CL LAB

HOME > CL LAB > 2018年11月15日開催『「コンテナ技術」のクラウドサービスでの活用と、コンテナ時代のシステム運用』にて弊社荒井が登壇 #Aqua #Docker #kubernetes

2018年11月15日開催『「コンテナ技術」のクラウドサービスでの活用と、コンテナ時代のシステム運用』にて弊社荒井が登壇 #Aqua #Docker #kubernetes

 ★ 6

イベント概要

マジセミ様主催のイベントである【Docker、Kubernetesなど「コンテナ技術」のクラウドサービス(AWS、Azure、GCP)での活用と、コンテナ時代のシステム運用】にて、弊社荒井が登壇します。

本セミナーでは、DockerやKubernetesをはじめとしたコンテナ技術と、システム運用およびセキュリティについて学ぶことができます。

弊社のセッション

コンテナ時代におけるセキュリティリスクと、その解決キーポイントについて講演いたします。

コンテナ技術によって素早く柔軟なDevOps開発ができるようになりました。
一方で、コンテナ特有のセキュリティリスクも存在するため、従来のDevOps開発のワークフローにセキュリティを取り入れた「DevSecOps」という考え方が必要になります。
今回はこのDevSecOpsを実現するための手段として、「Aqua Container Security Platform」と呼ばれるツールの活用方法を紹介いたします。

logo

イベント情報


- -
日時  2018年11月15日(木)13:30 ~ 17:30(受付 13:00~)  
会場  株式会社インターネットイニシアティブ本社 13階セミナールーム
参加費 無料
定員 200名

セミナープログラム

セミナーのタイムテーブルは下記の通りです。

時間 講演内容
13:30~13:50 コンテナ超入門(オープニング)
13:50~14:20 Docker、Kubernetesなど「コンテナ技術」の基礎
14:20~14:50 提案活用に向けてざっくり押さえる AWSコンテナサービス
14:50~15:05 IoT + 機械学習の開発環境を1年運用した話
15:05~15:20 コンテナ最前線!GCPにおけるコンテナと、その先。
15:20~15:30 休憩
15:30~16:00 VMwareのコンテナ関連 ソリューションご紹介
16:00~16:30 コンテナ時代のセキュリティとは ~Aqua Securityを活用したDevSecOpsの取り組み~
16:30~17:00 クラウド運用の行く末はいかに!?
17:00~17:30 質疑応答

皆様の参加をお待ちしております。

Author

Sasa Kenta

DevOpsチームのアジャイル好き。毎日宇都宮から通ってます。好きな言葉は「自由」!イベント主催するので参加してくださーい♩♪

Sasa Kentaの記事一覧

Sasa Kentaへお問い合わせ

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

Docker社公認トレーニングコース