fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > イベントレポート「戦略討論会 ~今求められる「技術と経営の融合」とは? 実践すべきデジタル戦略とアプローチを激論!~」

イベントレポート「戦略討論会 ~今求められる「技術と経営の融合」とは? 実践すべきデジタル戦略とアプローチを激論!~」

 ★ 7

2019年8月7日に「戦略討論会~今求められる「技術と経営の融合」とは? 実践すべきデジタル戦略とアプローチを激論!~」というイベントを開催いたしました。

https://www.creationline.com/event190807

今回のイベントは、2019年6月20日に弊社との協業を発表したアーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社様との共同イベント第一弾として開催。
協業のプレスリリースはこちら

弊社の協業先でもあるデンソーの技術開発センターデジタルイノベーション室長 成迫さん(成迫さんは弊社は社外取締役でもあります)と、アーサー・ディ・リトル・ジャパンの原田様にご登壇いただき、デジタルトランスフォーメーションというテーマでイベントを開催いたしました。

タイトル通り白熱した激論となり、とても良いイベントとなりました!
資料や詳しい内容はここでは公開できないのですが、写真を中心にイベントの模様をレポートいたします!

会場としてお借りしたSHIBAURAHOUSEさんでは、2019年3月26日にも「Forbes JAPAN編集部員が聴く! デジタルトランスフォーメーション成功の秘訣 ~デンソーの取り組みを深堀り~」というDXをテーマにしたイベントを開催させて頂きました。
イベントレポートはこちら

http://www.shibaurahouse.jp/ )。とてもおしゃれで素敵な雰囲気のイベントスペースです。

最初のセッションは、デンソー成迫さん。
20分という短い時間ではもったいない、非常に具体的で濃い内容。DXやデジタル思考を実践していこうとしている方々にとっては、非常に参考になる内容だったと思います。

次のセッションは、弊社CEOの安田忠弘。
弊社の取り組みを紹介しつつ、DXにおける技術の導入についての考察を中心にお話しました。また技術導入には文化醸造も不可欠であるという話には、会場のみなさんからも多くのリアクションをいただきました。

そして最後のセッションは、アーサー・ディ・リトル・ジャパンの原田裕介様。
組織変革やパラダイム・シフトについて、色々な業界の事例を用いながら、俯瞰からわかりやすくお話いただきました。
グローバルにビジネスを展開されているADLさんならではの内容に、参加者のみなさまも多くの発見があったようで前のめりに聴講する姿が印象的でした。

第2部は、アーサー・ディ・リトル・ジャパンの赤山 真一様にモデレーターとしてご参加いただき、ラウンドテーブル。
Mentimeterというツールを使い、会場のみなさんから質問から頂きながらインタラクティブに議論しました。

議論は白熱し、終了ギリギリまでみなさんと議論を展開。

ラウンドテーブル終了後の懇親会では、登壇者・参加者のみなさん交え、積極的に交流を図られていました。
そしてイベント終了時、みなさんにmentimeterで「今日の満足度を教えて下さい」と質問したところ…
平均点8.9点という高得点をいただきました!ありがとうございます!

前回に引き続き、注目のキーワードであるデジタルトランスフォーメーションをテーマにし、ADLさんと共同でイベントを開催いたしました。
今回はADLと弊社、「経営と技術」というサブテーマをベースにしながらのイベントとなり、ご参加頂いたみなさまにとっても充実したコンテンツにできたのではないでしょうか。

最初に書いたとおり、多くの参加者の方々から「面白かった」「また是非第二弾をやってほしい」などなど、嬉しい言葉をいただきました。
また第三回、四回とイベントを実施していきたいと思います。

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post