GitLab 16.6 製品アップデートニュース #GitLab #GitLabjp

製品アップデート

2023年11月16日にリリースされたGitLab 16.6の製品アップデートをお知らせします。同月に追加された25以上の新機能のうち、主なものを抜粋して紹介しています。この内容はGitLab社のリリースブログを要約したものです。

本リリースでは、GitLab Duo Chatを始めとしていくつかの新しい機能がベータリリースされました。

機能追加

GitLab Duo Chatがベータ版で利用可能に (SaaS Ultimate)

GitLab Duo Chatはベータ機能としてGitLab.comで利用可能です。また、実験的な機能として、Web IDEとVS Code用のGitLab Workflowエクステンションにも統合されています。

例えば以下のような使い方ができます。

  • イシュー、エピック、コードを説明したり要約したりする。
  • イシューで提案された解決策について、コメントで提起されたすべての議論を収集する。
  • 資材の情報に基づいて、コードやコンテンツを生成する。例:"このコードのドキュメントを書けますか?"
  • 単にゼロから始めることも可能。例:"GitLab CI/CDパイプラインでRuby on Railsアプリケーションをテストしてビルドするための.gitlab-ci.yml設定ファイルを作成する "。
  • DevSecOps関連の質問に答える。例:"REST API の動的なアプリケーション・セキュリティ・テストはどのように設定できますか?" 
  • フォローアップの質問をすることも可能。

Duo Chat を使ってみた感想を、製品内またはこちらのイシューからフィードバックして、機能の成熟にご協力ください。

詳細はこちらをご覧ください。(英語版)
詳細に関する動画はこちらをご覧ください。(英語版)

CI/CDコンポーネントがベータ版で利用可能に

GitLab 16.1で実験的機能としてリリースしたCI/CDコンポーネントが、本リリースでベータ版になりました。コンポーネントのフォルダ構造も改善しました。すでに実験版のCI/CDコンポーネントをテストしている場合は、新しいフォルダ構造に移行してください。ここでいくつかの例を見ることができます。古いフォルダ構造は非推奨であり、今後数回のリリースで削除する予定です。

CI/CDコンポーネントと合わせて、現在実験的な機能として利用可能な新しいCI/CDカタログもぜひお試しください。グローバルCI/CDカタログでは、他の人が作成し公開しているコンポーネントを検索することができます。さらに、あなたが独自に作成したコンポーネントもカタログに公開することができます!

詳細はこちらをご覧ください。(英語版)

すべてのユーザーに一貫したナビゲーション体験を

GitLab 16.0で導入された新しいナビゲーションは、その後多くの改善が行われました。そのため、本リリースから、古いナビゲーションにフォールバックする機能が削除されました。新ナビゲーションの改善は今後も継続されます。

新しいナビゲーションでは以下のことができます:

  • メニュー項目をピン留めして、よく使うプロジェクトやグループの項目を一番上に保存する
  • ナビゲーションを非表示にすることで、より広い画面を表示する
  • キーボードショートカットを使ってメニュー項目を簡単に検索できる
  • 以前のナビゲーションで使用していたすべてのテーマを引き続き使用可能

詳細はこちらをご覧ください。(英語版)

その他にも便利な機能追加がありました

詳細はリンクをご覧ください。

ご質問・ご相談

GitLabに関するご相談・お見積りをご希望される場合など、お気軽にご連絡ください。

New call-to-action
新規CTA