CPT All handsをレポートします

はじめに

クリエーションライン財務経理チームの岡です。

こちらはクリエーションラインアドベントカレンダー22日目の記事です。

今日は今月19日に行われた社内イベント CPT All handsについてレポートしたいと思います。

What is CPT and CPT All hands?

CPT All handsの前にCPTとは何ぞや?というところから説明すると、CPTはコーポレートチームの略語で、いわゆる会社の本社機能を有するチームのことで、人事総務、財務経理、情報システムの3チームで構成されています。

当社は全メンバーがフルリモート勤務ですが、CPT All handsは、CPTメンバーが3か月に一度リアルに集まって行うイベントになります。

CPT All hands イベントレポート

イベントの内容は、その時のイベントによって異なるのですが、

今回のテーマは「CL指名型開発の理解」を深めるためのクイズを行いました!

CL指名型開発については、アドベンドカレンダー2日目の記事に詳しく書いてますので、ここでは詳細は割愛しますが、開発という名の通り、なぜエンジニアでもないCPTメンバーが関わる必要があるのか?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

個人的な意見ですが、コーポレート業務そのものは、どの会社においても、一定のルール等に基づいて業務を行うので、業務自体は行うことは可能です。しかしながら、会社のビジネスを正しく理解していないと、コーポレート業務の成果物も正しく作成することができません。

そのため、CPTメンバーであっても、会社のビジネスを正しく理解する上で、最低限必要な知識を学んでいただくことを目的として、今回はこのテーマで実施しました。

とは言え、なるべく、参加メンバーが楽しく学べるようにと、チーム対抗戦にしました。

↑チーム名が決定されました。

↑皆さん真剣に考えてます。

↑クイズの正解発表後の解説です。解説者の小笠原さんはエンジニア経験もあり、非エンジニアのメンバーにも分かりやすい解説をしていただきました~

↑クイズの後は景品抽選会を行いました!ちなみに私はスタバカードをいただきました~

茶封筒の中身は何だろう?

↑最後はメンバー全員で記念撮影しました。

上のメンバーはクリエーションライン(CL)のポーズですが、下のメンバーは何のポーズでしょうか(笑)。。。今回も学びある充実した会でした~

終わりに

普段はリモートで業務を行っているメンバーですが、3か月に一度リアルに集まることで、チームビルディングの強化という観点では、会を重ねるごとに強くなっているな~と実感してます。良い会社を作るためにも、まずは良いコーポレートチームを作ることが大事だと思いますので、これからも良い会社作り、チーム作りに取り組んでいきたいと思います!

新規CTA