fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > MirantisのBest of 2019 Blogs, Part 5: Kubernetes を恐れないで! #mirantis #docker #kubernetes #k8s

MirantisのBest of 2019 Blogs, Part 5: Kubernetes を恐れないで! #mirantis #docker #kubernetes #k8s

 ★ 1

本ブログは Mirantis社のblog記事「Best of 2019 Blogs, Part 5: Don’t Be Scared of Kubernete」の翻訳記事です。

今週と次週は、2019年の Docker Enterprise に関するブログ記事の中で、最も人気のある記事トップ 5 をお届けします。#2 の投稿は、ハロウィンの楽しいアイデアとして始まりました。誰もが Kubernetes について話している一方で、多くの人が Kubernetes に着手することを恐れていることにすぐに気付きました。この投稿では、人々が躊躇しがちな理由のいくつかと、恐れる必要がない理由を記述しています。

Kubernetes を始める事を恐れる 5 つの理由

Kubernetes は、現在利用可能なコンテナオーケストレータの中で最も幅広い機能を有しており、それは多くのパワーと複雑さを要求しています。これは、初めて Kubernetes の世界に飛び込む多くの人は圧倒され、始めることを躊躇してしまうほどです。これにはいくつかの理由があります。

ー でも、複雑なんでしょ?

最先端のジェット機のコックピットに乗り込むことは、あなたを高揚させるでしょう。しかし、実際にどのように操縦するかは知らないのです。あなたがフライトシミュレータをプレイする以上のことをしたことがない場合は、実際に操縦する事は非常に怖いことです。

ー 本番に使えるの?

今では、誰もが話題にしている Kubernetes ですが、メジャーなテクノロジーとして台頭してきたのはここ数年のことです。多くの企業は、新しい技術に対しては様子見のアプローチをとっています。自社で Kubernetes 環境を構築するということは、私達の様な企業のサポートなしに困難な問題を解決しなければならない事を意味します。

ー 特別なスキルを持った人材が必要なんだよね?

ITチームは Kubernetes を学び始めたばかりです。複雑なものになればなるほど、それをサポートするための適切な経験を持つ人材が必要になることを意味します。あるデータによると、2018年の Kubernetes 技術者の求人数は前年に比べて 176 パーセント増加しています。Kubernetes の経験がある人は需要が高いので、採用するのは難しいですね。

ー 自動化などで既存のITの仕事を奪われちゃう?

Kubernetes はアプリケーションインフラストラクチャに関連する多くのタスクを自動化し、開発者や DevOps チームがインフラストラクチャをコードとして扱うことを可能にします。それにより、アプリケーションインフラストラクチャを構築・保守する人は誰でも、新しい未来を見ることができるかもしれません。

ー いま、流行ってるだけじゃない?

テクノロジーの中には、一時的には輝きを放ちながらも、相対的に無名になってしまうものがあります。2010年 と 2011年 に Objective-C への関心が急速に高まりましたが、数年後には人気サイト Stack Overflow での会話の中では、Objective-C の存在は消え去りました。Kubernetes は今人気がありますが、5年後にはそうなっているでしょうか?

今日から Kubernetes を始めたほうが良い 5 つの理由

ありがたいことに、Kubernetes はオープンソースコミュニティとそれ以外の業界の両方で幅広くサポートされている堅牢なプラットフォームです。ここでは、Kubernetes を始めることを恐れる必要がない5つの理由を紹介します。

ー 複雑ではないですよ!

Docker Enterprise を使えば、Day 1 / Day 2 運用の両方で Kubernetes を簡単に利用できます。Docker Enterprise プラットフォームを使用することで、Kubernetes は開発チームと運用チームの両方がデフォルトのオーケストレーションプラットフォームとして直ぐにご利用可能です。

ー 大企業が本番で大規模に運用してますよ。

GSK は Kubernetes 上でグローバルなデータサイエンスプラットフォームを運用しています。Visa は Kubernetes 上で機械学習と分析のプラットフォームを構築しています。フォーチュン 500 の企業中、6 位の McKesson は、Kubernetes をベースにした社内開発者向けプラットフォームを構築しています。これらの企業はいずれも、重要なワークロードのために Docker Enterprise 上で Kubernetes を実行しています。

ー 特別な知識やスキルは必要ありません。

詳しい知識や資格は必要ありません。Docker Enterprise プラットフォームは、可用性が高く安全な Kubernetes 環境と、最初に必要となるコントロールと機能を併せて提供し、デスクトップからクラウドまで含めた様々なインフラ上ですぐに Kubernetes を使用可能です。チームのスキル向上に併せて、標準に準拠した
Kubernetes ディストリビューションを直接操作することも可能な為、様々なスキルレベルの技術者でも満足出来る高度な設定を完全にコントロール可能です。

ー 運用チームの成長に寄与します。

Kubernetes は、組織におけるOPSチームの役割を拡大するのに役立ちます。Kubernetes と Docker を使えば、どのマシンやクラウドでも動作する完全なプラットフォームを開発者に提供できます。

ー Kubernetes には成熟したエコシステムがあります。

主要なクラウドプロバイダーはすべてKubernetesをサポートしています。Docker、Red Hat/IBM、VMwareなどのベンダーは、Kubernetes に特化したソリューションを提供しています。現在、ストレージ、ネットワーク、監視、アラートからセキュリティ、IoT、AI まで、何百ものソリューションが Kubernetes に対応しています。

Kubernetes を検討しているなら、始めるのは今でしょ! - ハロウィンパーティーでお菓子を貰った後すぐに始めよう!

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

新規CTA