CL LAB

HOME > Blog > 【和訳】Chef Automate 2 – 継続的自動化のための近代的なプラットフォーム

【和訳】Chef Automate 2 – 継続的自動化のための近代的なプラットフォーム

 ★ 1

本稿は Chef Automate 2 – A Modern Platform for Continuous Automation 2018/5/23 の和訳です。

この度、Chef Automate 2の一般公開を発表できることを大変嬉しく思います。Chef Automate 2は、今までの継続的自動化プラットフォームを大きくアップグレードしたものです。Chef Automate 2は、パフォーマンスとスケールと応答性を向上させるための9か月間に渡るアーキテクチャ見直しの集大成となるものです。一新されたUIにより、すべてのインフラストラクチャとコンプライアンスのイベントが1つのインターフェースで見れるようになった上、何より、障害を単離させて対処できるようになりました。InSpec 2の新しい機能をもとに、Chef Automateのコンプライアンス機能を強化させ、クラウドとネットワークのデバイスをスキャンする機能を導入しました。また、カスタムプロファイルの管理もしやすくしました。最後に、Chef Automate 2における真のプラットフォームAPIによって、適度な粒度のデータアクセス制御が可能となりました。さらに、先日シカゴで行われたChefConf2018に集まった、ServiceNow、Splunk、Google Cloud Platform、HP Enterpriseなどの多くのパートナー製品との統合を新たに実現しました。
Chef Automate 2を60日間体験できます!

運用上の可視性とデバッギングの強化

Chef Automate 2は、ユーザが問題をいち早く検出し解決するために必要な洞察を得る助けとなる、新しいツールと可視化を提供します。イベントをライブストリーミングするフィードがすべての処理を表示するため、簡単に障害を特定できます。照会機能の改良によって、より簡単に、より深くインフラストラクチャとコンプライアンスイベントの中に潜り込み、問題の根源に辿り着くことができます。

どんな環境でもコンプライアンスのスキャンとレポートができる

去年のChefConf以来、幅広い環境、コンプライアンスベンチマーク、またはユースケース図において障害を検知し報告する重要なコンプライアンスの機能をChef Automateに追加しました。その傾向に沿って、Chef Automate 2もInSpecの最新の技術技術革新を取り入れ、クラウドやネットワークのデバイスへも手を広げています。Chef Automate 2は、AWS、Azure、Google Cloud Platformなどの環境上で、更にはCisco IOSネットワークデバイスに対しての、コンプライアンスのスキャンとレポートをサポートしています。そのため、組織や団体が1つのプラットフォームを利用して全体のテストや保守ができるようになります。

スピードと柔軟性重視のリアーキテクチャ

私たちの顧客は毎日、厳しく大規模でミッションクリティカルな環境上でChef Automateを利用しています。過去一年間、私たちのエンジニアチームは顧客と密にコミュニケーションをとり、Chef Automateが彼らの要求に応えていることを確認して参りました。また、幾万ものノードを含む大規模環境の自動化など、新たな挑戦に立ち向かう準備体制が整っていることを確認して参りました。Chef Automate 2は、APIによって駆動しているマイクロサービスアーキテクチャの上に構築した近代的なUIを搭載しています。このUIは、劇的に速くなったパフォーマンス、スケール、そして顧客とパートナーの統合ポイントを提供します。

追加情報

https://automate.chef.io でChef Automateを60日間体験することができます。既にChef Automate をご利用されている方は、Chef Automate 1.x から自動データ移行を実行し、アップグレードすることができます。https://automate.chef.io/docs/upgrade で詳細をご覧ください。

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post