fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Chef > [和訳] Chef Compliance 0.9.10 リリース #getchef

[和訳] Chef Compliance 0.9.10 リリース #getchef

 ★ 0

本稿は Chef Compliance 0.9.10 Release (2016/01/18) の和訳です。

Chef Compliance 0.9.10 が Chef ダウンロードサイト からダウンロード可能になりました。これは Chef Compliance のすべてのユーザーにアップデートを推奨するマイナーリリースです。以下、0.9.6 リリースから追加された強化項目とバグ修正です。

強化項目

  • 秘密鍵がアップデートできるようになりました。
  • API と UI におけるスキャン失敗のレポート機能が追加しました。
  • レポート機能: 到達不能 Node と正常な Node の結果を分けてレポートするようになりました。
  • Node レポートで失敗状況を通知するようになりました。
  • ユーザーによる編集の際、パスワードなしで保存できるようになりました。
  • スキャンに失敗した場合の InSpec の新しい終了ステータスに適合するようにしました。
  • コア機能: 「not in sudoers file」エラーを追加しました。
  • 日付のフォーマットにタイムゾーンを含むようにしました。
  • UI 作動後に成功/失敗のメッセージを表示するようにしました。
  • フォームページの最初のテキスト入力場所にオートフォーカスするようにしました。
  • 必須フィールドとキャンセルボタンを追加しました。
  • バックエンド関連の InSpec の設定を JSON 経由で受け渡せるようになりました。
  • UI 内で Chef Compliance のバージョンを表示するようにしました。
  • 予定のジョブが過去の一回限りの日付を持っている場合は拒否し、エラーを表示するようにしました。
  • tarball/zip アーカイブ処理を改善しました。
  • Chef Compliance 内でのログの探し方に関するドキュメントを作成しました。
  • Chef Compliance アップグレードに関するドキュメントを作成しました。

修正済バグ

  • 他のユーザーのパスワードを編集した場合、そのユーザーをログアウトさせてしまう
  • ジョブスケジュールテストが 1月に実行できなくなる
  • 古い型の metadata.rb がないとプロフィールをアップロードできない
  • プロフィールのルートを探すのに inspec.yml も使用する
  • 0.9.9 へアップグレードした後、スキャンができなくなる
  • ssh/winrm パスワード認証を使用する Node の編集に、パスワードを要求する場合がある
  • sudo パスワードを使用した際、接続に失敗する
  • Node 編集にパスワードを要求しない
  • 設定ページから 404 API コールを削除
  • UI: 追加/削除の後にキーリストを更新しない
  • 名前のバックドロップアイテムがホスト名+ポートとならず、id 経由での認証 Node 名を UI に表示してしまう
  • 401 Unauthorized API レスポンスがログインページにダッシュボードリダイレクトをしない
  • UI: プロフィールのアップロードエラー時にユーザーフィードバックを表示しない
  • chef-compliance.rb 処理においてエラーを表示するように修正
  • リソース registry_key { should_not exist } が利用できない
  • スキャンレポートにおいて ID でなく Node 名を表示する
  • inspec: 「this is the command line」ログにおけるパスワード(login/sudo)の編集
  • shared/backend_sshcmd: shellout からのパスワードをマスクするように修正

このリリースは InSpec 0.9.9 も含んでいます。変更履歴の完全版は こちら をご参照ください。

Chef Complianceのアップグレードに関する説明は こちら をご参照ください。

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post