Mirantis製品リリース&サポート 最新情報(2023年11月&12月)#Mirantis

Mirantis製品のリリース情報をお届けします。

本稿はMirantis社のリリースノートからの抜粋となります。最新のリリース情報につきましてはMirantis社のリリースノート全文をご確認ください。

Mirantis製品リリース情報をお知らせするメールや、Mirantis & Kubernetes ニュースレターへのご登録はこちらです。


MCR(Mirantis Container Runtime/旧Docker Enterprise Engine)

MCR 23.0.8 (2023-11-20)

MCR 20.10.21 (2023-11-20)

重要:MCR 20.10.z 2023-12-10 で EOL となり、サポートが終了します。早急に MCR 23.0.z へのバージョンアップを検討・実施してください。


MKE(Mirantis Kubernetes Engine/旧Docker Enterprise & Universal Control Plane)

MKE 3.7.2 (2023-11-20)

重要:

  • Kubernetes 1.27.4では、in-tree AWSクラウドプロバイダが削除されました。そのため、Kubernetes 1.27.4を採用しているMKE 3.7.0は、in-tree AWSクラウドプロバイダをサポートしていません。もしあなたのMKEでin-tree AWSクラウドプロバイダを利用しているなら、代替の外部AWSクラウドプロバイダへの移行手順をサポートする、今後リリース予定のMKE 3.7.zへアップグレードを延期する必要があります。
  • もしin-tree AWSクラウドプロバイダを利用しているMKEをバージョン3.7.0にアップグレードしようとすると、次のエラーとなります。
    • Your MKE cluster is currently using the AWS in-tree cloud provider, which Kubernetes no longer supports. Please defer upgrading to MKE 3.7 until a version that supports migration to an alternative external AWS cloud provider is released.

MKE 3.7.3 (2023-12-04)

重要:

  • Kubernetes 1.27.4では、in-tree AWSクラウドプロバイダが削除されました。そのため、Kubernetes 1.27.4を採用しているMKE 3.7.0は、in-tree AWSクラウドプロバイダをサポートしていません。もしあなたのMKEでin-tree AWSクラウドプロバイダを利用しているなら、代替の外部AWSクラウドプロバイダへの移行手順をサポートする、今後リリース予定のMKE 3.7.zへアップグレードを延期する必要があります。
  • もしin-tree AWSクラウドプロバイダを利用しているMKEをバージョン3.7.0にアップグレードしようとすると、次のエラーとなります。
    • Your MKE cluster is currently using the AWS in-tree cloud provider, which Kubernetes no longer supports. Please defer upgrading to MKE 3.7 until a version that supports migration to an alternative external AWS cloud provider is released.
  • 廃止
    • Kubernetes 1.27.4では、in-tree AWSクラウドプロバイダが削除されました。そのため、Kubernetes 1.27.4を採用しているMKE 3.7.0は、in-tree AWSクラウドプロバイダをサポートしていません。もしあなたのMKEでin-tree AWSクラウドプロバイダを利用しているなら、代替の外部AWSクラウドプロバイダへの移行手順をサポートする、今後リリース予定のMKE 3.7.zへアップグレードを延期する必要があります。
    • もしin-tree AWSクラウドプロバイダを利用しているMKEをバージョン3.7.0にアップグレードしようとすると、次のエラーとなります。
      • Your MKE cluster is currently using the AWS in-tree cloud provider, which Kubernetes no longer supports. Please defer upgrading to MKE 3.7 until a version that supports migration to an alternative external AWS cloud provider is released.

MKE 3.6.8 (2023-11-20)

重要:MKE 3.6.z の EOL は 2024-10-13 が予定されています。重要:MKE 3.6.8にはMCR 20.10.13以降が必要です。

MKE 3.6.9 (2023-12-04)

重要:MKE 3.6.8にはMCR 20.10.13以降が必要です。

MKE 3.5.x

重要:Mirantisは2023年11月22日をもってMKE 3.5.xのサポートを終了いたしました。


MSR(Mirantis Secure Registry/旧Docker Trusted Registry)

MSR 3.1.1 (2023-11-20)

  • リリースノート:https://docs.mirantis.com/msr/3.1/release-notes/3-1-1.html
    • MSR3.1のパッチリリース。下記の変更を含む。
      • クロスインストールMMTの抽出と復元
      • 同じタグでイメージを上書きした場合に通知
      • ノード数に間違いの可能性がある場合、コマンドの実行時にエラーメッセージを表示
      • MSRのウェブUI上のOrganizations画面に検索フィールドを追加
    • Mirantis Migration Tool (MMT) のリリースノートは、Mirantis Migration Tool ガイドをご参照ください。
  • 主要コンポーネントのバージョン詳細は Major component versions を参照
  • セキュリティ情報
    • MSRの脆弱性修正のため次のミドルウェアコンポーネントを更新
      • Golang をバージョン1.20.10に更新
      • NGINX をバージョン1.24.0に更新

MSR 3.0.10 (2023-11-13)

MSR 2.9.15 (2023-11-13)

  • リリースノート:https://docs.mirantis.com/msr/2.9/release-notes/2-9-15.html
    • MSRの Web UI上のOrganizations画面に検索フィールドを追加。クラスタ上の多数の組織がフィルタリング可能に。
    • 同じタグでイメージを上書きしようとした場合の警告を改善。以前は「エラー500」とエラーメッセージが表示されていたが、現在は拒否される。 リポジトリはimmutableと表示される。
  • セキュリティ情報
    • 脆弱性解消のため、次のコンポーネントを更新。
      • Alpine をバージョン3.18に更新。
      • Golang をバージョン1.20.10に更新。
      • NGINX をバージョン1.24.0に更新。

EOL情報

EOLとはEnd of Lifeの略で、ベンダーによるサポート期間が終了する状態を指し、重大なバグや脆弱性が発見されても、パッチリリースや修正が行われない状態を指します。Mirantis製品のライフサイクルは2年です。そのため、定期的かつ計画的なバージョンアップメンテナンスが運用上の必須事項となっております。

詳細はMirantis社のメンテナンスライフサイクルページをご参照ください。

※MCRはバージョンアップに伴い、古いバージョンのOSはサポートがなくなる場合がございますので、OSの定期的なバージョンアップも必要となります。詳細はリリースノート内のcompatibility matrixページをご参照ください。

現在サポートが終了している(EOL)バージョン

MKE、MSR、MCRのEOLバージョンはこちら

次にサポートが終了するバージョン


日本語商用サポート付きMirantis製品(旧Docker Enterprise)に関するお問い合わせはこちら

新規CTA