fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > softlayer > EVault BMR (Bare Metal Restore)でベアメタルサーバのバックアップ/リストアを行う #softlayer

EVault BMR (Bare Metal Restore)でベアメタルサーバのバックアップ/リストアを行う #softlayer

 ★ 23

SoftLayerはSeagate社のバックアップソリューションであるEVaultを提供しています。EVaultの概要については関連記事(SoftLayerでEVaultを使ってみる)を参照してください。

本稿では、EVaultのBMRを用いて、SoftLayerのベアメタルサーバのMicrosoft Windows 2012 R2のバックアップとリストアを行ってみます。

もくじ

EVault BMRとは

BMRとは「Bare Metal Restore」の頭字語で、ベアメタルサーバのバックアップ・リストアのためのEVaultの一機能です。SoftLayerではポータルからEVaultおよびBMRプラグインを注文することで利用可能です。なお、2015年4月現在、BMRが利用可能なOSはWindowsのみです。

BMRのインストール

BMRプラグインは、ベアメタルサーバの注文時にEVaultと一緒に注文するか、既存のベアメタルサーバに後からEVaultと一緒に追加注文できます。

ベアメタルサーバの注文時にEVaultと一緒に注文する場合は、Storage AddonsEVAULTで任意のサイズのEVaultバックアップを選択し、さらにEVAULT PLUGINで「EVault Plugins - BMR (Bare Metal Restore」を選択します。なお、対応OSでない場合は注文を確定する際にエラーとなります。

order-100-storage-service-addons

既存のベアメタルサーバに後からEVaultとBMRを注文する場合は、まず最初にEVaultバックアップを注文します。手順は関連記事(SoftLayerでEVaultを使ってみる)の「EVaultのオーダ」を参照してください。EVaultバックアップが注文できたら、ナビバーの「Storage」→「Backup」からEVault Backup画面を開きます。

order-010-evault-backup

対象のEVaultバックアップの左の▼マークをクリックして詳細を開きます。

order-020-evault-backup-detail

右下の「Order Plugins」のリンクをクリックすると、EVaultプラグインの注文画面ダイアログが開きます。「EVault Plugins - BMR (Bare Metal Restore」および支払い方法を選択し、「Continue」ボタンをクリックします。

order-030-order-evault-plugin

注文内容の詳細が表示されるので確認の上、許諾に同意するチェックボックスにチェックを入れ、「Place Order」ボタンをクリックします。

order-040-order-evault-plugin-confirm

注文が確定し、プラグインがインストールされると、EVaultバックアップの詳細画面にInstalled Pluginsという項目が増え、注文したプラグインである「EVault Plugins - BMR (Bare Metal Restore」が表示されます。

order-050-installed-plugins

BMRによるバックアップ

では、BMRバックアップを行ってみましょう。手順は関連記事(SoftLayerでEVaultを使ってみる)の「EVault 設定」〜「ジョブの実行」とほぼ同じですが、一部異なるため、改めて順を追って見ていきます。

EVaultエージェントの設定およびバックアップジョブの登録

まず、対象のベアメタルサーバにインストールされているEVaultエージェントの設定を行います。これはEVaultのWebCC (Web CentralControl)というウェブインターフェイスで設定します。WebCCはSoftLayerポータル内から起動します。この際、VPN接続を行っておいてください。また、対象のベアメタルサーバは起動していなければいけません。

対象のEVaultバックアップの左の▼マークをクリックして詳細を開き、中段にある「WebCC」のリンクをクリックします。

backup-010-evault-backup

新しくWebCCの画面が開きます。初期状態ではEVaultエージェントの設定がなされていないので、Unconfigured Agents1となっています。左ペインのツリーの「Unconfigured Agents (1)」をクリックします。

backup-020-evault-webcc

対象のサーバのEVaultエージェントが表示されます。「Status」は「Unconfigured」、「Availability」は「Online」となっていれば問題ありません。下ペインの「This is a new Agent I would like to configure」をクリックして設定を始めます。

backup-030-evault-webcc-unconfigured-agents

まず、EVaultエージェントの説明を入力します。未入力でもかまいません。ここでは例として「SPSS BMR Agent」と入力しています。「Next」で次の設定へ進みます。

backup-050-evault-configure-agent-desc

Backup Source Type」は「Local System」を選択します。「Next」で次の設定へ進みます。

backup-060-evault-configure-agent-backup-source

選択した「Local System」の状態が表示されます。左ペインのツリーの「Bare Metal Restore」にチェックを入れ、「Include...」ボタンをクリックします。

backup-080-evault-configure-agent-local-system-bmr

右ペインに、選択した「Bare Metal Restore」が表示されるので、「Next」で次の設定へ進みます。

backup-090-evault-configure-agent-local-system-include

バックアップの暗号化方式について設定できます。本稿では暗号化を行わないので、「Encryption type」は「None」としておきます。「Next」で次の設定へ進みます。

backup-100-evault-configure-agent-encryption

バックアップのスケジュールについて設定できます。本稿ではスケジュール設定を行わず、手動でバックアップを取ることとします。「Next」で次の設定へ進みます。

スケジュールについては関連記事(SoftLayerでEVaultを使ってみる)を参照してください。

backup-110-evault-configure-agent-schedule

EVaultエージェントがバックアップを格納する宛て先を指定します。「Register to a Vault using a default profile.」をチェックし、「Available profile」は、対象のベアメタルサーバのデバイス画面で表示されていた「EVault Server」を選択します。「Next」で次の設定へ進みます。

backup-120-evault-configure-agent-register

少し待つと画面が更新されて、「Vault Name」と「Network Address」が表示されます。いずれも対象のベアメタルサーバのEVault Serverとなります。
画面上部の「Job Name」にEVaultバックアップジョブの名前を入力します。入力可能な文字は「A-Z a-z 0-9 _ - $」です。スペースは入力できません。「Job Description」はジョブの説明です。こちらはスペースも入力できます。ここでは例として「Job Name」は「SPSS_BMR」、「Job Description」は「SPSS BMR JOB」としています。「Save Changes」ボタンをクリックすると、ジョブの登録を行います。

backup-140-evault-configure-agent-job-name

エージェントとジョブが正しく設定されると、上ペインのエージェントの「Status」が「OK」となり、下ペインには今登録したジョブが表示されます。

backup-150-evault-configured-agent

バックアップジョブの手動実行

では、登録したバックアップジョブを手動で実行してみましょう。下ペインで実行するジョブを選択し、「Run Backup」ボタンをクリックします。

backup-150-evault-configured-agent

バックアップの格納先「Destination」が表示されます。対象のベアメタルサーバのデバイス画面で表示されていた「EVault Server」であることを確認します。
Retention Scheme」とは、バックアップをどれだけの期間格納しておくかという設定です。「Daily」ならば1週間、「Weekly」ならば1か月間、「Monthly」ならば1年間、取得したバックアップが保存されます。なお、期間を過ぎてもバックアップは自動的に削除されない、とSoftLayerサポートから回答を頂いています。実際「Daily」設定でも1か月バックアップが残っていました。ただ、検証期間の関係上、これより長い期間での確認は取れていません。さらに詳しい情報はSoftLayerサポートにお問い合わせください。
ここでは「Monthly」を選択します。
Start Backup」ボタンをクリックすると、バックアップを開始します。

backup-160-evault-run-backup

バックアップの進捗が表示されるので、完了まで待ちます。

backup-170-evault-process

「Status」が「Backup completed」となればバックアップが完了しているので、「Close」ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。

backup-180-evault-process-complete-10-minute

SoftLayerポータル側でも、EVault WebCCで行ったバックアップの情報が反映されています。UsagePool Size0GBですが、そのうち反映されます。

backup-190-evault-backup

BMRによるリストア

では、取得したバックアップをリストアしてみましょう。なお、SoftLayerにおけるBMRリストアは、同一のベアメタルサーバへの書き戻しとなります。別のベアメタルサーバに対してのリストア(クローン)は未サポートであることに注意してください。

まずリストアによって元に戻ることを確認するため、デスクトップを変更しておきます。この例では、テキストファイルがある状態でバックアップを取ったので、そのテキストファイルを削除してしまいます。

restore-010-notepad-before

通常ならば、EVault BMR起動用ISOイメージを作成し、それからリストアしたいサーバを起動する必要がありますが、SoftLayerには「Evault BMR Rescue Kernel System」というOSが用意されているため、手早くリストアを開始できます。

ナビバーの「Storage」→「Backup」からEVault Backup画面を開き、対象のEVaultバックアップの左の▼マークをクリックして詳細を開きます。「EVault Plugin - BMR (Bare Metal Restore」欄の右に「Initial Bare Metal Restore」というリンクがあるので、これをクリックします。

restore-020-evault-backup-details

リストア処理を開始するかの確認ダイアログが表示されるので、問題なければ「Yes」ボタンをクリックします。この時点で対象のベアメタルサーバは強制停止されます。もし強制停止されたくない場合は事前に手動でサーバを停止しておきます。ここでは手順を省略します。

restore-030-do-you-really

EVault BMR Rescue Kernel Systemが起動するまで10分程度の時間がかかるので、しばらく待ちます。進捗はDevice Listの時計マークで確認できます。

restore-050-clock

起動したら、時計マークが消え、同時にメールでも通知されます。

Subject: Rescue Kernel loaded for server spss.bkrs.example.jp [XXX.XXX.XXX.XXX]

The rescue kernel has been loaded for server spss.bkrs.example.jp [XXX.XXX.XXX.XXX].

Please refer to the tutorial in the portal for login instructions.

SoftLayer Support

EVault BMR Rescue Kernel Systemには、VPN経由にてIPMIコンソールでアクセスすることになります。事前にVPN接続を行っておいてください。そして、対象のベアメタルサーバのDevice Detailsの「Actions」から「KVM Console」を選択します。

restore-070-kvm-console

IPMIコンソールのログイン画面が表示されるので、先のDevice Detailsの「Remote Mgmt」タブに表示されているIPMIユーザとパスワードを入力してログインします。

restore-080-ipmi-login

ログインしたら、ナビバーの「Remote Control」から「Console Redirection」を選択します。

restore-100-impi-console

Launch Console」ボタンをクリックすると、Javaアプリケーションのコンソールが起動し、EVault BMR Rescue Kernel Systemにアクセスできるようになります。

restore-110-launch-console

では、EVault BMR Rescue Kernel Systemを操作してリストアを始めましょう。まずタイムゾーンとキーボードの配列を選択できます。これはEVault BMR Rescue Kernel System 内での設定で、リストアするOSには関係しません。

restore-120-evault-top

ライセンス許諾が表示されるので、確認の上、チェックボックスにチェックを入れて「Next」ボタンをクリックします。

restore-130-license-agreement

メインメニューが表示されるので「Restore My System」のアイコンをクリックします。

restore-140-main-menu

まず、これから行う手順が表示されるので、確認の上「Next」ボタンをクリックします。

restore-150-wizard

バックアップを格納しているEVaultサーバへのログイン情報を入力し、「Next」ボタンをクリックします。

項目 内容
VaultIP 対象のEVaultサーバのIPアドレス。ホスト名ではないので、ホスト名から正引きしておく必要があります。SoftLayerポータルのナビバーのNetwork→ToolsからNSLookupを使って調べるとよいでしょう。
Account 対象のEVaultサーバのユーザ名から末尾の-Xを除いたもの。「SLE123456-1」なら「SLE123456」となります。
Username 対象のEVaultサーバのユーザ名。
Password 対象のEVaultサーバのユーザのパスワード。

restore-160-backup-location

バックアップしたサーバの名前が表示されるので、対象のサーバ名を選択して「Next」ボタンをクリックします。

restore-170-select-protected-system

バックアップジョブの名前が表示されるので、対象のジョブ名を選択して「Next」ボタンをクリックします。

restore-180-selcet-backup-job

ジョブによって取得されたバックアップの時間が表示されるので、リストアする時間を選択して「Next」ボタンをクリックします。

restore-190-select-restore-point

上のペインにバックアップ元のボリュームが表示され、下のペインにリストア先のボリュームが表示されます。この上のボリュームを下のボリュームにドラッグ&ドロップします。

restore-200-select-source-volume

処理方法を選択するダイアログが表示されるので、リストア先のボリュームをフォーマットしてからリストアする「Format」ボタンをクリックします。

restore-210-restoreapp

バックアップ元のボリュームをリストア先のボリュームに指定したことを確認の上、「Next」ボタンをクリックします。

restore-220-select-dest-volume

リストア処理の内容が表示されるので、確認の上、チェックボックスにチェックを入れて「Next」ボタンをクリックすると、リストアを開始します。

restore-230-restore-plan-summary

リストアの進捗が表示されるので、完了まで待ちます。

restore-240-restore-progress

リストアが完了したらダイアログが表示されるので「OK」ボタンをクリックしてダイアログを閉じてから、「Next」ボタンをクリックします。

restore-250-succuessfully-restored

チェックボックスにチェックを入れて「Finish」ボタンをクリックし、サーバを再起動します。

restore-260-congratulations

変更したデスクトップが元に戻っていることを確認します。

restore-290-notepad-after

まとめ

Windowsのベアメタルサーバを対象としたバックアップ方法であるEVault BMR (Bare Metal Restore)を用いたバックアップ/リストアを行ってみました。SoftLayerとEVaultバックアップソリューションが無理なく組み合わさり、扱いやすくなっています。是非利用してみてください。

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post