fbpx

CL LAB

HOME > Tadahiro Yasuda > Blog > リモートワークを2ヶ月実施して作業効率にどんな変化があったのか #creationline #リモートワーク #テレワーク #在宅勤務

リモートワークを2ヶ月実施して作業効率にどんな変化があったのか #creationline #リモートワーク #テレワーク #在宅勤務

 ★ 108

弊社では、2020年2月18日から在宅勤務の推奨を開始し、2020年3月27日からは全社員・パートナー様(従業員)を対象に全社原則在宅勤務(フルリモートワーク)へ移行しました。

すでに約2ヶ月間リモートワークとなっており、その間も各プロジェクトは止まることなく進められています。
メンバーのみなさんの高いモチベーションとそれを維持するための創意工夫と、お取引先各社様のご協力のおかげです。素晴らしい&ありがとうございます!
先週公開された弊社内のメンバーによるこの「RemoバーチャルオフィスをZoomの代わりに試用してみた」という記事も多くの方に読んでいただいたようです。

社内のメンバーの状況を知るために、メンバーのみなさんにアンケートに協力してもらいました。その結果を共有します。
ちなみにそれぞれの回答は、なにか数値的なものを根拠にした訳ではなく、あくまで個人の感覚として、という前提で回答してもらいました。

まずは問1「リモートワークで自分自身の作業効率は上がりましたか?下がりましたか?」ということで、個人としての作業効率はどうなったのかを聴いてみました。
結果としては、50%以上のメンバーがリモートワークによって変化は無し。逆に作業効率が上がっていると答えた人が35%以上いるという結果でした。

問2では、作業効率の変化がどれぐらいなのかを聴いてみました。
「自分自身の作業効率の変化はどれぐらいですか?5を変化なしとして、10はパフォーマンスが上がった、1は最も下がったとしてお答えください。」
問1の結果と連動していますので、当然「5と回答した人=変化無し」が最も多い答えになっていますが、「10と回答した人=作業効率がとても上がった」と回答した方もいました。

問3では、チームとしてのパフォーマンスについて聴いてみました。
「リモートワークでチームのパフォーマンス(成果)は上がりましたか?下がりましたか?」
結果はこちらです。

こちらも問1と同様に、半数以上の方は「変化無し」との回答でした。次に多い回答は、こちらも問1と同様に「パフォーマンスは上がった」というものでしたが、「個人として作業効率が上がった」と回答があった35%もよりも少なく、28%に留まりました。これはおそらく、チームとして共同作業をするうえで全員がリモートということで、なにかしらコミュニケーションの問題があったのではないかと想像できます。弊社では常時接続用のZoomを用意したりコミュニケーションが円滑に取れるように色々な取り組みをすでに行っているのですが、それでもまだまだカイゼンの余地があるということがわかりました。

問4では、問3のチームとしてのパフォーマンスが、どれぐらいの変化なのかを聴いてみました。

最後に「リモートワークをやってみて、こんなことをやってみたら良いかも、などアイデアがあれば教えて下さい。」という質問をしました。
以下、一部の回答です。

 個人の効率とチーム内のコミュニケーションは半分AKB、半分リモートよりも全員リモートの方が平等になっていて良さそうな気がしています。
 仕事がらみの雑談の機会(特にチーム跨ぎ)をもっと設けられたらいいなーと感じます。
 常時接続部屋の活用で、オンサイトでは普段話す機会のない人と雑談する機会が増えた。なので、常時接続を活発にしていきたい。強制...云々はマイナスな効果を生みそうですのでやり方を工夫する必要があると思います。
 コーチ業のリモートノウハウを共有したい
 4月からの参画で最初からリモートであったため、リモート前との比較が困難。個人的には知り得た状態からリモートを行うのは、効率があがると思うが、最初からリモートは、顔と名前が一致するのに時間を要してしまうためコミュニケーションの場を多く設ける必要があると感じた。
 個人としては作業に集中できる時間、時間外にフレキシブルに対応できる事が増え、効率が上がりましたが、チームや、その他の人と連携を取るにはずっとリモートだと対応が取りずらい場面、気を使ってしまう場面が度々あります。
 オンラインのランチ会
 打ち合わせ以外は「個人の仕事」になりがちなので、remoのようにチームの他のメンバーを俯瞰できるツールを使ってチームの一員としての感覚も持てることが重要かなと思います。
 時間の配分が下手になった気がします。会議室を借りたりしてないので制約が減り、打ち合わせが長引く事が多くなってしまいました。リモート中(ZOOM、Skype、slackなど)でも使える(全員に通知ができる)タイマーとかあればいいなと思ってます。
 相手を変えて、リモートランチ会(ランチ雑談)をたくさんやってみたい
 全員でバーチャルオフィス出社!そしてオフィスを解約
 コロナ収まっても、リモートもっとやっていきたい!
 社内でリモート勉強会
 既にキックオフでやっていたが、リモートでお酒を飲む機会があると盛り上がると思う。
 チーム毎とか雑談回数が増えてほしいです。
 会議室の調整という壁がなくなったために、打ち合わせが増えた気がします。(良い意味でも、悪い意味でも。。。)
 ホワイトボードアプリを連携出来ると段々よくなりそうな気がします。
 元々チームにリモートワーク勤務の人がいるとあんまり違和感なくオールリモートに移行できました。
 元からリモワークなので自分自身はあまり変化ありません。周りの人が全リモートになって、誰が喋っているのか明確になったりしたことが、自分自身のメリットになりました。

弊社では、元々全社リモートを実施していたり、週一回の朝会で全社員で雑談をする機会を多く取り入れていたので、個人間でのコミュニケーションについてはおおむね順調なようではありますが、上記のアイデアも積極的に取り入れつつ、リモートワークのカイゼンに取り組んでいきます!

Author

YasudaTadahiro

代表取締役社長です。会社のみんなが快適に楽しく過ごせるにはどうしたら良いのかをいつも考えています。最近4歳の息子は仮面ライダーにはまっています。なぜか昔のストロンガーがお気に入りのようですw

YasudaTadahiroの記事一覧

YasudaTadahiroへお問い合わせ

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post