既存の管理モニタリングツールを接続できます。

商用ライセンス

MongoDB Enterprise Advancedには、商用ディストリビュータ(OEM)といったポリシーを 必要とする組織が求める開発要件やディストリビューション要件を満たす商用ライセンスが含まれます。 また、保証と免責も提供されます。

プラットフォーム認証

MongoDB Enterprise Serverは一般的なオペレーティングシステムで安定性とパフォーマンスをテストされ認定されています。 Windows、Red Hat/CentOS、Ubuntu、Amazon Linux、z SystemsのLinux、LinuxONE、 Power SystemsのLinuxユーザは安心してMongoDB Enterprise Serverをご利用いただけます。

オンデマンドトレーニング

お好きな時にお好きな場所からオンライントレーニングが受講できます。 開発者やopsチームメンバーは、 いつどこからでもオンデマンドでMongoDBのスキルアップを目指すことができます。 オンサイトトレーニング の受講も可能です。

次のステップ

詳細についてはMongoDB Enterprise Advanced データシートをダウンロードしてください。価格についてはこちらまでお問い合わせください。MongoDB Enterprise Serverの評価版をダウンロードすることができます。