fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Cloud Foundryを使ってみよう[1]

Cloud Foundryを使ってみよう[1]

 ★ 4

Cloud Foundryとは

Cloud Foundryは米VMware社が提供するオープンソースのPaaSプラットフォームです。ソースコードを取得することでプライベートなPaaSを構築できるほか、VMware社が運営するCloud Foundryホスティングサービスに接続することができます。

Webアプリケーションフレームワークとして、Javaの「Spring」、Rubyの「Ruby on Rails3」、いわゆるサーバサイドJavaScriptと呼ばれている「Node.js」などを提供します。また、アプリケーションサービスとして、「MySQL」「PostgreSQL」といったRDBMSだけではなく、ドキュメント指向DB「MongoDB」、キーバリューストア型DB「Redis」といったNoSQL、メッセージングサービス「RabbitMQ」などを提供します。

Cloud Foundryのアカウント登録

Cloud Foundryを利用するには、アカウント登録が必要です。https://my.cloudfoundry.com/signup より、メールアドレスを入力してサインアップします。

すぐに登録を受け付けたメールが届きますが、この時点ではまだアカウントは有効となっていません。この後にパスワードが記載されたメールが届きますが、数時間から、数日かかることもあるようです。

VMC のインストール

Cloud Foundryを操作するためのツールとして、Rubyで書かれたコマンドラインインターフェイスプログラムVMCが提供されています。これを通して、Cloud Foundry上のアプリケーションの設定やデプロイなど、すべての操作が可能になっています。

Installing the Command-Line Interface (vmc) を参考に、VMCをインストールします。

本稿では、Debian GNU/Linux 6.0.3 (2012/01時点の安定版)をクライアントとして用います。各種手順は、お使いのクライアントや環境に応じて適宜読み替えてください。

まず、Ruby 1.9をaptitudeでインストールします。

root@debian:~# aptitude install ruby1.9.1
        :
Setting up libffi5 (3.0.9-3) ...
Setting up libreadline5 (5.2-7) ...
Setting up libyaml-0-2 (0.1.3-1) ...
Setting up libruby1.9.1 (1.9.2.0-2) ...
Setting up ruby1.9.1 (1.9.2.0-2) ...

root@debian:~#
cf@debian:~$ ruby1.9.1 -v
ruby 1.9.2p0 (2010-08-18 revision 29036) [x86_64-linux]
cf@debian:~$

cf@debian:~$ gem1.9.1 -v
1.3.7
cf@debian:~$

次に、VMCをRubyGemsからインストールします。Cloud Foundryはオープンソースで提供されており、VMCも自由に取得することができます。

root@debian:~# gem1.9.1 install vmc
        :
Successfully installed spruz-0.2.13
Successfully installed json_pure-1.5.4
Successfully installed rubyzip2-2.0.2
Successfully installed mime-types-1.17.2
Successfully installed rest-client-1.6.7
Successfully installed terminal-table-1.4.4
Successfully installed interact-0.3
Successfully installed addressable-2.2.6
Successfully installed vmc-0.3.15
9 gems installed
        :
root@debian:~#

利用しやすいようにエイリアスの設定を行います。

cf@debian:~$ alias vmc=/var/lib/gems/1.9.1/bin/vmc
cf@debian:~$

cf@debian:~$ echo 'alias vmc=/var/lib/gems/1.9.1/bin/vmc' >> ~/.bash_aliases
cf@debian:~$
cf@debian:~$ vmc version
vmc 0.3.15

cf@debian:~$

これでVMCのインストールが完了しました。

VMCでCloud Foundryにログインする

パスワードを記載したメールが届き、Cloud Foundryのアカウントが有効になったら、VMCでログインします。

まず、vmc targetコマンドで、操作対象のCloud Foundry環境を決定します。

cf@debian:~$ vmc target api.cloudfoundry.com
Successfully targeted to [http://api.cloudfoundry.com]

cf@debian:~$

vmc targetコマンドを引数なしで実行することで、現在の操作対象のCloud Foundry環境を確認できます。

cf@debian:~$ vmc target

[http://api.cloudfoundry.com]

cf@debian:~$

vmc loginコマンドで、Cloud Foundry環境にログインします。EmailとPasswordはあなたのアカウントとパスワードを入力します。

cf@debian:~$ vmc login
Attempting login to [http://api.cloudfoundry.com]
Email: あなたのアカウント
Password: あなたのパスワード
Successfully logged into [http://api.cloudfoundry.com]

cf@debian:~$

vmc infoコマンドで、Cloud Foundry環境の情報を取得できます。利用可能なメモリ、サービス数、アプリケーション数が確認できます。

cf@debian:~$ vmc info

VMware's Cloud Application Platform
For support visit http://support.cloudfoundry.com

Target:   http://api.cloudfoundry.com (v0.999)
Client:   v0.3.15

User:     あなたのアカウント
Usage:    Memory   (0B of 2.0G total)
          Services (0 of 16 total)
          Apps     (0 of 20 total)

cf@debian:~$

vmc passwdコマンドで、パスワードの変更が行えます。

cf@debian:~$ vmc passwd
Changing password for 'あなたのアカウント'
New Password: 新しいパスワード
Verify Password: 新しいパスワード

Successfully changed password

cf@debian:~$

vmc helpコマンドで、VMCで扱えるコマンドの一覧が確認できます。

cf@debian:~$ vmc help

Usage: vmc [options] command [] [command_options]
Try 'vmc help [command]' or 'vmc help options' for more information.

Currently available vmc commands are:

  Getting Started
    target [url]                                 Reports current target or sets a new target
    login  [email] [--email, --passwd]           Login
    info                                         System and account information

  Applications
    apps                                         List deployed applications

  Application Creation
    push [appname]                               Create, push, map, and start a new application
    push [appname] --path                        Push application from specified path
    push [appname] --url                         Set the url for the application
    push [appname] --instances                Set the expected number  of instances
    push [appname] --mem M                       Set the memory reservation for the application
    push [appname] --runtime RUNTIME             Set the runtime to use for the application
    push [appname] --debug [MODE]                Push application and start in a debug mode
    push [appname] --no-start                    Do not auto-start the application

  Application Operations
    start  [--debug [MODE]]             Start the application
    stop                                Stop the application
    restart  [--debug [MODE]]           Restart the application
    delete                              Delete the application
    rename                     Rename the application

  Application Updates
    update  [--path,--debug [MODE]]     Update the application bits
    mem  [memsize]                      Update the memory reservation for an application
    map                            Register the application to the url
    unmap                          Unregister the application from the url
    instances                Scale the application instances up or down

  Application Information
    crashes                             List recent application crashes
    crashlogs                           Display log information for crashed applications
    logs  [--all]                       Display log information for the application
    files  [path] [--all]               Display directory listing or file download for [path]
    stats                               Display resource usage for the application
    instances                           List application instances

  Application Environment
    env                                 List application environment variables
    env-add           Add an environment variable to an application
    env-del                   Delete an environment variable to an application

  Services
    services                                     Lists of services available and provisioned
    create-service  [--name,--bind]     Create a provisioned service
    create-service                Create a provisioned service and assign it
    create-service           Create a provisioned service and assign it , and bind to
    delete-service [servicename]                 Delete a provisioned service
    bind-service           Bind a service to an application
    unbind-service         Unbind service from the application
    clone-services            Clone service bindings from  application to
    tunnel  [--port]                Create a local tunnel to a service
    tunnel               Create a local tunnel to a service and start a local client

  Administration
    user                                         Display user account information
    passwd                                       Change the password for the current user
    logout                                       Logs current user out of the target system
    add-user [--email, --passwd]                 Register a new user (requires admin privileges)
    delete-user                            Delete a user and all apps and services (requires admin privileges)

  System
    runtimes                                     Display the supported runtimes of the target system
    frameworks                                   Display the recognized frameworks of the target system

  Misc
    aliases                                      List aliases
    alias                       Create an alias for a command
    unalias                               Remove an alias
    targets                                      List known targets and associated authorization tokens

  Help
    help [command]                               Get general help or help on a specific command
    help options                                 Get help on available options

cf@debian:~$

サンプルアプリケーションをデプロイする

VMCをインストールし、Cloud Foundry環境にログインできるようになりました。これでCloud Foundryにアプリケーションをデプロイする準備が整いました。

はじめに、サンプルとして簡単なアプリケーションをデプロイしてみます。ここではRubyのウェブアプリケーションフレームワークSinatra Web frameworkを用います。

まず、クライアント環境にSinatraのテスト環境を作成します。SinatraをRubyGemsからインストールします。

root@debian:~# gem1.9.1 install sinatra
Successfully installed rack-1.4.0
Successfully installed rack-protection-1.2.0
Successfully installed tilt-1.3.3
Successfully installed sinatra-1.3.2
4 gems installed
        :
root@debian:~#

「Hello from Cloud Foundry」と表示するだけの簡単なWebアプリケーションを作成します。

cf@debian:~$ mkdir -p sample-apps/hello
cf@debian:~$ cd sample-apps/hello/
cf@debian:~/sample-apps/hello$ cat > hello.rb
require 'sinatra'
get '/' do
  "Hello from Cloud Foundry"
end
cf@debian:~/sample-apps/hello$

クライアント環境でこのWebアプリケーションを起動します。

cf@debian:~/sample-apps/hello$ ruby1.9.1 hello.rb
[2012-01-11 21:35:43] INFO  WEBrick 1.3.1
[2012-01-11 21:35:43] INFO  ruby 1.9.2 (2010-08-18) [x86_64-linux]
== Sinatra/1.3.2 has taken the stage on 4567 for development with backup from WEBrick
[2012-01-11 21:35:43] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=1142 port=4567
        :

別シェルからtelnetコマンドで接続します。

cf@debian:~$ telnet localhost 4567
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
GET / HTTP/1.0

HTTP/1.1 200 OK
X-Frame-Options: sameorigin
X-Xss-Protection: 1; mode=block
Content-Type: text/html;charset=utf-8
Content-Length: 24
Server: WEBrick/1.3.1 (Ruby/1.9.2/2010-08-18)
Date: Wed, 11 Jan 2012 12:36:38 GMT
Connection: close

Hello from Cloud FoundryConnection closed by foreign host.
cf@debian:~$

以上のように、問題なく動作することが確認できました。

では、このWebアプリケーションをCloud Foundryにデプロイします。vmc pushコマンドを用いることで、対話的にデプロイを行えます。

まず、Webアプリケーションのあるディレクトリに移動し、vmc pushコマンドを実行します。

cf@debian:~/sample-apps/hello$ vmc push

現在のディレクトリからデプロイを行うかの確認です。
yと入力するか、そのままEnterを入力します。

Would you like to deploy from the current directory? [Yn]: y

アプリケーション名を入力します。ここではhelloとします。

Application Name: hello

デプロイURLを入力します。ここではhello-creationline.cloudfoundry.comとします。デプロイURLは唯一のものでなくてはいけません。他で設定済のデプロイURLの場合、エラーとなります。

Application Deployed URL [hello.cloudfoundry.com]: hello-creationline.cloudfoundry.com

WebアプリケーションがSinatraかどうかの確認です。正しければyと入力するか、そのままEnterを入力します。

Detected a Sinatra Application, is this correct? [Yn]: y

割り当てるメモリ量を入力します。ここではデフォルトの128Mを割り当てることとし、そのままEnterを入力します。

Memory Reservation (64M, 128M, 256M, 512M, 1G, 2G) [128M]:
Creating Application: OK

デプロイするWebアプリケーションを何かサービスと結びつけるかの確認です。サービスは何も利用していないのでnと入力します。

Would you like to bind any services to 'hello'? [yN]: n

Cloud Foundry環境にWebアプリケーションがアップロードされ、起動されます。

Uploading Application:
  Checking for available resources: OK
  Packing application: OK
  Uploading (0K): OK
Push Status: OK
Staging Application: OK
Starting Application: OK

cf@debian:~/sample-apps/hello$

vmc appsコマンドで、デプロイしたアプリケーションの状況が確認できます。動作中のアプリケーションはHealthがRUNNINGとなります。

cf@debian:~/sample-apps/hello$ vmc apps

+-------------+----+---------+-------------------------------------+----------+
| Application | #  | Health  | URLS                                | Services |
+-------------+----+---------+-------------------------------------+----------+
| hello       | 1  | RUNNING | hello-creationline.cloudfoundry.com |          |
+-------------+----+---------+-------------------------------------+----------+

cf@debian:~/sample-apps/hello$

Webブラウザで http://hello-creationline.cloudfoundry.com/ にアクセスします。以下の表示が得られれば、デプロイしたWebアプリケーションは正常に動作しています。

Hello from Cloud Foundry

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post