fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Chef > [和訳] Chef Reporting 1.3.0 リリース #getchef

[和訳] Chef Reporting 1.3.0 リリース #getchef

 ★ 4

本稿は Chef Reporting 1.3.0 Released (2015/03/30) の和訳です。

シェフのみなさん、こんにちは。

Chef Reporting 1.3.0のリリースを発表できて嬉しく思います。このリリースはOpenSSLの更新、歴史的なReportingデータを消去するコマンドの追加、Erlangランタイムの更新を含みます。

OpenSSLの更新

このリリースはChef Reportingに同梱のOpenSSLを1.0.1mに更新します。

歴史的なデータの消去

opscode-reporting-ctlremove-partitionsコマンドを追加しました。これは特定の月・年・日付を指定してそれ以前のデータを削除するコマンドです。この動作はやり直しが効きません。ただし、どのような動作を行うのか確認するための--dryrunパラメータがあります。

  • opscode-reporting-ctl remove-partitions --month yyyy-mm

    • 指定の月のデータを削除します。
  • opscode-reporting-ctl remove-partitions --year yyyy

    • 指定の年のデータを削除します。
  • opscode-reporting-ctl remove-partitions --before yyyy-mm

    • 指定の年月以前のデータをすべて削除します。

Erlangの更新

ErlangをR16B03-1に更新しました。SSL証明書をSHA384で署名できるようになります。

ダウンロード

いつものように、Chef Reportingパッケージはダウンロードページから取得できます。

それではChefConfでお会いしましょう!

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post