fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > AquaSecurity > Aquaを使うならこんなふうに 第5回 AquaのImage Scanについて(4) #aqua #container #security #コンテナ #セキュリティ

Aquaを使うならこんなふうに 第5回 AquaのImage Scanについて(4) #aqua #container #security #コンテナ #セキュリティ

 ★ 143

イメージスキャンについて(4)

前回は、イメージスキャンのUIについて説明しました。今回は、Image Assurance Policy について説明します。

Image Assurance Policy

Image Assurance Policyは、イメージスキャンの際にチェックするセキュリティ項目を定義するポリシーです。Image Assurance Policyは、以下の要素で構成されます。

  • Application scopesAdditional scope criteria
    ポリシーが適用されるイメージのセットを定義します。

  • Actions
    イメージがImage Assurance Policyに違反した場合の、Aquaの対応を設定します。

  • Exceptions
    Image Assurance Policy の評価の例外とするアイテムを設定します。
  • Controls
    イメージスキャンの結果に基づいて評価される、個々のテストを設定します。

Application scopesとAdditional scope criteriaに、ポリシーの適用範囲を設定できます。今回は、Actions、Exceptions、Controlsについて説明します。

Actions

特定のImage Assurance Policy に違反した場合、イメージに対して以下のActionを実行します。これらActionは、複数選択できます。

Create an audit message when image failed:

イメージが違反した場合、監査メッセージを作成します。ポリシーに違反した理由を示すエントリが監査ログに追加されます。

Fail the Aqua step in CI/CD:

CI/CD プロセス中にスキャンされたイメージビルドはFailedとしてマークされます。これにより後続処理(レジストリへのプッシュなど)の実行を制御できます。

Mark failed images as non-compliant

ポリシーに抵触したイメージは「non-compliant」というステータスが付けられます。これは、Container Runtime Policyにて「Block Non-compliant Images」を有効にすれば、該当のイメージを利用したコンテナ化を防ぎます。

Exceptions

Exceptionsは、Image Assurance Policy 評価の例外として扱われます。

Ignore vulnerabilities that have no available fix:

fix版がリリースされていない脆弱性を無視します。これを選択した場合、既知の解決策がない脆弱性はポリシー違反としません。

Ignore vulnerabilities that were published in the last [nn] days:

直近nn日以内に公開された脆弱性を無視します。新しい脆弱性であることから悪用される可能性が低い脆弱性に対して、1~999日の「猶予期間」を設定できします。

Ignore specific vulnerabilities:

特定の脆弱性(CVE-2019-1234 など)を指定し、それを無視します。

Ignore vulnerabilities and malware found in specific path

任意の数のパス(リソース)を一覧として設定できます。指定したパスで見つかった脆弱性やマルウェアは、ポリシー違反としません。パスは gitignore 構文で入力する必要があります。

Controls

Controlsは、Image Assurance Policyごとに定義されるテスト項目です。Image Assurance Policy には、以下のControlを含めることができます。

Approved Base Image

設定されたイメージをベースイメージとしていない場合、失敗とします。

CVEs Blocked

指定された脆弱性のいずれかがイメージに含まれている場合、失敗とします。

Dynamic Threat Analysis

このコントロールにより、Aqua Dynamic Threat Analysis (DTA)によるイメージスキャンが可能になります。このコントロールは、選択された深刻度(低、中、高、クリティカル)以上の問題がDTAスキャンで検出された場合に、失敗とします。

Images Allowed

許可されたイメージを設定します。ここで設定したイメージは、すべて成功とします。このControlは、Default Image Assurance Policyでしか表示されません。

Images Blocked

許可しないイメージを設定します。ここで設定したイメージは、全て失敗とします。このControlは、Default Image Assurance Policyでしか表示されません。

Labels Forbidden

指定されたDockerオブジェクトラベルが含まれている場合、イメージを失敗とします。キーのみを指定した場合、そのキーはイメージ上に存在しなければなりませんが、値は任意となります。キーと値のペアを指定した場合、キーは指定した値と一緒に存在しなければなりません。下記のLabel Requiredと反対の動作をするコントロールです。

Label Required

指定されたDockerオブジェクトラベルがすべて含まれていない場合、イメージを失敗とします。キーのみを指定した場合、そのキーはイメージ上に存在しなければなりませんが、値は任意となります。キーと値のペアを指定した場合、キーは指定した値と一緒に存在しなければならなりません。上記のLabels Forbiddenと反対の動作をするコントロールです。

Malware

イメージにマルウェアが含まれている場合、失敗とします。

MicroEnforcer

Aqua MicroEnforcerがイメージのエントリーポイントとして設定されていない場合、失敗とします。

Aqua MicroEnfocerは、AWS FargateやMicrosoft Azure Container Instances(ACI)などのCaaS(Containers-as-a-Service)環境で動作するコンテナの、ランタイムセキュリティを提供します。

OS Package Manager

Aquaがスキャンを完了するために必要とするOSパッケージマネージャ(apk、dpkg、rpm)が含まれていない場合、イメージを失敗とします。

OSS Licenses Allowed

選択した OSS ライセンスのいずれかがイメージに存在する場合、イメージを成功とします。

OSS Licenses Blocked

選択した OSS ライセンスのいずれかを必要とする場合、イメージを失敗とします。

Packages Blocked

指定されたパッケージが含まれている場合、イメージを失敗とします。

Required Packages

指定されたパッケージすべてが含まれていない場合、イメージを失敗とします。

SCAP

ユーザーは、OVAL(Open Vulnerability and Assessment Language)形式のスクリプトを追加でき、スクリプトが適用されたイメージにSCAP(Security Content Automation Protocol)スキャンを適用します。OVALファイルで定義された設定のいずれかに違反した場合、イメージを失敗とします。

Sensitive Data

RSA 鍵などの機密データが含まれている場合、イメージを失敗とします。

Superuser

root(Linux)もしくはContainer Administrator(Windows)で実行するように設定されたイメージは、失敗とします。

Vulnerability Score

選択された値以上のスコアの脆弱性を含む場合、イメージを失敗とします。

Vulnerability Severity

選択された深刻度以上の脆弱性を含む場合、イメージを失敗とします。

終わりに

今回は、Image Assurance Policyについて解説しました。Image ScanImage Assurance Policyの動画を公開していますので、こちらも参考にしてください。次回は、Aqua独自の機能であるDTAについて説明します。次回をお楽しみに。

Aqua に関する最新情報はこちらをご覧ください。

New call-to-action

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

新規CTA