fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > ビデオ: Toyota Material Handling EuropeとIndustry 4.0 – モノリスの環境をマイクロサービス、Microsoft Azure、MongoDB Atlasに切り替えて、スマートファクトリーを実現 #MongoDB #Azure #MongoDBAtlas #マイクロサービス

ビデオ: Toyota Material Handling EuropeとIndustry 4.0 – モノリスの環境をマイクロサービス、Microsoft Azure、MongoDB Atlasに切り替えて、スマートファクトリーを実現 #MongoDB #Azure #MongoDBAtlas #マイクロサービス

 ★ 6

本ブログは「MongoDB」社のブログで2020年3月24日に公開された「Video: Toyota Material Handling and Industry 4.0 – Creating a Smart Factory By Moving from Monolith to Microservices, Microsoft Azure and MongoDB Atlas」の日本語翻訳です。

チーズを思わせる形状の巨大な車輪を備えたフォークリフトがゴロゴロと音をたてて工場のフロア内を動き回っています。このフォークリフトは自動化されており、いつどこにどうやって積み荷を運べばよいのか正確に把握しています。扱いに注意を要する一部の作業は人間が従来のフォークリフトを使ってサポートしていますが、ここで重要なことは、まるで魔法のような手法が現実の世界で使われ、数十億のデータポイントが生成、管理、保存、分析されている点にあります。

ついに、Industry 4.0の時代が到来しました。製造業におけるこの歴史的な変革を成功に導く、マシンとデータプラットフォームの構築を、Toyota Material Handling Europeは進めています。トヨタは、製造するその車の品質で名の通った企業です。そして、より安全でスマートな自律型の未来の工場へと移行できるよう、同社の開発チームがIoTソフトウェアを開発する場合にも、今般、同じ基準が適用されようとしています。

「トヨタはIndustry 4.0の世界でNo.1になることを目指しています」とToyota Material Handling Europeでプリンシパルシステムアーキテクト兼ITマネージャーを務めるFilip Dadgar氏は述べています。
Mr. Dadgar
Filip Dadgar氏、プリンシパルシステムアーキテクト兼ITマネージャー、Toyota Material Handling Europe

Toyota Material Handling Europeでは、倉庫で使用している100,000台以上のトラックをすでに統合テレマティクスに接続していると、ストックホルムでの最近のプレゼンテーションでDadgar氏は説明しています。トラックは、製造業や倉庫業、運輸業など、ほぼすべてのビジネスで利用されます。

Dadgar氏は講演の中でさまざまな興味深い多数のトピックを扱っています。その内容は以下に示すフルバージョンの動画でご確認いただけます。Industry 4.0や、彼の率いるチームが署名している開発者マニフェスト、開発業務の指針にしているコアの原則について、Dadgar氏は背景情報を語っています。また、Toyota Material Handling Europeでは、開発チームの生産性とプラットフォームの使いやすさを向上させるべく、モノリシックなコードベースのアプローチからマイクロサービスのアプローチへと移行を始めていますが、Dadgar氏はこの点についても論じています。そして、この移行の取り組みを支えているのが、MongoDBのMongoDB Atlasです。Toyota Material Handling Europeは、この完全マネージド型グローバルクラウドデータベースサービスをMicrosoft Azureで実行しています。

Dadgar氏は、MongoDBで評価している点を次のように説明しています。

「MongoDBで特に優れているのはそのデータモデルです。すべてが自然なJSONドキュメントになっており、開発者は本当に容易にすばやく作業を進められます。データのモデリングではなく、ビジネスバリューの構築に時間を使うことができるのです」

Toyota Material Handling

しかもそれは単なるデータモデルではありませんでした。Toyota Material Handling Europeには、移行の実現に向けて使用するデータベースプラットフォームを決定する際に使用された8つの評価基準があります。

  1. パフォーマンス:低レイテンシのパフォーマンスとスケーラブルな読み取り/書き込み性能。顧客のSLAを満足し、将来の成長に対応できる
  2. 自動化されたスケーリング、運用、およびメンテナンス:バックエンドデータベースの管理から開発者を開放し、開発者がアプリケーションの開発に専念できる環境を実現
  3. 機密性の高いビジネスデータと個人データを保護できるセキュリティ機能およびコンプライアンス機能
  4. データを配置するリージョン:ヨーロッパ北西部とヨーロッパ西部でMicrosoft Azureにホスト。レイテンシを重視する運用に配慮して地理的に工場に近いリージョンを確保できる
  5. 自動でのバックアップとレストア:完全マネージド型のデータ保護と災害復旧
  6. クラウドを選ばない:場所やプラットフォームの制約を受けない自由な運用
  7. 開発者が使いやすいデータベース:開発者が継続的に新しいアプリケーション機能を統合でき、市場の要求に先回りした対応ができる柔軟なデータモデル
  8. 開発者の生産性を高めるエコシステム:実績のあるベストプラクティスと、広範な領域をカバーするスキルを利用できる

完全版の動画をぜひご覧ください。Toyota Material Handling Europeの設定している基準から判断してMongoDBがいかに適切なテクノロジーであるかを詳しくご理解いただけます。MongoDBの採用を決断した他の重要な要素としてDadgar氏は、MongoDB Universityを通じて実現される2つの事柄に触れています。すぐに受講できる利用しやすいWebベースの開発者トレーニングと、質の高い、MongoDBチームとの関係です。

参考資料MongoDBウェビナー
MongoDB社のMongoDB Universyの一部のコンテンツを日本語吹き替えしています。

Dadgar氏は次のように述べています。「MongoDBのチームをご存知ですか。このチームにはいつも助けられています。笑顔を絶やさず、常に最高のサポートを提供してくれる人たちです。計画の最終段階に大急ぎで、MongoDB Universityの利用を計画に盛り込みました。おかげで誰もが即座に、テクノロジーに関する高いレベルのナレッジを得られるようになったのです」
完全版の動画はこちらからご覧いただけます。

俊敏性を高めるMongoDB Atlasの機能をご確認ください。

無料トライアルを試す

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

[無料ウェビナー] GitLab_CI/CDハンズオン_2023111