fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Dockerコンテナのファイル実体と肥大化する/var/lib/docker/overlay2の正体 #docker

Dockerコンテナのファイル実体と肥大化する/var/lib/docker/overlay2の正体 #docker

 ★ 12

はじめに

先日にクリエーションラインが実施した Docker Fundamental Training にて、Dockerコンテナに含まれるファイルの実体についてご質問を頂きました。トレーニングの中で回答を差し上げたのですが、意外とまとまった情報がないなと思いまして、こちらで紹介します。

頂いた質問は下記のようなものです(一部抜粋/編集しています)。
前提として、Storage Driver には overlay2 を採用しています。

コンテナを起動し、その中に大きな容量のファイルを保存した場合、実際にはどこのディスク容量が消費されるのでしょうか?

複数のコンテナを起動した時に、イメージレイヤのファイルがそれぞれ /var/lib/docker/overlay2 に書き込まれますか?それともコンテナレイヤの中身に書き込まれたデータだけが /var/lib/docker/overlay2 に作られますか?

Dockerコンテナは多層のイメージレイヤの重ね合わせで構成されている...という説明に対して頂いた質問です。ファイルの実体とディスク容量について、実際のところどうなっているのか、ということですね。

Storage Driver と overlay2 について

まず、Docker コンテナは複数の Readonly なイメージレイヤと、Writable なコンテナレイヤで構成されています。
これによって、ベースとなる Docker Image に影響を与えることなく、安全にかつ効率的にコンテナ内部でファイルを読み書きすることが出来ます。

この仕組みを実現するのが Storage Driver です。overlay, aufs, device mapper, overlay2 などの選択肢があります。現在の Docker v19.03 では overlay2 がデフォルトかつ利用が推奨されています。overlay2 はカーネルの機能である overlayfs を利用しています。

Docker with overlay2 の挙動について

Storage Driver に overlay2 を利用した場合に、Dockerコンテナはイメージレイヤを LowerDir, コンテナレイヤをUpperDirとした overlayfs で構成されます。

https://docs.docker.com/storage/storagedriver/overlayfs-driver/#how-the-overlay2-driver-works

https://docs.docker.com/storage/storagedriver/overlayfs-driver/#how-the-overlay2-driver-works
※画像はoverlayの説明で使われているものですが、overlay2でも同様です。

以下では、実際にDockerイメージをビルドし、コンテナを実行した際のファイルの挙動を見てみます。

まず、ここでは下記の Dockerfile から Docker イメージを作成します。

FROM alpine

RUN touch aaa.txt
RUN mkdir bbb
WORKDIR bbb
RUN touch ccc.txt

ENTRYPOINT ["sleep", "10000"]

これをビルドして docker image inspect すると、利用されているイメージレイヤのパスが表示されます。Docker イメージは、イメージレイヤ単位で /var/lib/docker/overlay2/ 以下に保存されます。

vagrant@workstation:~/overlay2test$ docker image inspect overlay2test -f "{{json .GraphDriver.Data}}" | jq .
{
  "LowerDir": "/var/lib/docker/overlay2/f952dda500cd5fe53365d14c27498f39bcd4ba19b65f75e12a7d1acbc33d3f60/diff:/var/lib/docker/overlay2/58511fe87bd9872209b26843d021449bc89c512bcf45d5ebad0c45a7fe27ec4c/diff:/var/lib/docker/overlay2/2f3fa524adcbbc7c5fbb8450f4ba277bbae76f6cd8d4c09d3740633ef2f0eeed/diff",
  "MergedDir": "/var/lib/docker/overlay2/5da5f5376d357ba13dc6a5a60562fb2ebce3077758262ad5f0cd273b62e4cacc/merged",
  "UpperDir": "/var/lib/docker/overlay2/5da5f5376d357ba13dc6a5a60562fb2ebce3077758262ad5f0cd273b62e4cacc/diff",
  "WorkDir": "/var/lib/docker/overlay2/5da5f5376d357ba13dc6a5a60562fb2ebce3077758262ad5f0cd273b62e4cacc/work"
}

/var/lib/docker/overlay2/{hash値} のフォルダが作られています。各hash値について整理すると、下記となります。

  • 5da5f5376d357ba13dc6a5a60562fb2ebce3077758262ad5f0cd273b62e4cacc が overlay2test イメージの最上位レイヤであり、 MergedDir, UpperDir, WorkDir に設定されている
  • f952dda500cd5fe53365d14c27498f39bcd4ba19b65f75e12a7d1acbc33d3f60, 58511fe87bd9872209b26843d021449bc89c512bcf45d5ebad0c45a7fe27ec4c, 2f3fa524adcbbc7c5fbb8450f4ba277bbae76f6cd8d4c09d3740633ef2f0eeed の3レイヤが LowerDir となっている

それぞれ中を見てみます。
まずは最上位の 5da5f5376d357ba13dc6a5a60562fb2ebce3077758262ad5f0cd273b62e4cacc から。

root@workstation:~# ls -liR /var/lib/docker/overlay2/5da5f5376d357ba13dc6a5a60562fb2ebce3077758262ad5f0cd273b62e4cacc/
/var/lib/docker/overlay2/5da5f5376d357ba13dc6a5a60562fb2ebce3077758262ad5f0cd273b62e4cacc/:
total 16
1080163 -rw------- 1 root root    0 Jun 26 07:42 committed
1338827 drwxr-xr-x 3 root root 4096 Jun 26 07:42 diff
1080198 -rw-r--r-- 1 root root   26 Jun 26 07:42 link
1080199 -rw-r--r-- 1 root root   86 Jun 26 07:42 lower
1338828 drwx------ 2 root root 4096 Jun 26 07:42 work

/var/lib/docker/overlay2/5da5f5376d357ba13dc6a5a60562fb2ebce3077758262ad5f0cd273b62e4cacc/diff:
total 4
1338831 drwxr-xr-x 2 root root 4096 Jun 26 07:42 bbb

/var/lib/docker/overlay2/5da5f5376d357ba13dc6a5a60562fb2ebce3077758262ad5f0cd273b62e4cacc/diff/bbb:
total 0
1338832 -rw-r--r-- 1 root root 0 Jun 26 07:42 ccc.txt

/var/lib/docker/overlay2/5da5f5376d357ba13dc6a5a60562fb2ebce3077758262ad5f0cd273b62e4cacc/work:
total 0

diff 配下に bbb/ccc.txt が存在しています。また、実は MergedDir は存在してません。
他のレイヤも diff 配下を見ていきます。

root@workstation:~# ls -liR /var/lib/docker/overlay2/f952dda500cd5fe53365d14c27498f39bcd4ba19b65f75e12a7d1acbc33d3f60/diff/
/var/lib/docker/overlay2/f952dda500cd5fe53365d14c27498f39bcd4ba19b65f75e12a7d1acbc33d3f60/diff/:
total 4
1080190 drwxr-xr-x 2 root root 4096 Jun 26 07:42 bbb

/var/lib/docker/overlay2/f952dda500cd5fe53365d14c27498f39bcd4ba19b65f75e12a7d1acbc33d3f60/diff/bbb:
total 0

bbb のディレクトリが。

root@workstation:~# ls -liR /var/lib/docker/overlay2/58511fe87bd9872209b26843d021449bc89c512bcf45d5ebad0c45a7fe27ec4c/diff
/var/lib/docker/overlay2/58511fe87bd9872209b26843d021449bc89c512bcf45d5ebad0c45a7fe27ec4c/diff:
total 0
1080154 -rw-r--r-- 1 root root 0 Jun 26 07:42 aaa.txt

aaa.txt が。

root@workstation:~# ls -li /var/lib/docker/overlay2/2f3fa524adcbbc7c5fbb8450f4ba277bbae76f6cd8d4c09d3740633ef2f0eeed/diff
total 68
1025519 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 bin
1025636 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 dev
1025637 drwxr-xr-x 15 root root 4096 May 29 14:20 etc
1025711 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 home
1025712 drwxr-xr-x  7 root root 4096 May 29 14:20 lib
1025730 drwxr-xr-x  5 root root 4096 May 29 14:20 media
1025734 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 mnt
1025735 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 opt
1025736 dr-xr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 proc
1025737 drwx------  2 root root 4096 May 29 14:20 root
1025738 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 run
1025739 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 sbin
1025801 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 srv
1025802 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 sys
1025803 drwxrwxrwt  2 root root 4096 May 29 14:20 tmp
1025804 drwxr-xr-x  7 root root 4096 May 29 14:20 usr
1026026 drwxr-xr-x 12 root root 4096 May 29 14:20 var

これは alpine ですね。ということで、各レイヤにファイルが格納されていることがわかります。

では、コンテナを docker container run して作ってみます。

root@workstation:~# docker container run -d overlay2test
bd036f606aa46144276ed5d4bdf6c4eafb26dbc5134529a90ce7a334c5591ff4

root@workstation:~# docker container ls
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS               NAMES
bd036f606aa4        overlay2test        "sleep 10000"       47 seconds ago      Up 46 seconds                           modest_chatterjee

docker container inspect でコンテナレイヤを確認してみます。

root@workstation:~# docker container inspect modest_chatterjee -f "{{json .GraphDriver.Data}}" | jq .
{
  "LowerDir": "/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init/diff:/var/lib/docker/overlay2/5da5f5376d357ba13dc6a5a60562fb2ebce3077758262ad5f0cd273b62e4cacc/diff:/var/lib/docker/overlay2/f952dda500cd5fe53365d14c27498f39bcd4ba19b65f75e12a7d1acbc33d3f60/diff:/var/lib/docker/overlay2/58511fe87bd9872209b26843d021449bc89c512bcf45d5ebad0c45a7fe27ec4c/diff:/var/lib/docker/overlay2/2f3fa524adcbbc7c5fbb8450f4ba277bbae76f6cd8d4c09d3740633ef2f0eeed/diff",
  "MergedDir": "/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09/merged",
  "UpperDir": "/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09/diff",
  "WorkDir": "/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09/work"
}

LowerDir に、先ほどイメージで確認したディレクトリが格納されています。
80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d0980493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init が今回のコンテナレイヤに関わるディレクトリです。

中を見る前に、コンテナに書き込んでみます。

root@workstation:~# docker container exec modest_chatterjee touch ddd.txt

では、中を見ていきます。まず、80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init から。

root@workstation:~# ls -liR /var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init/
/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init/:
total 16
1338886 -rw------- 1 root root    0 Jun 26 08:49 committed
1338867 drwxr-xr-x 4 root root 4096 Jun 26 08:49 diff
1338868 -rw-r--r-- 1 root root   26 Jun 26 08:49 link
1338870 -rw-r--r-- 1 root root  115 Jun 26 08:49 lower
1338869 drwx------ 3 root root 4096 Jun 26 08:49 work

/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init/diff:
total 8
1338874 drwxr-xr-x 4 root root 4096 Jun 26 08:49 dev
1338873 drwxr-xr-x 2 root root 4096 Jun 26 08:49 etc

/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init/diff/dev:
total 8
1338876 -rwxr-xr-x 1 root root    0 Jun 26 08:49 console
1338877 drwxr-xr-x 2 root root 4096 Jun 26 08:49 pts
1338879 drwxr-xr-x 2 root root 4096 Jun 26 08:49 shm

/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init/diff/dev/pts:
total 0

/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init/diff/dev/shm:
total 0

/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init/diff/etc:
total 0
1338875 -rwxr-xr-x 1 root root  0 Jun 26 08:49 hostname
1338883 -rwxr-xr-x 1 root root  0 Jun 26 08:49 hosts
1338878 lrwxrwxrwx 1 root root 12 Jun 26 08:49 mtab -> /proc/mounts
1338881 -rwxr-xr-x 1 root root  0 Jun 26 08:49 resolv.conf

/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init/work:
total 4
1338872 d--------- 2 root root 4096 Jun 26 08:49 work

/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init/work/work:
total 0

hostname などの個別のコンテナに必要なファイルが生成され、 LowerDir としてレイヤが出来ていることがわかります。

続いて、80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09 を見ていきます。

root@workstation:~# ls -li /var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09/
total 20
1338882 drwxr-xr-x 3 root root 4096 Jun 26 08:49 diff
1338884 -rw-r--r-- 1 root root   26 Jun 26 08:49 link
1338887 -rw-r--r-- 1 root root  144 Jun 26 08:49 lower
1338867 drwxr-xr-x 1 root root 4096 Jun 26 08:49 merged
1338885 drwx------ 3 root root 4096 Jun 26 08:49 work

root@workstation:~# ls -li /var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09/merged/
total 72
1080154 -rw-r--r--  1 root root    0 Jun 26 07:42 aaa.txt
1338831 drwxr-xr-x  1 root root 4096 Jun 26 08:54 bbb
1025519 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 bin
1338874 drwxr-xr-x  1 root root 4096 Jun 26 08:49 dev
1338873 drwxr-xr-x  1 root root 4096 Jun 26 08:49 etc
1025711 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 home
1025712 drwxr-xr-x  7 root root 4096 May 29 14:20 lib
1025730 drwxr-xr-x  5 root root 4096 May 29 14:20 media
1025734 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 mnt
1025735 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 opt
1025736 dr-xr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 proc
1025737 drwx------  2 root root 4096 May 29 14:20 root
1025738 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 run
1025739 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 sbin
1025801 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 srv
1025802 drwxr-xr-x  2 root root 4096 May 29 14:20 sys
1025803 drwxrwxrwt  2 root root 4096 May 29 14:20 tmp
1025804 drwxr-xr-x  7 root root 4096 May 29 14:20 usr
1026026 drwxr-xr-x 12 root root 4096 May 29 14:20 var

root@workstation:~# ls -li /var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09/merged/bbb/
total 0
1338832 -rw-r--r-- 1 root root 0 Jun 26 07:42 ccc.txt
1338890 -rw-r--r-- 1 root root 0 Jun 26 08:54 ddd.txt

root@workstation:~# ls -liR /var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09/diff/
/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09/diff/:
total 4
1338864 drwxr-xr-x 2 root root 4096 Jun 26 08:54 bbb

/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09/diff/bbb:
total 0
1338890 -rw-r--r-- 1 root root 0 Jun 26 08:54 ddd.txt

diff 配下に先ほど追加した ddd.txt が配置されています。また、 ddd.txt のinode番号が diff と merge で一致していること、 aaa.txt のinode番号が先のイメージレイヤのディレクトにあるものと一致している事がわかります。

mount -l | grep overlay で、overlayfs がそれぞれのディレクトリに使われていることが確認できます。

root@workstation:~# mount -l | grep overlay
overlay on /var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09/merged type overlay (rw,relatime,lowerdir=/var/lib/docker/overlay2/l/WZ4ETM3JIXL4SWNFGKGDOPFE6I:/var/lib/docker/overlay2/l/4CRVZPACWNPDHU6VIJIXFHIK3A:/var/lib/docker/overlay2/l/QKWVGM2CLRHUX2Q7Y33UU4TSL3:/var/lib/docker/overlay2/l/VV6S7BCGVK3XRTOIHCJYSZ5PXH:/var/lib/docker/overlay2/l/XRB6JZMFMNR4PT4HEWGX7WQTEN,upperdir=/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09/diff,workdir=/var/lib/docker/overlay2/80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09/work)

lrwxrwxrwx 1 root root 77 Jun 26 08:49 /var/lib/docker/overlay2/l/WZ4ETM3JIXL4SWNFGKGDOPFE6I -> ../80493e0448ace915e6e345f03f19bf67350f17de852b949716138a6dc3d28d09-init/diff
root@workstation:~# ls -l /var/lib/docker/overlay2/l/4CRVZPACWNPDHU6VIJIXFHIK3A
lrwxrwxrwx 1 root root 72 Jun 26 07:42 /var/lib/docker/overlay2/l/4CRVZPACWNPDHU6VIJIXFHIK3A -> ../5da5f5376d357ba13dc6a5a60562fb2ebce3077758262ad5f0cd273b62e4cacc/diff
root@workstation:~# ls -l /var/lib/docker/overlay2/l/QKWVGM2CLRHUX2Q7Y33UU4TSL3
lrwxrwxrwx 1 root root 72 Jun 26 07:42 /var/lib/docker/overlay2/l/QKWVGM2CLRHUX2Q7Y33UU4TSL3 -> ../f952dda500cd5fe53365d14c27498f39bcd4ba19b65f75e12a7d1acbc33d3f60/diff
root@workstation:~# ls -l /var/lib/docker/overlay2/l/VV6S7BCGVK3XRTOIHCJYSZ5PXH
lrwxrwxrwx 1 root root 72 Jun 26 07:42 /var/lib/docker/overlay2/l/VV6S7BCGVK3XRTOIHCJYSZ5PXH -> ../58511fe87bd9872209b26843d021449bc89c512bcf45d5ebad0c45a7fe27ec4c/diff
root@workstation:~# ls -l /var/lib/docker/overlay2/l/XRB6JZMFMNR4PT4HEWGX7WQTEN
lrwxrwxrwx 1 root root 72 Jun  8 02:56 /var/lib/docker/overlay2/l/XRB6JZMFMNR4PT4HEWGX7WQTEN -> ../2f3fa524adcbbc7c5fbb8450f4ba277bbae76f6cd8d4c09d3740633ef2f0eeed/diff

肥大化する /var/lib/docker/overlay2/ について

しばしば Docker コンテナのディスク消費量を調べてようと du -sh /var/lib/docker/overlay2/ をしてとんでもない大きさになっていることがあります。

overlay2 を利用した場合には、du -s の値を信用してはいけません

du -s は overlayfsによるマウントを区別しません
コンテナレイヤを調べた場合に、実体は UpperDir のみがそのレイヤで消費されているファイルの実体ですが、 MergedDir も含めて、つまりはイメージサイズを含めて算出してしまいます。
/var/lib/docker/overlay2 が容量を圧迫していることを調べたいのであれば、実体である UpperDir の値を集計するか、あるいは df の値で確認してください。または docker system df のコマンドでも確認することができます。

root@workstation:~# du -sh /var/lib/docker/overlay2/
4.8G    /var/lib/docker/overlay2/

root@workstation:~# df -h /dev/sda1
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda1        30G   20G  9.4G  68% /

root@workstation:~# for i in {1..50};do docker container run -d centos:7 sleep 1000; done
fd503cfe6506f1862a6965a398c81cf0f9af584f61a503370de87e81efd7f9b7
7e8586b176ffd05860b45889c12755338e14fa460c70ff8c543c6de6b1e7a01e
ccdf3c7e3081b8fdcfab4e46f880acdad20f2e7eda31a77269a48bdcfbd9eb93
260d7c805b7bb36d8c16b05e11e3db0397a52db1b14bbacac6b3455a1a96962a
...
650193c83c7086e3d155980b3ab54d27746256b64529fe44419f27c79f8e1982
1df926bc75ae07e52908b5aab30e6121a768d7ba3995e37ea143a1f905cc2035
6df317c9aa84353ec358f72df8090aaf25879224f771f16079ae4aa9daa031c5

root@workstation:~# du -sh /var/lib/docker/overlay2/
16G     /var/lib/docker/overlay2/

root@workstation:~# df -h /dev/sda1
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda1        30G   20G  9.4G  68% /

root@workstation:~# docker system df
TYPE                TOTAL               ACTIVE              SIZE                RECLAIMABLE
Images              27                  3                   4.416GB             3.813GB (86%)
Containers          53                  50                  100.45MB             100.45MB (100%)
Local Volumes       0                   0                   0B                  0B
Build Cache         0                   0                   0B                  0B

df -h の値は変わっていないのに、 du -sh の値が激増していることが確認できます。

イメージサイズの大きなコンテナを1ノードで大量に起動していると、こういった事象に直面することがあります。イメージサイズが大きくなくても、例えば GitLab CI/CD で Docker Executor を利用して大量にジョブを回している場合など、終了したコンテナが大量に溜まることで発生します。Kubernetesを利用している場合は終了したコンテナが自動で削除されていきますので、あまり見かけないかもしれません。
何にせよ使わなくなったコンテナが溜まっている状態は良くありませんので、定期的に docker prune で片づけるようにしましょう。

まとめ

ということで、質問に対する回答は下記となります。

コンテナを起動し、その中に大きな容量のファイルを保存した場合、実際にはどこのディスク容量が消費されるのでしょうか?

/var/lib/docker/overlay2 にマウントされたディスクの容量が消費されます。

複数のコンテナを起動した時に、イメージレイヤのファイルがそれぞれ /var/lib/docker/overlay2 に書き込まれますか?それともコンテナレイヤの中身に書き込まれたデータだけが /var/lib/docker/overlay2 に作られますか?

コンテナ起動時にはイメージレイヤのファイルは書き込まれません。イメージレイヤのファイルは build や pull のタイミングで書き込まれます。コンテナレイヤの中身に書き込まれたデータだけが /var/lib/docker/overlay2 に書き込まれます。

おわりに

本記事では、弊社クリエーションラインの開催するDocker Fundamental Trainingで頂いた質問と回答についてご紹介させて頂きました。クリエーションラインでは、Mirantis社公認のDocker Trainingを提供しています。Dockerについて、イメージの作成からSwarmやKubernetesによるオーケストレーションまで、ハンズオン形式で基礎を網羅的に学習できる2日間のトレーニングです。

開催のご相談を承っておりますので、興味がありましたらDockerトレーニングコースをご参照ください。

Author

Kentaro Chimura

フリーランスの外野手をやりながらCLでエンジニアをしています。8番レフトです。

Kentaro Chimuraの記事一覧

Kentaro Chimuraへお問い合わせ

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post