fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Azure > Windows Azure Pack で IaaS を構築する:第1回 #azure #AzureStack

Windows Azure Pack で IaaS を構築する:第1回 #azure #AzureStack

 ★ 39

マイクロソフトは、2015年5月に実施されたIgnite 2015にてAzureをオンプレミスで構築する"Azure Stack"のリリースを発表しました。"Azure Stack"は今夏に顧客向けのプレビュー版が登場するとのことなので、クリエーションラインとしてはそのリリースを待って"Azure Stack"のリサーチ・検証も実施する予定です。本記事のシリーズについては現状の"Azure Pack"で記述をしております。

Windows Azure Pack とは

Windows Azure Pack とは Microsoft 社純正のクラウドコントローラーであり、System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) で作成した仮想マシンクラウドを使用して、Web UI のサービス管理ポータルから操作可能な IaaS を構築することができます。サービス利用者はこのポータルから、仮想マシンインスタンスの作成、削除、起動、停止などを行うことができます。また、IaaS の他に、Webサイトサービスという PaaS を構築することもできます。

Azure Pack は Microsoft Web Platform Installer から無償でダウンロードできます。

以下に、簡単な概要図を示します。Azure Pack と System Center は Windows Server 上で動作し、Azure Pack と SCVMM とは Service Provider Foundation (SPF) という API を使用して連携します。

azp_img_01_00

以下は Azure Pack のサンプル画面ですが、Microsoft Azure と同じようなインターフェースになっています。

azp_img_01_02
ログイン画面

azp_img_01_02
サービス管理ポータル画面

Azure Pack で IaaS を構築してみよう!

本シナリオでは、最低限の物理マシンを使用して Azure Pack 環境を構築し、サービス管理ポータルから仮想マシンを作成できる (IaaS) までを採り上げます。ただし、インストールや設定などの作業が多いため、複数回に記事を分けて説明させていただきます。
まずは、Azure Pack に必要なソフトウェアと、解説で使用するシステム構成をまとめます。

ソフトウェア

有償製品に関しては評価版を使用します。

システム構成

以下の 図のように、2 台の物理マシンを使用して Azure Pack 環境を構築していきます。
物理マシン1 には、Azure Pack と、それに必要なソフトウェアをインストールします。ただし、Domain Controller と SQL Server の共存は推奨されないため、Hyper-V で 2 つの仮想マシンを作成し、処理を分担します。
物理マシン2 には、Windows Server ではなく Hyper-V Server をインストールします。Azure Pack の IaaS で使用する Hyper-V ホスト専用とします。

azp_img_01_04

緑枠:物理マシン
橙枠:Hyper-Vインスタンス
Parent OS:物理マシンにインストールした OS 

物理マシンスペック
CPU メモリ ディスク
物理マシン1 Core i3 3.0GHz (2コア×HT=4コア) 12GB 150GB×1
物理マシン2 Core i3 3.0GHz (2コア×HT=4コア) 8GB 500GB×1
仮想マシン詳細
ホスト名 IPアドレス 主な役割
(1) MASTER 192.168.1.100 仮想マシン dc, ap をデプロイするための Hyper-V
(2) DC 192.168.1.101 DC, DNS
(3) AP 192.168.1.102 SCVMM, SPF, Azure Pack, SQL Server
(4) HV1 192.168.1.103 Azure Pack IaaS の Hyper-V ホスト

DC:Domain Controller
SCVMM:System Center Virtual Machine Manager
SPF:Service Provider Foundation

作業工程の確認

本シナリオの作業工程をまとめます。フェーズ2 までは下準備であり、本格的に Azure Pack 構築作業に関係してくるのはフェーズ3 からとなります。

  • フェーズ1:物理マシンの構築
    • OS をダウンロードする。
    • 物理マシン1 へ Windows Server 2012 R2 をインストールする。
      • ホスト名を master とする。
      • Hyper-V をインストールする。
    • 物理マシン2 へ Hyper-V Server 2012 R2 をインストールする。
      • ホスト名を hv1 とする。
  • フェーズ2 :ドメインコントローラーの構築
    • 物理マシン1 の Hyper-V に仮想マシンを作成して Windows Server 2012 R2 をインストールする。
      • ホスト名を dc とする。
      • ドメインコントローラーに昇格する。
        • Active Directory ドメインサービスをインストールする。
        • ドメイン名は mycloud.local とする。
    • Hyper-V ホスト hv1 を mycloud.local へ参加させる。
  •  フェーズ3:アプリケーションサーバーの構築
    • 物理マシン1 の Hyper-V に仮想マシンを作成して Windows Server 2012 R2 をインストールする。
      • ホスト名を ap とし、mycloud.local ドメインへ参加させる。
      • 必要なソフトウェアをダウンロードする。
      • SQL Serever 2012 SP1 をインストールする。
      • Windows ADK をインストールする。
      • System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager (SCVMM) をインストールする。
      • Service Provider Foundation (SPF) をインストールする。
      • Azure Pack をインストールする。
  •  フェーズ4:設定
    • SCVMM の設定を行う。
    • Azure Pack の設定を行う。

次回は...

フェーズ1:物理マシンの構築について説明します。

参考文献

Windows Azure Pack
http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/windows-azure-pack.aspx
http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/products/windows-azure-pack/explore.aspx
System Center 2012 R2
http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/products/system-center-2012-r2/explore.aspx

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post