CL LAB

HOME > CL LAB > [和訳] DockerCon SF 2018 “Cool Hacks” での注目株: Kubeflow #docker #kubernetes #k8s

[和訳] DockerCon SF 2018 “Cool Hacks” での注目株: Kubeflow #docker #kubernetes #k8s

 ★ 3

本稿は DockerCon SF 2018 Cool Hacks Spotlight: Kubeflow (2018/7/2) の和訳です。

DockerCon閉会キーノートは、伝統の "Cool Hacks" キーノートです。今年は、Dockerの革新的な利用方法を紹介する3つの素晴らしいHackを特集しました。この記事では、特にDavid Aronchick氏とMichelle Casbon氏によるKubeflowのデモにポットライトを当ててご紹介致します。

機械学習(Machine Learning; ML)はますます普及し、企業にとって重要になってきています。Kubeflowは、Googleが開発したKubernetesのMLツールキットです。既存の他のアプリケーションのデプロイ用ツールを使用する、専用・ポータブル・スケーラブルなMLのためのアプローチです。データサイエンティストがラップトップ上でモデル作成をテストするために使用することができる素晴らしいものです。そして、データエンジニアは、そのモデルを、Docker Enterprise(Doocker EE)の機能をクラウドで使用して、本番環境でモデルをさらにトレーニングし、使用することができます。

David氏とMichelle氏はこのデモで、最初にDocker Desktopで、次にクラウドのDocker EEでKubeflowを使用するアプリの構築してみせました。また、Google Cloud Tensorflow Processing Units ネイティブの利点さえもプラットフォームに活用しました。

彼らのプレゼンテーションとデモをチェックし、Kubeflowの詳細を確認してください。

DockerCon San Francisco 2018で閲覧可能なオンデマンドセッションを利用してDockerとの繋がりを維持してください:

もっと知りたい方は:

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

Docker社公認トレーニングコース