CL LAB

HOME > News > PRESS > クリエーションラインが各種ビジネスニーズに応える Sparkを軸としたデータ分析メニューを提供

クリエーションラインが各種ビジネスニーズに応える Sparkを軸としたデータ分析メニューを提供

 ★ 6

この記事は1年以上前に投稿されました。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

2016年8月19日

報道関係各位

クリエーションライン株式会社

クリエーションラインが各種ビジネスニーズに応える Sparkを軸としたデータ分析メニューを提供

クリエーションライン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:安田忠弘、以下”クリエーションライン”)は、先日発表したMapR社との協業強化MapRおよびSparkを軸としたセキュリティログやウェブログといったデータを活用したリアルタイムログ分析サービスをメニュー化し、9月15日の“データサイエンティストに学ぶ「いまから始めるデータ分析」セミナー”にて発表および、提供を開始します。

昨今、データ活用ニーズの高まる中、一方でエンタープライズからは新技術や分析ロジックの複雑さに理解が進まないという声が上がっています。
クリエーションラインは、アルパイン株式会社様とのデータ分析プロジェクトをはじめとして、複数の企業に対してデータ分析サービスおよびインテグレーションサービスを提供してきました。さらにMapRとの協業からセキュリティログ分析やレコメンデーション、さらに既存DWHをビッグデータ対応させるDWHマイグレーションといったテンプレートを得、複雑化するビジネスニーズとそれらを実装する新技術の隙間を埋め、データ活用を始めやすくした、新サービスメニューを展開します。

クリエーションラインの新サービスメニュー

1.セキュリティログ分析サービス
2.レコメンデーション開発サービス
3.DWHマイグレーションサービス

 

“データサイエンティストに学ぶ「いまから始めるデータ分析」セミナー”について
日時:9月15日(木)14:00~17:00
場所:新丸ビルカンファレンススクエア
詳細:http://www.hadoop-times.com/start_analytics-2016-09-15.html


■クリエーションライン株式会社について
2006年1月設立。1) 高可用性を実現する高度なネットワーク、ストレージ設計能力、2) マイクロサービス化・データ解析アルゴリズム作成などの高度なソフトウェア設計・作成能力、3)インフラから上位レイヤーの各種サービスに対して自動化など効率的な運用監視を実現する技術ノウハウを持つ技術者集団です。国内外の大手通信事業者、データセンター事業者、サービス提供事業者などに対して多くの実績を持っています。

■このプレスリリースについてのお問い合わせ先
クリエーションライン株式会社 マーケティング担当 近藤
電話 03-5829-8355   メール sales@creationline.com

Related post

mautic is open source marketing automation