CL LAB

HOME > CL LAB > [和訳] ビデオシリーズ: 開発者向けJAVAアプリのモダナイゼーション パート4 #docker

[和訳] ビデオシリーズ: 開発者向けJAVAアプリのモダナイゼーション パート4 #docker

 ★ 1

本稿は VIDEO SERIES: MODERNIZING JAVA APPS FOR DEVELOPERS PART 4 (2018/4/5) の和訳です。

モノリシックなアプリケーションの最新のクラウドアーキテクチャへの移行は困難なことがあり、しばしば未開の土地を切り開くような労力を強いられます。しかし、Docker Enterprise Edition (Docker EE) を使用するとコード変更無しで、クラウドアーキテクチャに移行できます。その結果、ポータビリティ、セキュリティ、効率性を向上できるのです。

パート4はパート3で追加したメッセージングサービスを利用しています。今回の記事では、オープンソースのElasticsearch / Kibanaスタックによるセルフサービス分析を搭載します。レポートデータベースと分析UIをコンテナで実行し、Elasticsearchでもデータを格納できるようにワーカーを更新します。Dockerプラットフォームは、現在実行中のアプリケーションコンテナをシャットダウンすることなく、実行中のデプロイメントに新しいコンポーネントを追加することをサポートしています。Dockerを使用して、稼働中のダウンタイムゼロでアプリケーションに新しい機能を追加する方法を学びます。

Docker for Java Developerの詳細については、以下を参照してください:

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

Docker社公認トレーニングコース