fbpx

CL LAB

HOME > Blog > Tadahiro Yasuda > リモートワークに関しての社内アンケート結果 #フルリモートワーク #働き方

リモートワークに関しての社内アンケート結果 #フルリモートワーク #働き方

 ★ 39

先日、Weekly朝会の際に実施した社内向けアンケートの結果が興味深い内容でしたので、ここで共有したいと思います。

まずはアンケート結果をごらんください。

興味深い結果ですね。
リモートワークが合っているし、作業効率もあがったし、今後も続けたい。というリモートワークの申し子という方々が30%以上いそうです。一方で、リモートワークは合っているかはわかんないし、作業効率は上がっているかはちょっと自信ない、けどリモートワークは継続したいという方々も一定数いそうです。
いずれにせよ、リモートワークを継続したいと強く考えているひとが6割以上いるということが理解できました。

また、「リモートワーク この1年間+αでの感想」についても多くの回答をいただけたので、ここで一部抜粋して共有したいと思います。

リモートワーク この1年間+αでの感想

全国および海外の方々とぐいぐい仕事できるのが楽しいです。たまにリアルで会える機会があるといい気がします。色んな生活様式に対応できるので助かります。
出勤ストレスはなくなったが、リアルで人と会えた方が元気が出るし距離感が近く気がする。リモートワークで生活のリズムが崩れている気はする。ワーケーションなどで場所関係なく仕事できるのは非常に良い。

元々自分で合ってる働き方なのでCLがフルリモートになっても働き方は変わらなかったです。自粛状況にこんなに早くリモート対応できるのもCLの文化+技術の柔軟性じゃないかなと思います。

社会人になって以来、リモートワークが一般的な世の中になるといいと考えていたので、社会がそのように変化したことは個人的にとてもうれしいです(コロナがきっかけとはいえ)。これからもうまくバランスをとっていきたいです。

最初は慣れるまで時間がかかりましたが、しばらく継続しているとペースがつかめてきました。リモートワークありきの生活になってしまったので今後もこれでお願いしたいです~。

通勤ストレスがなくてよかったです。ただし、たまには(月1回くらい)はリアルでお会いしたいです。

リモートワーク期間にプライベートでも色々あったので、ある意味タイミングが良かった

仕事及び、プライベートの作業効率、満足度、充足感が飛躍しました。

通勤時間に消費していた時間と体力を、スキルアップのための勉強時間にできた

基本フルリモートの方が、一部リモートよりもコミュニケーションが改善された。

リモートワークに変わったことによって、作業環境が安定して快適に働けています。

フルリモートしか経験したことがないですが、通勤がないのが一番楽です。

通勤なしは快適だけど、秋葉原のランチ食べたい

Zoomの大人数の会議が疲れるのをなんとかしたいです

手術の影響もあり、リモートワークでなければまともに会話もできない状況になっていると思う。地方の方が増えた事もいいと思うし、多様性のある会社になるためにはとてもいいと思う。

フルリモートにしていただいて、子供も家に帰ってきたら親がいるし、夕飯の支度もすぐ取りかかれるし、通勤で消耗しないので心に余裕ができました。

外出のストレスがないのは、たいへんありがたい。

体重と体脂肪率も右肩上がり。

たまには出社したい(距離的に厳しいけど、、)

体調を崩して、半年くらい雑談タイムを取れていなかったので、もう少し積極的に、それも自然に雑談タイムを取れるようにしたい。

PCの前に座ってる時間が異常に長くなってきてる。

IT業界には合ってる感じです、今後IT業界はこんな感じになっていくのかなと(データセンター業務を除く)

良い経験させてもらってます。感謝しかありません!

リモート商談のスキルも上がった

前職から、もともとリモートワークをやっていたので、特に違和感はないです。コロナがもう少し収まったら、ちょっとずつオンサイトも取り入れていければなと思ってます。

なんだかんだ他部署とのコミュニケーションが減りました。もっとoViceに。

仕事上の自分時間も取れるように感じています。移動拘束時間などもないため、ライフスタイルの余裕も持てているので、仕事と生活が初めて両立できているなと感じています。

途中参加かつ初めてのリモートワークだったので、比較はできませんが朝のMTGは必要だと思います。

手すき時間に庭いじりできて最高

通勤時の感染リスクの心配などなく仕事ができるので大変感謝しています

だいぶなれました。最初の方はなれずに戸惑ってましたが、住めば都みたいな感じでした。

家庭と健康を大事にできる、いいものでした

リモートワークがあっていると思っていたけれど、1年続けているとたまに顔を合わせて話したくなってきました

移住しても安心して働ける状態はとてもありがたかったです。対面で会うことで、お互いの人となりを知ることを改めて感じたので、チームビルディング目的で対面できる場所に集まろうということを、今後の状況を踏まえながら実現しやすい仕組みを作っていけたらより良い仕事ができるようになると思いました。

業務時間を柔軟に調整することができるため、仕事がやりやすくなった。

普段の業務はリモートでもよいが、たまにはオンサイトでチームメンバーに会いたいと感じた。

楽しくお仕事ができています。今後も頑張ります。

画面共有が便利でむしろリモートワークの方が効率が良いと思う。オフラインだと画面共有はしないと思うので。

「原則リモート」ではない会社は就業の候補外です。

遠方からでも仕事をすることができ大変ありがたいです。

コロナ前はオンサイト(大多数)とリモート(少数)で情報格差があり、仕事がやりづらかったり孤独感があった。いまは全員リモワ前提での環境が整っているため、とても仕事がしやすい。感謝しかないです。

出社しないで仕事することに対して不安はありましたが、今はリモートワークのおかげで休憩中に家事などをやることができて家での快適度が上がりました。ありがとうございます。

CLに入ってからまだ通勤していないので前職の話になってしまいますが、私は正直、朝がものすごく苦手で、なかなか起きられない、目眩がするなど、辛い状況だったのですが、フルリモートになってみて、苦手だったのは「朝」ではなくて「通勤」だったのを痛感しました。今は朝も気持ちよく目覚めて、気持ちよく仕事を始められています。

この先何年もこの状況が続くかと思うと気が重い。雨の日に外出しなくて良いのは助かるが出社によって気分転換できるのでたまには出社したい。

お子さんや介護の方がいらっしゃる方には通勤時間がなくなる事だけでも効率よく、時間を有意義に使える手段になっているのでは無いでしょうか。

通勤時間がなくなった+短時間の家の用事が平日の昼間にできるようなったので生活にゆとりがある。

最初はペースを掴むことが難しく、集中できなかった。

今は自分のペースで、休憩の取り入れ方、ちゃんとやるところの区別が自然とできるようになってきた

目的によってリアルとリモートワークを使い分けてもいいと思います。

自分にはリモートワークは生活とのバランスが取りやすくて、ストレスフリーな働き方でした。

現地で顔合わせての作業とか、Team Geekで言及されているように完全に移行するのは難しい。

適材適所で使い分ける必要は感じています。

移動時間がなくなったこともあり休み時間が取れなくなった。

最初の方は不慣れで不安でしたが、続けると楽すぎてやめられないなーと思いましたw

今後はコロナが終わっても会社に行くのは週一とか月一とかになるのかなーと思っています。

人がいる中で何気なく感じることや声かけできることができないのが難点。様子を感じにくいのももどかしい。ほんの一声の声かけができない。

通勤がないのがとても楽だし、どこからでも繋げられるのがとても良い。

チームメンバーと会話する機会が増えて楽しいです!

もともとリモートが多かったが、完全リモートになってとても快適

体力は落ちている気がするがリモートのせいかどうか不明

人生全般で色々と幅広い視野を持てるようになりました。リモートワークが完全に良いとは言えない部分もあると思いますが、うまく活用していきたいと思います。

リモートワークは大賛成。続けていくべきと思います。ただ、リモートでコミュニケーションが不足して孤立してしまって一人で抱え込んだりといったことが起きがちな気がするのでそこは自分も周りにたいしても注意したいなと思っています。

電車通勤がなくなってとても快適。ただ、健康のために軽い運動が必要だと感じた。

リモートワークのなかで、新しい組織にかわって業務がぎくしゃくしている気がしています

リモートワーク、とにかく快適です。が、1,2か月に一度はメンバーと顔を合わせて仕事をしてみたいなとも思います。

リモートワークで仕事の場所依存性が減少したので、時間依存性も減少すると良いと思います。

リモートワークが出来て良かったです。特にこのコロナの間、電車で通勤しないで済んだのは本当にありがたいです。しかし、運動不足になりがちですね。

場所に依存せず働けることが素晴らしいと感じます。

CLはリモートワークに対する姿勢が前向きで素晴らしいです。ハイブリットという選択肢が使えるようになったら、実際に会う選択肢をうまく取り入れていければいいですね

.

リモートワークについては、ほぼみなさんポジティブな意見でしたが、一部リモートワークだからこそ発生している課題(主にコミュニケーションについて)も確認できました。これについては、是非会社としても改善していきたいと考えています。

これらを見ていただくことで、クリエーションラインの「今」を知っていただくことができると思います。日本/世界のどこからでも仕事していただくことが可能です。エントリーはこちらをご参照ください。ご不明点などがあれば、お気軽に私( https://twitter.com/yasudatadahiro )または弊社メンバーのだれかにご連絡ください🙏

Author

代表取締役社長です。会社のみんなが快適に楽しく過ごせるにはどうしたら良いのかをいつも考えています。
最近6歳の息子は仮面ライダーの変身ポーズクイズにはまっていて、「わからない」と言うと不機嫌になるので「めんどくさいなー」と思いながらも、この可愛さはいつまで続くのかなぁと感慨深く噛み締めてます。

Yasuda Tadahiroの記事一覧

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

[無料ウェビナー] GitLab_CI/CDハンズオン_2023111