fbpx

CL LAB

HOME > Bluemix > Bluemix Question and Answer アプリをデプロイしてみよう

Bluemix Question and Answer アプリをデプロイしてみよう

 ★ 8

前回CLIの導入まででしたので、引き続きデモアプリのデプロイを進めていきます。
まずはこちらからデモアプリのコードアーカイブをダウンロードし解凍します。今回はNode.jsで書かれたものを対象とします。ドキュメントページにはJava版とRuby版もそれぞれありますので、お好みのものをお使いください。

ディレクトリ構造は以下となっています。

qa-nodejs.git
├── NOTICE.txt
├── README.txt
├── app.js
├── manifest.yml
├── package.json
├── public
│   ├── css
│   │   ├── browser-compatibility.css
│   │   ├── style.css
│   │   ├── watson-bootstrap-dark.css
│   │   └── watson-documentation.css
│   ├── images
│   │   ├── app.png
│   │   └── favicon.ico
│   └── js
│   ├── css_browser_selector.js
│   ├── example_input.js
│   └── jquery-1.11.1.min.js
└── views
├── index.jade
└── layout.jade

このうち"app.js"がExpressを用いたWeb Server機能と、QAAPIへの問合せなどの主な処理を担っています。次に"manifest.yml"ですが、こちらがBluemixへデプロイする際のアプリケーション設定ファイルになります。ダウンロードした時点では以下の内容となっていますが、デプロイに合わせて変更します。

applications:
- services:
- qa-service
name: qa-nodejs
command: node app.js
path: .
memory: 128M

まず"applications - services"配下の "qa-service" は、Question and Answerサービスに対する名称です。このままでも構いませんし、任意の名前に変更することも可能ですが、この後サービスの登録の際に使用しますので覚えておいてください。次に"applications"の"name"にある"qa-nodejs" ですが、こちらは"mybluemix.net"ドメインにて一意となる名称である必要がありますので変更しましょう。今回は"qa-nodejs-cl"とします。また"memory"については最小の"64M"としておきます。

それではBluemixにデプロイしましょう。まずAPIエンドポイントを確認しておきます。

$ cf api
API endpoint: https://api.eu-gb.bluemix.net (API version: 2.19.0)

例のように英国を指していた場合もコマンドで変更が可能ですが、今回はログイン時に指定する方法でログインします。

$ cf login -a https://api.ng.bluemix.net -u bluemix@creationline.com
API endpoint: https://api.ng.bluemix.net

Password>
Authenticating...
OK

Targeted org bluemix-org

Targeted space US-South

API endpoint: https://api.ng.bluemix.net (API version: 2.19.0)
User: bluemix@creationline.com
Org: bluemix-org
Space: US-South

-a がエンドポイント指定オプション、-u がユーザ名指定オプションです。

次にサービスの一覧を表示します。多少時間がかかるかもしれません。

$ cf marketplace
Getting services from marketplace in org bluemix-org / space US-South as bluemix@creationline.com...
OK

service plans description
API Management APImFreePlan Publish, manage, and consume APIs.
AdvancedMobileAccess Free Tune iOS 8 apps with operational analytics, and ensure communications with back end systems are secure.
AlchemyAPI user-provided* Build smart apps that leverage natural language processing and computer vision to deeply understand the world's conversations, documents and photos.
...(中略)...
question_and_answer question_and_answer_free_plan Direct responses to users inquiries fueled by primary document sources
...(中略)...
* The denoted service plans have specific costs associated with them. If a service instance of this type is created, a cost will be incurred.

TIP: Use 'cf marketplace -s SERVICE' to view descriptions of individual plans of a given service.

ここにQuestion and Anserサービスの名称とプランが表示されますのでこれらを指定して先ほどのサービス名を指定してサービスを作成します。

$ cf create-service question_and_answer question_and_answer_free_plan qa-service
Creating service qa-service in org bluemix-org / space US-South as bluemix@creationline.com...
OK

サービスがまだアプリケーションにバインドされていない状態であることが確認できます。

$ cf services
Getting services in org bluemix-org / space US-South as bluemix@creationline.com...
OK

name service plan bound apps last operation
qa-service question_and_answer question_and_answer_free_plan succeeded

続けて解凍した"qa-nodejs.git"ディレクトリからアプリケーションをデプロイします。

$ cf push qa-nodejs-cl
Using manifest file /Users/bluemix/qa-nodejs.git/manifest.yml

Creating app qa-nodejs-cl in org bluemix-org / space US-South as bluemix@creationline.com...
OK

Creating route qa-nodejs-cl.mybluemix.net...
OK

Binding qa-nodejs-cl.mybluemix.net to qa-nodejs-cl...
OK

Uploading qa-nodejs-cl...
Uploading app files from: /Users/bluemix/qa-nodejs.git
Uploading 20.3K, 19 files
Done uploading
OK
Binding service qa-service to app qa-nodejs-cl in org bluemix-org / space US-South as bluemix@creationline.com...
OK

Starting app qa-nodejs-cl in org bluemix-org / space US-South as bluemix@creationline.com...
-----> Downloaded app package (72K)
-----> Node.js Buildpack Version: v1.13-20150206-1347
-----> Requested node range: 0.10.26
-----> Resolved node version: 0.10.26
-----> Installing IBM SDK for Node.js from cache
...(中略)...
0 of 1 instances running, 1 starting
1 of 1 instances running

App started

OK

App qa-nodejs-cl was started using this command `node app.js`

Showing health and status for app qa-nodejs-cl in org bluemix-org / space US-South as bluemix@creationline.com...
OK

requested state: started
instances: 1/1
usage: 64M x 1 instances
urls: qa-nodejs-cl.mybluemix.net
package uploaded: Wed Mar 11 07:06:17 +0000 2015

state since cpu memory disk details
#0 running 2015-03-11 04:07:29 PM 0.0% 21.7M of 64M 33.9M of 1G

"manifest.yml"の内容に合わせてアプリケーションとサービスのバインドまで含めてデプロイされアプリが起動しました。コマンドでも確認可能です。

$ cf services
Getting services in org bluemix-org / space US-South as bluemix@creationline.com...
OK

name service plan bound apps last operation
qa-service question_and_answer question_and_answer_free_plan qa-nodejs-cl succeeded


$ cf apps
Getting apps in org bluemix-org / space US-South as bluemix@creationline.com...
OK

name requested state instances memory disk urls
qa-nodejs-cl started 1/1 64M 1G qa-nodejs-cl.mybluemix.net

それではデプロイしたアプリにアクセスしてみましょう。
http://qa-nodejs-cl.mybluemix.net/

いかがでしたか?アプリを1から書くのも良いですが、他のサービスのデモアプリや、developerWorksなどで多数紹介されているアプリを試すところから始めるのも良いかもしれません。

そして、Bluemixについてより広く深く知りたいという方々へ、第0回 Bluemixユーザー会が開催されます。空席が残り僅かですので、気になる方はお早めに。

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

[無料ウェビナー] GitLab_CI/CDハンズオン_2023111