CL LAB

HOME > CL LAB > IBM社がDocker社認定コンテナをDocker Hubで公開:伝統的アプリのモダナイズ化の一助に #docker #ibm

IBM社がDocker社認定コンテナをDocker Hubで公開:伝統的アプリのモダナイズ化の一助に #docker #ibm

 ★ 0

Docker Certified Technology Program(Docker社認定技術プログラム)は、Docker社のエコシステムパートナーやDockerユーザのために、高品質でサポートに優れ、また業界基準に準拠しているコンテナやプラグインを認定するためのプログラムです。Docker社による認定は、企業ユーザが、信頼できるソフトウェアとコンテナコンポーネントをDocker Enterprise Edition (Docker EE)上で実行するための明確な指針となります。さらにそれらはDocker社とソフトウェア提供会社の両者からサポートを受けることができるのです。

クラウドコンピューティングがすべてのビジネスと産業に変化をもたらし続けるなか、国際的エンタープライズ企業やスタートアップ企業の開発者達は一様にコンテナ技術を活用し、ウェブサイト・モバイル・IoTのモダンなアプリケーション開発過程を加速しています。

IBM社は主力商品であるDb2データベースのWebsphere-Libertyミドルウェアサーバと、セキュリティアクセスマネージャの製品でDocker社の認定を受け、それらをDocker Hubで公開しています。これらのDocker社認定のコンテナは、開発者がDocker EEプラットフォーム向けのクラウドネイティブなアプリケーションをすばやく構築することを可能とするものです。これらのソリューションは、IBMからあらゆるオンプレミスインフラストラクチャまたはパブリッククラウドへデプロイすることができます。このソリューションはオンプレミスのモノリスからハイブリッドクラウドのマイクロサービスへと伝統的なアプリケーションを移行しモダナイズする手助けをするためのものです。

Docker社およびIBM社は、これらのソリューションが有効であることを実証し、シームレスなサポートパイプラインに統合しています。これにより、Docker社とIBM社の両方の製品を使っている顧客がいつも受けているような世界規模のカスタマーサポートを提供できるのです。

IBM社のDocker Hubで利用可能な最新のDocker社認定テクノロジーをご確認ください:

もっと詳しく知る:


原文: Docker Certified Containers From IBM

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

Docker社公認トレーニングコース