fbpx

CL LAB

HOME > Blog > lee > MongoDB Ops ManagerのGUI構成 #mongodb

MongoDB Ops ManagerのGUI構成 #mongodb

 ★ 0

MongoDB Ops Managerは、MongoDB Enterprise Advanced(EA,有償版)にバンドルされているMongoDBの管理ツールです。既にCL LAB(クリエーションラインラボ)を通してMongoDB Enterprise Advanced(EA)版の管理ツール、Ops Managerインストールを掲載していますが、Ops Managerは高機能の故に機能の数も多く、構成を理解するにも一苦労です。今回は、Ops ManagerのGUI構成を網羅的にご紹介します。

[参照サイト]
https://docs.opsmanager.mongodb.com/current/

Ops Managerのメインメニュー

組織(Organization)とプロジェクト(Project)

  • Ops ManagerでのMongoDB構成は、組織とプロジェクト、MongoDBのような階層構造になっています。
  • 組織の配下には、複数のプロジェクトを持つことができて、プロジェクト配下に、それぞれの固有のMongoDBクラスタ―を構成します。
  • 組織も複数構成が可能です。

組織は、Ops Managerのメインメニューのコンテキスト(CONTEXT)で確認できます。


ここではデフォルトの名称をそのまま使っています。組織を表示してから、セッティング(Settings)を選択し、名称を編集できます。

プロジェクト名も同様な方法に編集できます。

以下では、Ops Managerの主なメニューを簡略に紹介します。

デプロイメント(Deployment)

デプロイメントは、MongoDBクラスタ―やセキュリティの管理、メトリックの表示など、Ops Managerのコア機能が集合しています。

  • Build New Deployment
    レプリケーションクラスター又はシャーディングクラスターの構築を開始します。

  • Manage Existing Deployment
    既存のクラスタ―をリバースしてOps Managerの管理下に置きます。

参考までに、次はデプロイ済みのクラスタ―のイメージです。

次は、モニタリング画面です。

[参照サイト]
https://docs.opsmanager.mongodb.com/current/tutorial/nav/manage-hosts/
https://docs.opsmanager.mongodb.com/current/tutorial/nav/monitor-and-manage/

アラート(Alerts)

メトリックに閾値を設定し、アラートを上げてもらいます。

バックアップ(Backup)

バックアップの構成やスケジュールバックアップの実行、ポイントインタイムリカバリを行います。

参考までに、次はバックアップ構成後のイメージです。

ユーザ&チーム(Users & Teams)

Ops Managerのアカウント追加やアカウントのグルーピング(チーム構成)を行います。

設定(Settings)

次のような画面が表示されます。

  • 組織名やプロジェクト名を編集する
  • ローカルタイムゾーンを設定する。
  • サードパーティの監視ツールとの連携などの設定する。
  • その他

Ops Managerの管理者メニュー(Admin)

Ops Managerの管理者メニューの表示は、Ops Manager画面上段の右にあるAdminをクリックします。

一般管理(General)

次のような画面が表示されます。

  • Ops Managerの運用環境の設定及び閲覧ができます。
  • 初期設定時にスキップした内容は、ほぼすべてここで編集できます。

バックアップ(Backup)

次のような画面が表示されます。

  • 既定のバックアップジョブの一覧を表示します。
  • 最後のスナップショットのタイムスタンプなどを表示します。
  • 現在のバックアップ構成をメンテナンスできます。場合によっては、削除してから再構成することもできます(サブメニュのDaemons, Snapshot Storage, Oplog Storage)。

サーバプール(Server Pool)

オートメーションパッケージをインストールしたサーバをスタンバイしておいて、クラスタ―のノード障害時に、短時間で入れ替えるなどの用途で利用します。

アラート(Alerts)

アラートの一覧を表示します。

コントロールパネル(Control Panel)

Ops Managerの操作ログを表示します。

まとめ

以上、Ops ManagerのGUI構成をトップメニューレベルで網羅してみました。他にも細かいサブメニューやタブが付いているサブメニューもありますが、すべて紹介する必要性は感じておりません。まず、ここで紹介している基本構成に慣れて頂ければ、そのうちに、Ops Managerは強力な味方になってくるはずです。

Author

lee

データベースが大好きなサーバサイドのエンジニア。Neo4j、MongoDBのテクニカルサポート、IoTビックデータ処理基盤のアーキテクトとして活動しています。

[著書]
グラフデータベースNeo4jの他
https://www.amazon.co.jp/李昌桓/e/B004LWEKOU

leeの記事一覧

leeへお問い合わせ

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post