fbpx

HOME > News > PRESS > 経済産業省殿「平成23年度医療・介護等関連分野における規制改革・産業創出調査研究事業(医療・介護周辺サービス産業創出調査事業)」において 「“医療のまち”モデル地区に向けた総合生活産業創出調査事業」を受託

経済産業省殿「平成23年度医療・介護等関連分野における規制改革・産業創出調査研究事業(医療・介護周辺サービス産業創出調査事業)」において 「“医療のまち”モデル地区に向けた総合生活産業創出調査事業」を受託

2011年9月27日

医療法人社団KNIを代表団体とし、株式会社北原脳神経外科病院、クリエーションライン株式会社、 株式会社マイファームで構成されます「医療のまちづくりコンソーシアム」は、経済産業省「平成23年度医療・介護等関連分野における規制改革・産業創出調査研究事業(医療・介護周辺サービス産業創出調査事業)」において「“医療のまち”モデル地区に向けた総合生活産業創出」をテーマとした調査事業を実施することとなりました。

少子高齢化が進み、医療崩壊が現実のものとなりつつある今日、医療は経済を圧迫する分野ではなく、新たな成長分野としての側面を捉えた「保険」に代わる新しいサービス・社会システムの構築が求められております。

医療法人社団KNIにおいては以前より、地域通貨・保険外診療の充実といった新たな取り組みを行って参りました。これを集約するものとして「医療のまちづくりコンソーシアム」を構成し、地域全体をサポートする新しいまちづくりを仕組みづくり(総合生活産業創出調査事業)を行うに至りました。

今年度実施する具体的内容としましては、

1.  ファーム事業の立ち上げとそれに付随する健康サービスの調査・実証

2.  既存にはない、保険外の健康・生活サービス構築・提供

3.  新たな社会システム構築に向けた基盤作り(地域通貨・生活と健康のネットワークなど)

を予定しております。

医療機関が「病院」の枠を超え、民間企業と連携し独自のビジネス展開の必要性・その方法について提示すること、地域特性を活かし持続可能な産業として“ファーム”を成立させ実現可能なまちモデルとして提示するということは、未だかつてない取り組みです。

“医療のまち”モデル地区の創出、さらには八王子をモデルとして国内外に同様の社会変化(まちおこし)を実現させるべく、今年度上記事業を実施致します。

なお、本調査事業は2011年6月から2012年2月末まで実施予定です。

<本事業概要>
コンソーシアム等名称:医療のまちづくりコンソーシアム

事業名:“医療のまち”モデル地区に向けた総合生活産業創出調査事業

代表団体名:医療法人社団KNI
 →事業のコーディネート、医療生活サービス創出・運営、人材育成事業、総合生活産業コンサルティングなど

参加団体:
○株式会社北原脳神経外科病院
 →保険外診療リハビリテーションの実施医療・生活サービス、人材育成事業など
○クリエーションライン株式会社
 →ITシステム・ネットワークの開発・運営など
○株式会社マイファーム
 →農園運営・管理、農と健康の情報発信など

実施地域:八王子市
対象分野:
1)疾病予防・糖尿病等生活習慣病の重症化予防のための疾病管理
2)介護予防
3)リハビリ・生活支援
4)生活支援・看取り

対象テーマ:
a)医療機関主体によるサービスモデル
b)医療・介護・民間・行政連携モデル
c)保険者を対象としたサービスモデル
d)有資格者活用サービスモデル
e)産業創出に向けた基盤整備

【本件に関する問い合わせ先】

<医療法人社団KNI>

医療のまちづくりプロジェクト 副総括事業代表者(理学療法士)

高田 裕子

TEL:042-645-1356 問い合わせフォーム:http://www.kitaharahosp.com/group/contact/

<クリエーションライン株式会社>

医療クラウド推進室 湊 弘之

TEL:03-6228-3555 E-mail: h-minato@creationline.com

<株式会社マイファーム>

広報部 西辻 一真

TEL:075-708-2105