【コラム】スゴイAIがあらわれた!

自然言語処理案件やAIソリューション開発案件をリードしている黒田です。今回は現在の新たな活動でもある組織のAICoE立ち上げに関して思うところがありコラムを書いてみました。ここでのAICoEはロールプレイングゲームの「プロデューサー」として、一般社員はゲームの「プレイヤー」としての立場を想定しています。この記事の画像はDALL·E3で生成し、記事の作成にはChatGPT(GPT-4)を活用しています。

あなたは有名なロールプレイングゲームの主人公です。あなたが「ヤリガイ」という宝を追い求め冒険の旅をしていると突然「スゴイAI」が目の前にあらわれました。

スゴイAIがあらわれた!

あなたには、三つの選択肢が提示されます。「たたかう」、「にげる」、「ようすをみる」です。

あなたならどうする?

実際に選んでみましょう!(それぞれの章にジャンプします)

「たたかう」を選んだあなたへ

「たたかう」を選んだあなたは、AIに依存せずに自分の力だけで業務をこなすことを選択しました。この選択は、伝統的なスキルと既存の方法に固執することを意味しているかもしれません。この道を行くと、AIの助けを借りずに全てを行うことで、技術の進歩から取り残されるリスクがあります。

初めは、AIを使わないことで、スキルを磨き、問題解決能力を高めることができるでしょう。しかし、時間が経つにつれて、効率性やスピードでAIを使用する競合他社に遅れを取る可能性があります。業務の複雑さや量が増えた場合、限界に達し、ストレスや疲弊を感じるかもしれません。

しかし、この選択が必ずしも負の結果に終わるとは限りません。AIを使わないことで、あなたは人間特有の創造性や直感、個人の対人関係スキルを活かす業務に特化することができるでしょう。それにより、AIでは代替不可能な価値を提供することが可能です。

最終的に、AIを完全に拒否するのではなく、自分のスキルとAIの能力を組み合わせることで、最大の効果を得るバランスを見つけることが大切です。自分の力を信じつつも、新しい技術を取り入れ、それを自分の成長と業務の効率化に活用することが、未来への鍵になるでしょう。

「にげる」を選んだあなたへ

「にげる」を選んだあなたは、AIの急速な発展に対する不安や恐れから、その情報を避けて生活しています。この選択は、変化に対する抵抗感や新しい技術への不信感を表しているかもしれません。

最初は、AIに関する情報を避けることで、安心感やコントロールを得られるかもしれませんが、長期的には、社会や業界内での変化に適応する機会を逃すことになります。技術は進歩し続け、AIが一般的なツールとなる中で、避け続けることは、職業的なスキルや知識が時代遅れになるリスクを伴います。

しかし、「にげる」は一時的な回避であり、時間を置いてから再びAIに向き合う準備をするという意味もあるかもしれません。この期間を利用して、AIについて学ぶ、自分のスキルを磨く、または変化に対する心理的な準備をすることで、最終的にはAIを受け入れ、利用する準備ができるかもしれません。

AIを避け続けることは、新しい職場環境や社会に適応するチャンスを失うことにつながるかもしれませんが、準備と適応のためのステップとして活用することで、最終的にはポジティブな結果につながる可能性があります。重要なのは、適切なタイミングでAIに対する理解を深め、それを自身の成長や社会の利益に活用する方法を見つけることです。

「ようすをみる」を選んだあなたへ

「ようすをみる」を選んだあなたは、AIの発展を冷静に観察しながら、自分の業務に役立つかどうかを慎重に判断しています。このアプローチは、急激な変化に対する懸念を持ちつつも、新しい技術を受け入れる可能性に開かれていることを示しています。

この戦略は、AI技術の真の価値と可能性を理解し、自分自身や組織にとって最適なタイミングでAIを採用するという利点を持っています。AIが十分に成熟し、その効果が明確になるのを待つことは、無駄な投資や時間を避けるための賢い選択である可能性があります。

また、この期間にあなたはAIの進化を見守りながら、必要なスキルや知識を身につけ、自分自身をAIと協働できるように準備することができます。AI技術が成熟したと判断した時、効率的に導入し、業務に統合するための準備が整っているでしょう。

最終的に、「ようすをみる」は、無理なく技術の進歩に適応し、自身の業務やキャリアを強化するためのAIの活用方法を見出すことにつながります。この選択は、AIと人間の共存というバランスを見つけるための賢明な方法であり、結果として、あなたの業務や個人的な成長に大きな利益をもたらす可能性があります。

そして、「ようすをみる」ことで新たな選択肢「なかまにする」が現れます。

「なかまにする」を選んだあなたは、AIを単なるツールではなく、協力者として受け入れることを選びます。このアプローチは、AIの持つ潜在能力を活用し、自身の業務や創造性を向上させることに焦点を当てています。

AIを仲間にすることで、あなたはデータ分析、日常的なタスクの自動化、複雑な問題解決など、多岐にわたる業務を効率化できる可能性があります。これにより、時間が節約され、より戦略的かつ創造的な作業に集中できるようになるでしょう。

また、AIをチームの一員として迎え入れることは、新しいアイデアやソリューションを生み出すための新たな方法を提供します。AIの分析能力と人間の直感を組み合わせることで、あなたは業界内での競争力を高め、イノベーションを推進することができるでしょう。

最終的に、「なかまにする」選択は、技術と人間が協力し合う未来への適応を意味します。この結果、あなたの業務はよりスマートになり、個人としてのスキルセットも拡張し、新しい可能性が開かれることになります。業務の成果は高まり、キャリアパスも新たな方向性を示すことになるでしょう。

伝えたかったこと

本コラムでは、新しい技術である生成AI(以下AI)がもたらす変化に対する様々な対応と、それが個人や社会に与える影響をロールプレイングゲーム形式で探りました。現実世界で私たちが遭遇するテクノロジーの進化への反応は、「戦う」「逃げる」「様子を見る」「仲間にする」といった選択肢を通じて象徴的に示されています。

AIとの直接的な対決は、その能力を知ることで自己のスキルを磨く機会となり、AIのレベルを認識せずに挑む場合は、必要な知識や技術の更新を見逃すリスクを伴います。一方でAIから逃れることは、変化に対する準備の時間を得ることを意味します。静観して情報を集めることは、知識を蓄え、AIの進化に適時適切に対応するための基盤を築きます。そして、AIを仲間に迎え入れることで、相互に補完し合う関係を築き、協力して取り組むことが、互いの能力を向上させ、新たな領域での成長を実現します。

このコラムの核心は、避けがたいAIの共存の現実において、私たちはAIの進化に警戒しつつも、日々の業務において人間独自の能力を発揮すべき領域とAIに任せるべきタスクを見極めるべきだということです。

AIは敵ではなく、その力を正しく理解し活用すれば、私たちの能力を増強し、業務の効率を向上させる有力な支援者となり得ます。技術の進歩は不可避であり、その波に乗り、個人として、また企業として最大の利益を得る方法を見出すことが肝要です。

読者の皆様には、AIとの上手な付き合い方を考え、共に成長する道を模索していただければ幸いです。またご好評をいただけるようでしたら、次回は「様子を見る」を深掘りしようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

We're Hiring!

クリエーションラインでは、生成AIをはじめとする新たな技術を積極的に取り入れ、弊社が目指すビジョン「IT技術によるイノベーションにより顧客とともに社会の進化を実現する」を一緒に進めていく開発メンバーを募集しております。特にAI/ML経験者、自然言語処理経験者は大歓迎です!
ご関心のある方は弊社のお問い合わせページより、是非お気軽にご連絡ください! 一緒に社会を変えたい開発者・エンジニアの皆様の応募を心よりお待ちしております!

Author

自然言語処理案件とLLM活用案件をリード。LLM活用のその先を探求中。情報共有とナレッジ活用に注力。人の強みを引き出し活かせる仕事に存在意義を感じる今日この頃。趣味は旅行や食べ歩き。気に入った風景は360度撮影し、食事は3D撮影してから戴きます。

r-kurodaの記事一覧

新規CTA