fbpx

CL LAB

HOME > Blog > PowerApps で名刺管理アプリを作ってみる(3) #azure

PowerApps で名刺管理アプリを作ってみる(3) #azure

 ★ 14

前回は、Microsoft Flow を使用して、データベース処理 + Slack 通知のワークフローを作成した。これでアプリに必要なリソースは全て揃ったので、本稿では 名刺管理アプリの作成に取り掛かる。

これまでの記事
PowerApps で名刺管理アプリを作ってみる(1) PowerApps の環境とデータベースの作成
PowerApps で名刺管理アプリを作ってみる(2) ワークフローの作成

画面設計

名刺管理アプリには、名刺を一覧表示する「名刺リスト画面」と、追加、更新、削除を行う「名刺詳細画面」を用意する。
image

各ボタンクリック時の動作と画面遷移は、以下のようにする。

  • 名刺リスト画面
    • [ + ] ボタンをクリックすると、追加モードで名刺詳細画面を表示する。
    • 各名刺の [ > ] ボタンをクリックすると、編集モードで名刺詳細画面を表示する。
  • 名刺詳細画面
    • 追加,更新ボタンをクリックすると、名刺が追加、または更新される(追加モードの場合は追加、編集モードの場合は更新となる)。その後、名刺リスト画面へ戻る。
    • 削除ボタンをクリックすると、名刺が削除される。その後、名刺リスト画面へ戻る。
    • [ ← ] ボタンをクリックすると、名刺リスト画面へ戻る。

空アプリの作成

まずは PowerApps スタジオを起動し、環境が以前に作成した "My Environment" であることを確認する。その後、[新規] メニューの [空のアプリ] から、[携帯電話レイアウト] をクリックする。
image

空のアプリが作成され、開発画面が表示される。
image

名刺リスト画面の作成

アプリ作成直後は Screen1 が表示されている状態になるので、このまま [レイアウト] から [項目、ヘッダー、説明を参照] をクリックする。
image

これで、Screen1 がリスト表示用のレイアウトになる。
image

データソースに接続

リストに名刺データを表示させるため、名刺エンティティに接続する必要がある。引き続き、Screen1 のオプションから、[データソース] の [データソースの追加] をクリックし、[Common Data Service] をクリックする。
image

エンティティの一覧が表示されるので、[名刺] を選択し、[接続] をクリックする。
image

これで、Screen1 から名刺エンティティを参照できるようになる。
※実際には、アプリ内のすべての画面から参照できるようになる。
image

ワークフローの追加

Microsoft Flow で作成したワークフローをアプリに追加して、使用できるようにする。[アクション] タブの [Flows] をクリックすると、ワークフローの追加画面が表示される。ワークフローについては、前回の記事 を参照されたい。
image

image アイコンをすべてクリックする。
image

Screen1 の OnVisible イベントに、ワークフローを実行するための関数が自動で追加されるが、ここでは不要なので削除する。
image

これで、アプリにワークフローが追加された。データソースの一覧を見ると、追加されていることが確認できる。
image

名刺リストを表示

続いて、BrowseGallery1 を選択する(Screen1 下部の白い空白をクリックすれば、選択状態になる)。
image

詳細設定の [Items] を以下の値にする。

BrowseGallery1.Items

SortByColumns(Search(名刺, TextSearchBox1.Text, "CompanyName", "Name", "Tel", "email"), "CompanyName", If(SortDescending1, SortOrder.Descending, SortOrder.Ascending))

  • Search 関数は、名刺エンティティから、TextSearchBox1.Text で指定した検索条件を反映したデータテーブルを返す。CompanyName, Name, Tel, email は検索の対象となる列である。
  • SortByColumns 関数は、データテーブルを CompanyName 列でソートする。
  • If 関数は、第 1 引数が true か false かを判定し、true ならば第 2 引数を、false ならば第 3 引数を実行する。SortDescending1 という変数が true の場合は、ソートオーダーを Descending (降順) にし、false の場合は Ascending (昇順) にする。

次に、BrowseGallery1 のオプションを開き、コンテンツを以下のようにする。
image

これで、名刺リストが表示されるようになった。各データの上が名前で、下が会社名となる。
image

名刺詳細画面の作成

続いて、名刺詳細画面を作成する。メニューバーから [新しい画面] をクリックすると、Screen2 が作成される。
image

レイアウトから、[無限スクロールのキャンバス] をクリックする。
image

詳細表示と編集用フォームの追加

[挿入] タブの [フォーム] - [編集] をクリックし、Screen2 に編集フォームを追加する。
image

追加された Form1 を、青い帯の [タイトル] の真下に移動し、サイズを適当に調整する。
image

Form1 のオプションから、フォームのカスタマイズの image をクリックして、データソースとして名刺エンティティを選択する。

名刺エンティティのフィールドが表示されるので、[CampanyName], [Name], [Tel], [email], [URL] の各 image を、順にクリックする。Form1 に入力フィールドが追加される。
image

操作用アイコン(ボタン)の追加

この画面では、追加,更新、削除、前のページへ戻る用の 3 つのアイコンを追加する。
まずは、戻る用アイコンを追加してみる。[挿入] タブの [アイコン] - [左矢印] をクリックする。
image

icon1 が追加されるので、詳細設定から以下のようにプロパティの値を変更する。

icon1.property

Color: RGBA(255,255,255,1)
Width: 48, Height: 48
X: 12, Y: 20

同様に、追加,更新用の編集アイコン (icon2) と、削除用ごみ箱アイコン (icon3) を追加し、以下のプロパティ値とする。

icon2.property

Color: RGBA(255,255,255,1)
Width: 48, Height: 48
X: 580, Y: 20

icon3.property

Color: RGBA(255,255,255,1)
Width: 48, Height: 48
X: 516, Y: 20

アイコンの配置後は、以下のようになる。
image

プロパティとアクションの設定

これで 2 つの画面が作成できたので、続いて各画面のコントロールのプロパティの設定と、アイコンにアクションを設定し、アプリに "動き" を付けていく。

名刺リスト画面のプロパティとアクション

アイコン (IconNewItem1)

image をクリックすると、名刺詳細画面に "追加モード" で遷移するようにする。image アイコンを選択し、アクションの OnSelect イベントを以下のよう設定にする。

IconNewItem1.OnSelect

NewForm(Form1); Navigate(Screen2, ScreenTransition.Fade)

  • NewForm 関数は、指定したフォーム(ここでは名刺詳細画面の Form1)を "追加モード" にする。
  • Navigate 関数は、第 1 引数で指定した画面(ここでは Screen2)に遷移する。第 2 引数の ScreenTransition は画面遷移するときの視覚効果である。Navigate 関数の説明と合わせて、こちら を参照されたい。
  • アクション内で複数の関数を順番に実行したい場合は、関数と関数の間を ; で区切る。

アイコン (IconRefresh1)

image をクリックすると、名刺リストを最新の情報に更新するようにする。image アイコンを選択し、アクションの OnSelect イベントを以下のように設定する。

IconRefresh1.OnSelect

Refresh(名刺)

  • Refresh 関数は、データソースを最新の情報に更新する。アプリのデータソースは、接続されているデータベース(ここでは Common Data Service の 名刺テーブル)とリアルタイムで同期を取っているわけではないので、何かのタイミングで同期を取る必要がある。

アイコン (NextArrow1)

image をクリックすると、名刺詳細画面に "編集モード" で遷移するようにする。image アイコンを選択し、アクションの OnSelect イベントを以下のように設定する。

NextArrow1.OnSelect

EditForm(Form1); Navigate(Screen2, ScreenTransition.Fade)

  • EditForm 関数は、指定したフォーム(ここでは名刺詳細画面の Form1)を "編集モード" にする。

画面のタイトル (LblAppName1)

LblAppName1 の Text プロパティの値を以下のように設定する。
image

image

名刺リスト画面 (Screen1) の OnVisible イベント

OnVisible イベントは、この画面が表示されたときに実行されるイベントである。名刺リスト画面が表示されたときに、最新の名刺リストを表示させたいので、IconRefresh1 の OnSelect イベントと同じようにここでも Refresh 関数を実行する。
image

名刺詳細画面のプロパティとアクション

アイコン (Icon1)

image をクリックすると、名刺リスト画面に戻るようにする。image アイコンを選択し、アクションの OnSelect イベントを以下のように設定する。

Icon1.OnSelect

Back(ScreenTransition.Fade)

  • Back 関数は、遷移元の画面に戻る。

アイコン (Icon2)

image をクリックすると、追加モードの場合は新しい名刺の追加、更新モードの場合は編集中の名刺が更新されるようにする。image アイコンを選択し、アクションの OnSelect イベントを以下のように設定する。

Icon2.OnSelect

If(Form1.Mode=FormMode.New,
'BusinessCard-Insert'.Run(DataCardValue1.Text, DataCardValue2.Text,
DataCardValue3.Text, DataCardValue4.Text, DataCardValue5.Text));
If(Form1.Mode=FormMode.Edit,
'BusinessCard-Update'.Run(BrowseGallery1.Selected.PrimaryId, DataCardValue1.Text,
DataCardValue2.Text, DataCardValue3.Text, DataCardValue4.Text, DataCardValue5.Text));
Back(ScreenTransition.Fade)

  • このアクションは、本アプリで一番難しい処理になるが、追加モード (FormMode.New) と更新モード (FormMode.Edit) で処理を分け、それぞれで 追加用 (BusinessCard-Insert) と更新用 (BusinessCard-Update) のワークフローを呼び出している。ワークフローは、'ワークフロー名'.Run で実行できる。
  • DataCardValue1.Text から DataCardValue5.Text は順に、会社名, 名前, 電話番号, メールアドレス, URL であり、それぞれ ユーザーがテキストボックスに入力した値である。
  • 'BusinessCard-Update'.Run 関数の引数に指定されている BrowseGallery1 とは、名刺リスト画面のリストコントロールであり、Selected は、リストから現在選択されているアイテム(名刺テーブルのレコード)を表す。つまり BrowseGallery1.Selected.PrimaryId とは、「編集中の名刺の PrimaryId の値」ということになる。
  • ワークフローの処理が終わったら、Back 関数で名刺リスト画面に戻るようにする。

アイコン (Icon3)

image をクリックすると、編集中の名刺が削除されるようにする。image アイコンを選択し、アクションの OnSelect イベントを以下のように設定する。

Icon3.OnSelect

'BusinessCard-Delete'.Run(BrowseGallery1.Selected.PrimaryId);
Back(ScreenTransition.Fade)

  • 'BusinessCard-Delete' は、同じく前回の記事で作成した名刺削除用のワークフローである。
  • ワークフローの処理が終わったら、Back 関数で名刺リスト画面に戻るようにする。

また、削除アイコンは 追加モードの場合は表示させたくない。そこで、Visible プロパティを以下のように設定する。

Icon3.Visible

If(Form1.Mode=FormMode.New, false, true)

  • Visible プロパティが false の場合は、削除アイコンが表示されなくなるので、If 関数を使用して、追加モードのときだけ false、それ以外は true となるようにする。

画面のタイトル (LblAppName2)

名刺詳細画面のタイトルは、追加モードと編集モード表示を分ける必要がある。そこで、LblAppName2 の Text プロパティを以下のように設定する。

LblAppName2.Text

If(Form1.Mode=FormMode.New, "追加", Concatenate("更新 (", BrowseGallery1.Selected.PrimaryId, ")"))

  • If 関数を使用して、追加モードのときは "追加" と表示されるようにし、編集モードのときは "更新 (編集対象名刺の PrimaryId)" と表示されるようにする。
  • Concatenate 関数は、複数の文字列を結合して、ひとつの文字列とする。

編集フォーム (Form1) の Item プロパティ

編集フォームには、名刺リスト画面で選択した名刺のデータが表示されるようにしたいので、BrowseGallery1.Selected と指定する。
image

この Item プロパティの値は、追加モードのときは無視される。よって、If 関数でモード別の処理を書く必要はない。

設定値まとめ

これまで説明したプロパティ、アクションの設定値を、画面とコントロールごとにまとめておく。

画面 コントロール プロパティ(アクション) 設定値
名刺リスト BrowseGallery1 Items SortByColumns(Search(名刺, TextSearchBox1.Text, "CompanyName", "Name", "Tel", "email"), "CompanyName", If(SortDescending1, SortOrder.Descending, SortOrder.Ascending))
IconNewItem1 OnSelect NewForm(Form1); Navigate(Screen2, ScreenTransition.Fade)
IconRefresh1 OnSelect Refresh(名刺)
NextArrow1 OnSelect EditForm(Form1); Navigate(Screen2, ScreenTransition.Fade)
LblAppName1 Text "名刺リスト"
Screen1 OnVisible Refresh(名刺)
名刺詳細 Icon1 Color RGBA(255,255,255,1)
Witdh 48
Height 48
X 12
Y 20
OnSelect Back(ScreenTransition.Fade)
Icon2 Color RGBA(255,255,255,1)
Witdh 48
Height 48
X 580
Y 20
OnSelect If(Form1.Mode=FormMode.New,
'BusinessCard-Insert'.Run(DataCardValue1.Text, DataCardValue2.Text,
DataCardValue3.Text, DataCardValue4.Text, DataCardValue5.Text));
If(Form1.Mode=FormMode.Edit,
'BusinessCard-Update'.Run(BrowseGallery1.Selected.PrimaryId, DataCardValue1.Text,
DataCardValue2.Text, DataCardValue3.Text, DataCardValue4.Text, DataCardValue5.Text));
Back(ScreenTransition.Fade)
Icon3 Color RGBA(255,255,255,1)
Witdh 48
Height 48
X 516
Y 20
OnSelect 'BusinessCard-Delete'.Run(BrowseGallery1.Selected.PrimaryId);
Back(ScreenTransition.Fade)
Visible If(Form1.Mode=FormMode.New, false, true)
LblAppName2 Text If(Form1.Mode=FormMode.New, "追加", Concatenate("更新 (", BrowseGallery1.Selected.PrimaryId, ")"))
Form1 Item BrowseGallery1.Selected

動作確認

以上で、アプリの作成は完了であるが、アプリが正常に動作するか確認してみよう。PowerApps スタジオのウィンドウ上で動作確認するには、PowerApps スタジオの画面右上にある image をクリックすることでアプリが起動する。
動作確認はどの画面からでもスタートできるので、名刺リスト画面 (Screen1) が表示されている状態で image をクリックする。
image

動作確認のアプリが起動する。
image

追加 → 更新 → 削除 の流れを試してみよう。まずは image アイコンをクリックして、追加モードで名刺詳細画面に遷移する。各フィールドに適当な値を入力して image アイコンをクリックする。
image

名刺リスト画面に戻り、追加した名刺が表示されていることが確認できる。
※名刺リスト画面に戻ってもリストが更新されない場合は、image アイコンをクリックする。
image

Slack に、名刺を追加したことが通知されていることを確認する。
image

続いて、作成した名刺の image アイコンをクリックして、編集モードで名刺詳細画面を表示する。各フィールドには、この名刺のデータが表示されているので、適当に値を変更して image アイコンをクリックする。
image

名刺リスト画面に戻り、更新した名刺が表示されていることを確認する。
image

Slack に、名刺が更新されたことが通知されていることを確認する。
image

検索テキストボックスに、更新した名刺のメールアドレスを指定する。名刺が条件により絞られることを確認する。
image

最後に、この名刺の image アイコンをクリックして、編集モードで名刺詳細画面を表示し、image アイコンをクリックする。
image

名刺リスト画面に戻り、この名刺が表示されなくなる(削除されている)ことを確認する。
image

Slack に、名刺が削除されたことが通知されていることを確認する。
image

動作確認が終了したら、image をクリックして、アプリを閉じる。

アプリの保存

アプリを保存するには、[ファイル] をクリックし、[アプリ名] に適当な名前を付けて、[保存] をクリックする。ここではアプリ名を "BusinessCardList" とする。
image

アプリの共有と実行

作成したアプリを組織内で共有する場合は、PowerApps スタジオの [ファイル] タブをクリックし、メニューから [共有] をクリックする。
image

Web ブラウザで PowerApps ポータルが表示されるので、組織内のユーザーを指定する。組織全体に共有したい場合は、[組織と共有] をクリックする。
image

アプリを実行するには、再生ボタンをクリックする。
image

Web ブラウザ上で、アプリを動かすことができる。
image

また、PowerApps スタジオの [開く] メニューからも、アプリを実行できる。
image

PowerApps スタジオでアプリが動作する。
image

スマホで PowerApps アプリを実行する場合は、スマホ用の PowerApps をダウンロードする。

  • iPhone: https://itunes.apple.com/jp/app/powerapps/id1047318566?mt=8
  • Android 端末: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.msapps&hl=ja

以下は iPhone で実行したときの画面である。このアプリは携帯電話レイアウトで作成しているので、ちょうど綺麗にディスプレイに収まるようになっている。
image

まとめ

PowerApps で名刺管理アプリを作成して思ったことは、とてもスピーディーに作成できることだ。もちろん、PowerApps のルールについてある程度勉強する必要はあるが、スクラッチ開発でプログラムを組みよりは、早くアプリを展開できるのではないかと感じた。
また、Microsoft Flow や様々なデータソースと簡単に接続できる点も魅力的である。既存のサービスと連携するアプリを開発することは容易ではないが、PowerApps ならば、あらかじめ用意されたデータソースの接続を利用するだけである。
作成したアプリをチーム内で共有することも、とても簡単でうれしいポイントである。アプリはもともとクラウド上に作成されるので、利用者への配布などは考える必要なく、アプリの実行も PowerApps を通して行うので、アプリをストアへ登録する必要もない。
ビジネスアプリの開発が必要になった場合は、PowerApps を検討するのも良い選択だろう。

参考文献

Customize a layout in PowerApps
https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/tutorials/customize-layout-sharepoint/

EditForm, NewForm, SubmitForm, and ResetForm functions in PowerApps
https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/tutorials/function-form/

Formula reference for PowerApps
https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/tutorials/formula-reference/

Start a flow in an app
https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/tutorials/using-logic-flows/

Share an app
https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/tutorials/share-app/

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

[無料ウェビナー] GitLab_CI/CDハンズオン_2023111