fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Azure > Windows Azure Pack で IaaS を構築する:第4回 #azure

Windows Azure Pack で IaaS を構築する:第4回 #azure

 ★ 37

この記事は1年以上前に投稿されました。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

アプリケーションサーバーの構築(前編)

第4回では、アプリケーションサーバーの構築について説明します。このサーバーには、System Center や SQL Server など、Azure Pack に必要なミドルウェアをすべてインストールします。

本シナリオで使用するシステム構成やホスト名、全体の作業工程については、第1回の記事を参照してください
[第1回] /lab/6422

第2回以降の記事は、以下を参照してください。
[第2回] /lab/6748
[第3回] /lab/8272

アプリケーションサーバーとなる仮想マシンをセットアップする

ホスト名 MASTER の Hyper-V に仮想マシンを作成し、Windows Server 2012 R2 をインストールします。仮想マシンの設定は以下のようにします。

  • 仮想マシン
    • 名前: ApplicationServer
    • 世代: 第 1 世代
    • メモリ: 6144 MB
    • ネットワーク: 外部仮想スイッチ (第3回の記事中で作成済み)
    • 仮想ハードディスクサイズ: 100 GB
  • OS
    • ホスト名: AP
    • ネットワーク
      • IP アドレス: 192.168.1.102
      • サブネットマスク: 255.255.255.0
      • デフォルトゲートウェイ: 192.168.1.1
      • プライマリDNS: 192.168.1.101

なお、仮想マシンの作成と OS のインストール手順については、第3回の "仮想マシンを作成する" を参考にしてください。

mycloud.local ドメインに参加する

PowerShell で以下のコマンドを実行します。

PS C:\> Add-Computer -DomainName mycloud.local -Restart

認証のダイアログが表示されるので、mycloud.local の administrator (ホスト名 DC の administrator) を指定します。

azp_04_01

設定後、自動で OS が再起動されます。
起動したら、administrator@mycloud.local (ドメインの管理者) でログオンします。以後、このアカウントで作業を進めます。

必要なソフトウェアをダウンロードする

Azure Pack に必要なソフトウェアをダウンロードします。有償製品に関しては、評価版をダウンロードします。
その前に、administrator の Internet Explorer セキュリティ強化の構成 (IE ESC) をオフにします。サーバーマネージャーの左メニューから [ローカルサーバー] をクリックし、プロパティから [IE セキュリティ強化の構成] の "有効" をクリックします。azp_04_02

Administrators グループをオフにし、[OK] をクリックします。

azp_04_03

ダウンロードする製品は、以下になります。

  • SQL Server 2012 SP1
  • Windows ADK for Windows 8.1 Update
  • System Center 2012 R2

それでは、順にダウンロードしていきましょう。

SQL Server 2012 SP1

評価版は、以下の URL からダウンロードできます。なお、ダウンロードするには、Microsoft アカウントでサインインする必要があります。
https://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/hh225126.aspx

バージョンは、64 ビットの日本語を指定します。

azp_04_04

SQLServer2012SP1-FullSlipstream-JPN-x64.iso がダウンロードされます。

Windows ADK for Windows 8.1 Update

Windows ADK には、OS インストール時に使用する Windows イメージのカスタマイズ、管理、展開できる "展開ツール" が含まれており、Azure Pack ではこの展開ツールを使用します。
ダウンロードは、以下の URL から行います。
http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=39982

adksetup.exe がダウンロードされます。

System Center 2012 R2

評価版は、以下の URL からダウンロードできます。なお、ダウンロードするには、Microsoft アカウントでサインインする必要があります。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/dn205286

ダウンロードを実行すると、複数製品のダウンロードがまとめて開始されますが、必要なのは以下の 2 つのみです。これら以外の製品はキャンセルしてもらって構いません。

  • SC2012_R2_SCVMM.exe (System Center Virtual Machine Manager)
  • SC2012_R2_SCO.exe (System Center Orchestrator)

これで一通りの製品がそろいましたが、System Center のインストール時に、依存関係にあるコンポーネントのダウンロードが必要になります。これは、インストールの項で改めて説明します。

ソフトウェアのインストール

先ほどダウンロードしたファイルを使用して、ソフトウェアをインストールします。

SQL Server 2012 SP1

"SQLServer2012SP1-FullSlipstream-JPN-x64.iso" をエクスプローラーからダブルクリックすると、ISO イメージがマウントされ、イメージ内のファイル一覧が表示されます。その中から、"setup.exe" をダブルクリックします。

azp_04_05

インストーラーが起動するので、左メニューから [インストール] をクリックし、[SQL Server の新規スタンドアロンインストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します] をクリックします。azp_04_06

以後、以下のようにインストールウィザードを進めます。

画面 操作
セットアップサポートルール [OK] をクリックします。
製品の更新プログラム [次へ] をクリックします。
セットアップファイルのインストール SQL Server セットアップファイルのインストールが始まりますので、終わるまで待ちます。
終了後、次のインストールウィザードが表示されます。
セットアップサポートルール Windows ファイアウォールで警告が表示されますが、無視して [次へ] をクリックします。
プロダクトキー [無償のエディションを指定する] を選択します。エディションは "Evaluation" にします。
[次へ] をクリックします。
ライセンス条項 [ライセンス条項に同意します。] をチェックします。
[次へ] をクリックします。
セットアップロール [SQL Server 機能のインストール] を選択します。
[次へ] をクリックします。
機能の選択 インスタンス機能から、[データベースエンジンサービス] をチェックします。
共有機能から、[管理ツール - 完全] をチェックします。
[次へ] をクリックします。
インストールルール [次へ] をクリックします。
インスタンスの構成 [既定のインスタンス] を選択します。
[インスタンスID] は変更しないで "MSSQLSERVER" のままにします。
[次へ] をクリックします。
必要なディスク領域 [次へ] をクリックします。
サーバーの構成 [次へ] をクリックします。
データベースエンジンの構成 認証モードは [混合モード] を選択します。
sa のパスワードに適当な値を指定します。
[SQL Server 管理者の指定] で、ドメイン管理者グループ (MYCLOUD\Domain Admins) を追加します。
[次へ] をクリックします。
エラーレポート [次へ] をクリックします。
インストールの準備完了 [インストール] をクリックします。
インストールの進行状況 インストールが始まります。完了後、[次へ] をクリックします。
完了 [閉じる] をクリックします。

これで、SQL Server 2012 SP1 のインストールは完了です。

Windows ADK for Windows 8.1 Update

"adksetup.exe" を起動します。インストーラーが表示されるので、[このコンピューターに Windows アセスメント & デプロイメントキット for Windows 8.1 をインストールします] を選択し、[次へ] をクリックします。
azp_04_08

カスタマーエクスペリエンス向上プログラム (CEIP) への参加を任意に選択し、ライセンス条項に同意します。

インストールを行う機能は [Deployment Tools] と [Windows Preinstallation Environment (Windows PE)] をチェックし、[インストール] をクリックします。
azp_04_09

インストールが開始されますので、終了したらインストーラーを閉じ、コンピューターを再起動します。再起動後、ドメイン管理者でログオンして次のインストール作業へ進みます。

System Center Virtual Machine Manager (VMM)

まず始めに、VMM 用のドメインアカウントを作成します。ここでは MYCLOUD\vmmsvc とします。このアカウントは、VMM 専用のサービスアカウントであり、他の用途には一切使用しません。また、VMM をインストールするローカルコンピューターの管理者グループ (AP\Administrators) へ追加する必要があります。
以下は、PowerShell での作成例です。

PS C:\> Invoke-Command -ComputerName DC { New-ADUser vmmsvc -PasswordNeverExpires $true -Enable $true -AccountPassword (ConvertTo-SecureString <password> -AsPlainText -Force) }
PS C:\> net localgroup administrators MYCLOUD\vmmsvc /add
コマンドは正常に終了しました。

続いて、インストールを行います。先ほどダウンロードしたファイル "SC2012_R2_SCVMM.exe" は自己解凍形式のアーカイブです。これを開き、デフォルトの "C:\SC2012 R2 SCVMM" に展開します。展開後、このフォルダ内にある "setup.exe" を起動し、インストーラーの [インストール] をクリックします。
azp_04_10

インストールする機能として [VMM 管理サーバー] と [VMM コンソール] にチェックし、[次へ] をクリックします。
azp_04_11

以後、以下のようにインストールウィザードを進めます。

画面 操作
製品の登録情報 [次へ] をクリックします。
使用許諾契約書 [使用許諾契約書に同意します] をチェックします。
[次へ] をクリックします。
CEIP 任意に選択し、[次へ] をクリックします。
Microsoft Update [オフ] を選択します。
[次へ] をクリックします。
インストール先 [次へ] をクリックします。
 データベース構成  [インスタンス名] を MSSQLSERVER とします。
[次へ] をクリックします。
 サービスアカウントおよび
分散キー管理の構成
[ドメインアカウント] を選択し、MYCLOUD\vmmsvc を指定します。
[Active Directory にキーを保管する] をチェックします。
AD 内の場所として CN=DKM,DC=mycloud,DC=local と入力します。
azp_04_12
 ポートの構成 [次へ] をクリックします。
 ライブラリの構成 [次へ] をクリックします。
インストールの概要 [インストール] をクリックします。
セットアップ完了 [閉じる] をクリックします。

これで、VMM のインストールは完了です。

Service Provider Foundation (SPF)

まず始めに、SPF 用のドメインアカウントを作成します。ここでは MYCLOUD\spfsvc とします。このアカウントは、SPF 専用のサービスアカウントであり、他の用途には一切使用しません。また、SPF をインストールするローカルコンピューターの管理者グループ (AP\Administrators) へ追加する必要があります。
以下は、PowerShell での作成例です。

PS C:\> Invoke-Command -ComputerName DC { New-ADUser spfsvc -PasswordNeverExpires $true -Enable $true -AccountPassword (ConvertTo-SecureString <password> -AsPlainText -Force) }
PS C:\> net localgroup administrators MYCLOUD\spfsvc /add
コマンドは正常に終了しました。

続いて、インストールを行います。先ほどダウンロードしたファイル "SC2012_R2_SCO.exe" は自己解凍形式のアーカイブです。これを開き、デフォルトの "C:\SC2012 R2 SCO" に展開します。展開後、このフォルダ内にある "SPF\Setup.exe" を起動し、インストーラーの [インストール] をクリックします。
azp_04_13

ライセンス条項に同意し、[次へ] をクリックすると、SPF インストールの前提条件を満たしていないため、以下のような画面が表示されます。
azp_04_14

よって、× マークがチェックマークに変わるように、前提条件を満たす必要があります。この画面は閉じずに、そのまま残しておきます。

まずは、以下のコマンドで必要な Windows の機能と役割をインストールします。

PS C:\> Install-WindowsFeature -Name Web-Server, Web-Windows-Auth, Web-Basic-Auth, Web-Net-Ext45, Web-Asp-Net45, Web-Scripting-Tools, Web-Mgmt-Console, AS-HTTP-Activation, ManagementOdata 
Success Restart Needed Exit Code Feature Result
------- -------------- --------- -------------- 
True    No             Success   {アプリケーション サーバー, HTTP アクティブ化, .NET Framewor... 

次に、WCF Data Services 5.0 for ODATA V3 を以下のサイトからダウンロードします。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=29306
azp_04_15

ファイル "WcfDataServices.exe" がダウンロードされるので、これをダブルクリックし、インストールします。

最後に、ASP.NET MVC 4 を以下のサイトからダウンロードします。
http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=30683
azp_04_16

ダウンロードするプログラムを選択する画面が表示されるので、すべてのファイルを選択し、[次へ] をクリックしてダウンロードを開始します。
※実際には AspNetMVC4Setup.exe だけあれば OK ですが、ここではすべてダウンロードし、インストールします。
azp_04_17

ファイル "AspNetMVC4Setup.exe" と "AspNetMVC4Setup_JPN.exe" がダウンロードされるので、この順番でインストールを行います。

インストールが終わったら、先ほど残しておいた SPF のインストーラー画面に右下にある [前提条件の再確認] をクリックします。
azp_04_18

以下のように、すべてがチェックマークになっていることを確認します。確認後 [次へ] をクリックします。
azp_04_19

以後、以下のようにウィザードを進めます。

画面 操作
データベースの構成 [次へ] をクリックします。
SPF ファイルの場所を指定します [次へ] をクリックします。
管理 Web サービスを構成します [ドメインのセキュリティグループまたはユーザー] に "MYCLOUD\spfsvc" を指定します。
[アプリケーションプールの資格情報] として "サービスアカウント" を選択します。
[ユーザー名] に "MYCLOUD\spfsvc" を指定します。
[パスワード] に spfsvc のパスワードを指定します。
Provider Web サービスを構成します [ドメインのセキュリティグループまたはユーザー] に "MYCLOUD\spfsvc" を指定します。
[アプリケーションプールの資格情報] として "サービスアカウント" を選択します。
[ユーザー名] に "MYCLOUD\spfsvc" を指定します。
[パスワード] に spfsvc のパスワードを指定します。
VMM Web サービスを構成します [ドメインのセキュリティグループまたはユーザー] に "MYCLOUD\spfsvc" を指定します。
[アプリケーションプールの資格情報] として "サービスアカウント" を選択します。
[ユーザー名] に "MYCLOUD\spfsvc" を指定します。
[パスワード] に spfsvc のパスワードを指定します。
使用状況データ収集 Web サービスの構成 [ドメインのセキュリティグループまたはユーザー] に "MYCLOUD\spfsvc" を指定します。
[アプリケーションプールの資格情報] として "サービスアカウント" を選択します。
[ユーザー名] に "MYCLOUD\spfsvc" を指定します。
[パスワード] に spfsvc のパスワードを指定します。
カスタマーエクスペリエンス向上プログラム カスタマーエクスペリエンスへの参加は、任意に選択します。
[Microsoft Update] は オフにします。
[次へ] をクリックします。
インストールの概要 [インストール] をクリックします。
azp_04_20
完了 [閉じる] をクリックします。

これで SPF のインストールは完了です。

更新プログラムのインストール

最後に、VMM, SPF, Azure Pack のインストール を行います。Microsoft Update カタログのページを開きます。

http://catalog.update.microsoft.com/

  1. "System Cener 2012 R2 Virtual Machine Manager" で検索し、最新の更新プログラム "ロールアップ8" を追加します。(KB3097539, KB3096389)
  2. 続いて、"System Center 2012 R2 SPF" で検索し、最新の更新プログラム "Update Rollup 8” を追加します。(KB3096384)
  3. 続いて、"Azure Pack" で検索し、最新の更新プログラム "Update Rollup 8.1" のすべてを追加します。(KB3114172)
    ※すべての更新プログラムのバージョンは 2016/1/6 時点のものです。
  4. [バスケットの表示] をクリックし、[ダウンロード] をクリックします。
    azp_04_21
  5. ダウンロード先のフォルダを指定し、[続行] をクリックします。ここでは、"C:\Users\Public\Downloads" を指定します。
  6. ダウンロードが始まります。
    azp_04_22
  7. すべて完了したら [閉じる] をクリックします。
  8. ダウンロードした更新プログラムをすべて実行します。各フォルダ内に cab ファイルがあるので、その中にあるインストーラーをデスクトップなどの適当な場所へ展開し、実行します。
    azp_04_23
  9. すべての更新プログラムのインストールが終われば、完了です。

次回は...

SQL Server, VMM, SPF のインストールが完了しました。次回は、"アプリケーションサーバーの構築(後編)" として、Azure Pack のインストールと、VMM, SPF との連携 (紐づけ) を行います。

参考文献

VMM のサービスアカウントの指定
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg697600.aspx

SPF のセキュリティ計画
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj642904.aspx

SPF の Web サービスと接続を管理する
žhttps://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn458596.aspx

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post