fbpx

CL LAB

HOME > AquaSecurity > CL LAB > クラウドネイティブセキュリティに制約のない柔軟性をもたらす #aqua #コンテナ #セキュリティ

クラウドネイティブセキュリティに制約のない柔軟性をもたらす #aqua #コンテナ #セキュリティ

 ★ 4

本ブログは「Aqua Security」社の技術ブログで2020年7月21日に公開された「 Bringing Unconstrained Flexibility to Cloud Native Security 」の日本語翻訳です。

クラウドネイティブセキュリティに制約のない柔軟性をもたらす


Aqua を立ち上げ、クラウドネイティブの旅を始めてから4年という短い期間で、私たちは皆、劇的な変化を経験してきました。この間、我々はいくつかの新製品を市場に投入しました。私たちは Docker の台頭を目の当たりにし、その後その衰退を目の当たりにしました。Kubernetes の人気が高まっていることを認識したため、それに合わせて機能の方向性を調整しました。クラウドネイティブがコンテナだけでなく、サーバーレスや VM セキュリティを含むように拡大していく中で、私たちはそれに対応してきました。また、パブリッククラウド・プライベートクラウド・ハイブリッドクラウド・オンプレミスにおけるデジタルトランスフォーメーションの継続的な進化にも対応しています。

このような変化を先取りするために、私たちはクラウドネイティブ技術の開発を加速し、サポートするユースケースの数を増やしました。 また、セキュリティを向上させるチャンスがあることに気づき、クラウドネイティブ機能を活用して最新のセキュリティルールを適用しました。そのために我々は、さらに広範で、より堅牢、かつ統合された機能群を備えた完全なクラウドネイティブアプリケーション保護プラットフォームを発表します。これにより、クラウドワークロード保護プラットフォーム(CWPP)・クラウドセキュリティ態勢管理(CSPM)・DevSecOps がシームレスに統合されます。

私たちはクラウドネイティブのセキュリティ企業であることの意味を再定義しています。開発者をセキュリティの重責から解放し、お客様がセキュリティ上の制約を最小限に抑え、運用できるようにすることに重点を置いています。

ソリューションの変化

ではこのような変化に業界はどのように対処してきたのでしょうか。当初市場が未成熟であったため、ほとんどのセキュリティチームは特定のセキュリティ問題を解決するために、異なった断片的なソリューションを組み合わせていました。しかし、市場が成熟していくにつれ、企業がハイブリッド環境を戦略的な選択肢としていることが明らかになってきました。個別のテクノロジースタック、さまざまなオーケストレーションプラットフォーム、複数のパブリック/プライベートクラウドなどがあります。残念なことに、それぞれに異なるセキュリティソリューションを実装するため、必要なオーバーヘッドは手に負えないものとなっています。

色々と考えていく中で、私たちはお客様と密接に協力しながら、事実上すべてのものを高度に自動化して、共通のコントロールを備えた単一のセキュリティプラットフォームを構築・維持することを目標に設定しました。また、大規模なセキュリティプラットフォームを実現すために、独自のインフラストラクチャと社内スタッフを動員することができるお客様もいれば、自動化により簡単に採用できる「手間のかからない」ソリューションを必要とするお客様もいることを認識しています。

今日までの軌跡

私たちがこの事業をスタートしたとき、この市場はお客様と私たちにとって新しいものでした。しかし、毎年2倍以上のペースで成長し、現在では500社以上の企業顧客にサービスを提供しているため、知識・顧客・製品提供の面で成長することができました。

しかし、業界全体が成功しなければ成功できないと強く信じているため、CNCF に積極的に貢献し、クラスをリードするオープンソースイニシアチブを推進し、クラウドネイティブセキュリティの思想的リーダーシップを提供しています。

いくつかのセキュリティ会社が買収され、他の会社がコンテナのみに焦点を当て続ける中、私たち Aqua はお客様のために最高のクラウドネイティブソリューションを創造するという決意を堅持していました。 実際、現在では他に類を見ない専門知識とセキュリティ能力を備えた最大のクラウドネイティブセキュリティベンダーとして、羨望の的となっています。

昨年我々は CloudSploit(現 Aqua CSPM)の買収によりポートフォリオをさらに拡大し、クラウドインフラストラクチャセキュリティの実質的な新レイヤーを追加しました。ガートナー社の主要アナリストが推奨するように、我々はクラウドネイティブのビルドプロセス・インフラストラクチャ・ワークロードをカバーするダイナミックな CWPP/CSPM セキュリティプラットフォームを提供しています。もはや小規模な新興企業ではありませんが、要件の変化に応じて方向性を転換する機敏性を備えています。この組み合わせにより、大規模な既存の企業に対して、とても効果的に競争することが可能です。

未来は今日からはじまる

Aqua Security は企業が開発から運用までクラウドネイティブアプリケーションのセキュリティを確保しつつ、アプリケーションのデプロイを加速し、DevOps と IT セキュリティの間のギャップを埋めることを目的としており、今後も変わることはありません。しかし、イノベーションは提供するソリューションだけではなく、パッケージや提供方法にも影響を及ぼすことがあります。これは我々の継続的な進化とお客様へのコミットメントを反映しています。

クラウドへの移行が加速する中、業界では柔軟性が求められています。1つのクラウドや1つのサービスに縛られる時代は終わり、今では好きな場所でビジネスを行うことができます。Aqua ではお客様に制約を受けることなく自由にビジネスを展開していただきたいと考えています。脆弱性や悪質な攻撃者の心配から解放され、より迅速な開発が可能になります。自由にビジネスの差別化を図り、顧客に価値を提供できます。

そして、このすべての自由はあなたが思っているよりも簡単に手に入れることができます。Aqua Security で自由を手に入れましょう。

New call-to-action

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post