CL LAB

HOME > Blog > lee > MongoDB Ops Managerのレプリケーションクラスター構築 #mongodb

MongoDB Ops Managerのレプリケーションクラスター構築 #mongodb

 ★ 0

MongoDB Enterprise Advanced(EA)では、クラスタ―の構成、ユーザ管理、監視、アラート、バックアップ&リストアなどのサービスをすべてOps Manager(GUI)で操作できます。これらのサービスをGUIで操作する場合のメリットは、熟練した技や経験がない人でも高度なオプレーションができることでしょう。今回は、MongoDBのレプリケーションクラスタの構築方法をご紹介します。

事前準備

通常、MongoDBのレプリケーションセットは、最低3台のサーバーで構成します。

  • ここでは、Azure CloudのVMでCentOS7.2を利用しています。
  • 動作検証ぐらいであれば、サーバーのスペックはあまり気にする必要ありません(1vCPU以上, メモリ4G以上)。
    ここでは、Standard D2s v3 (2 vcpu 数、8 GB メモリ)を利用しています。
  • ネットワーク構成は、Ops Managerがインターネットに出られることが前提です。各サーバーはインターネットに繋がらない状況でも結構です。Ops Managerから必要なインストールパッケージをダウンロードするからです。
    もちろん、Ops Managerもインターネットに出られない環境でも、手間はかかりますがOps Managerは利用できます。
  • Ops Managerに関しては、「MongoDB Enterprise Advanced(EA)版の管理ツール、Ops Managerインストール」を参照してください。

プロジェクトの選択

Ops Managerでクラスタ―は、プロジェクトの配下に配置します。

  • 既にクラスタ―が存在するプロジェクトの配下に新たなクラスタ―を追加することはできません。
  • プロジェクトは、必要に応じて追加できます(関連記事:MongoDB Ops ManagerのGUI構成

ここでは、プロジェクト1(Project1)を利用します。

クラスタ―の作成開始

左メニューのデプロイメント(Deployment)をクリックし、クラスタ―作成を開始します。

ロケーションの選択

Deploy In Other Remoteを選択します。

デプロイタイプの選択

Create Replica Setを選択します。

クラスタ―構成の設定

名称とレプリカ数、MongoDBのデータベースファイルの格納先(Data Directory)を設定します。

  • Data Directory Prefixは、MongoDBのデータベースファイルを格納するディレクトリを指定します。

バックアップオプションの選択

Ops Managerを利用してバックアップを取るかどうかはオプションであり、クラスタ―構築後にも設定できますので、ここでは「NO」で進みます。

オートメーション・エージェントのインストール

クラスタ―を構築するノード(サーバ)に、それぞれオートメーションエージェントをインストールします。
次のようにサーバーの台数分のダイアログボックスが表示されます。

同じ設定を1台ずつ実行していきます。

OSを選択すると、インストール方法が表示されます。

1.Download the agent

この作業は、Ops Managerでガイドしている内容に従って、各サーバーにログインし、手動で実行します。

$ curl -OL http://39.39.39.14:8080/download/agent/automation/mongodb-mms-automation-agent-manager-4.5.14.5266-1.x86_64.rhel7.rpm
$ sudo rpm -U mongodb-mms-automation-agent-manager-4.5.14.5266-1.x86_64.rhel7.rpm

2.Create Agent API key

APIキーを生成します。APIキーは、各サーバーがOps Managerに接続するときの認証キーです。
APIキーは、Ops Managerのプロジェクト毎に作成します。

APIキーの作成権限があるかどうか聞かれます。
ここには、Ops Managerのアカウントのパスワードを入力します。

[注意]

API Key作成は、同じクラスタ―内では1回でいいです。同グループのなかではキーを共有します。

3.Next, Open the config file

上記の2で、パスワードが正しければ、次のようにグループIDとパスワードが生成されます。

API Keyを/etc/mongodb-mms/automation-agent.configに格納してください。

/etc/mongodb-mms/automation-agent.config

mmsGroupId=5b98eec48266061f9dba9f1b
mmsApiKey=5bd2df5e8266060687467421e9f99b4bf092bd7aac4c65396dffadb1
mmsBaseUrl=http://39.39.39.14:8080

この設定は、同プロジェクトのレプリケーションクラスタ―の仲間であることを識別するものです。
同レプリケーションクラスタ―の各サーバーには同じ設定を行います。

4.ディレクトリ作成

MongoDBのデータベースファイルの格納先を指定します。
/data/配下に、必要なフォルダは自動的に構成されます。

$ sudo mkdir -p /data
$ sudo chown mongod:mongod /data

5.Start the Agent
オートメーションエージェントを起動します。
各サーバのオートメーションエージェントは、Ops Managerと連絡を取り合いながら様々なサービスを提供してくれます。

$ sudo systemctl start mongodb-mms-automation-agent.service
$ sudo systemctl enable mongodb-mms-automation-agent.service

最後にVerify Agentをクリックすると、Ops Managerとのマッピンが行われます。

次は、1台が成功した状態です。

1台ずつ、3台の設定を実行していきます。
次は、3台にオートメーションエージェントの起動が成功した状態です。

Continueをクリックすると、レプリケーションクラスタ―の構成準備に入ります。

デプロイ実行

ここでオートメーションエージェントは、Ops ManagerからMongoDBのインストールパッケージをダウンロードして各サーバにインストール及びクラスタ―の構成を行います。

Deployを実行すると、しばるくの間、クラスターの構成が行われます。

クラスタ―構成が完了したら、次のような一覧表示になります。

オプションの追加

クラスタ―の構成直後では、オートメーションエージェントとMongoDBプロセスのみが有効になっています。
Ops Managerでクラスタ―の監視とデータバックアップを行うどうかはオプションです。

Ops Managerで監視やバックアップを実行するためには、各サーバー上でエージェントの起動が必要です。
Serversタブを選択してください。

メニュー[…]からMonitoring AgentやBackup Agentが構成できます。

対象選択するだけでは、デプロイは実行されません。明示的にデプロイを実行する必要があります。
次のようなメッセージが画面の上段に表示されます。クリックしてください。

デプロイが完了したエージェントは、次のように画面上で確認できます。

MongoDBへの接続

最後の締め括りとして、MongoDBに接続してみます。

レプリケーションクラスターのプロセス一覧からプライマリノードのメニュー[…]をクリックし、Connect to Instanceを選択します。

次ような接続文字列が表示されます。メモ帳に控えておきましょう。

$ mongo --host rep2.yrsxoknhfgeebiaegsok4me0xc.lx.internal.cloudapp.net --port 27000

この接続文字列のURLは、MongoDBのクラスタ―を構成しているサーバーのなかでのみ有効になっています。
外部からの接続のためには、DNS登録が必要です。こちらのURLを参照してください。

https://docs.opsmanager.mongodb.com/v3.6/tutorial/connect-to-mongodb/

では、サーバーにログインし、MongoDBに接続してみます。
この段階では、認証モードをオンにしていないので、ノーパスワードでログインできるはずです。

[centos@rep1 ~]$ mongo --host rep2.yrsxoknhfgeebiaegsok4me0xc.lx.internal.cloudapp.net --port 27000
MongoDB shell version v3.6.8
…略
myrepl1:PRIMARY>
myrepl1:PRIMARY> show dbs
admin   0.000GB
config  0.000GB
local   0.000GB
myrepl1:PRIMARY> rs.config()
{
        "_id" : "myrepl1",
        "version" : 1,
        "protocolVersion" : NumberLong(1),
        "members" : [
                {
                        "_id" : 0,
                        "host" : "rep1.yrsxoknhfgeebiaegsok4me0xc.lx.internal.cloudapp.net:27000",
                        "arbiterOnly" : false,
                        "buildIndexes" : true,
                        "hidden" : false,
                        "priority" : 1,
                        "tags" : {
                        },
                        "slaveDelay" : NumberLong(0),
                        "votes" : 1
                },
                {
                        "_id" : 1,
                        "host" : "rep2.yrsxoknhfgeebiaegsok4me0xc.lx.internal.cloudapp.net:27000",
                        "arbiterOnly" : false,
                        "buildIndexes" : true,
                        "hidden" : false,
                        "priority" : 1,
                        "tags" : {
                        },
                        "slaveDelay" : NumberLong(0),
                        "votes" : 1
                },
                {
                        "_id" : 2,
                        "host" : "rep3.yrsxoknhfgeebiaegsok4me0xc.lx.internal.cloudapp.net:27000",
                        "arbiterOnly" : false,
                        "buildIndexes" : true,
                        "hidden" : false,
                        "priority" : 1,
                        "tags" : {
                        },
                        "slaveDelay" : NumberLong(0),
                        "votes" : 1
                }

まとめ

このようにOps Managerを利用することでMongoDBのレプリケーションクラスターが簡単に構築できます。クラスタ―の構築だけではなく、起動と停止、パラメター設定(mongod.conf)、バージョン管理などもすべてOps Manager上のメニュー(GUI)で実行できます。一切、コマンドを打つ必要はありません。運用管理に携わる人に取って、何等かのメンテナンスのためにコマンドを実行したり、パラメータを変更したりする作業は、常にリスクを伴うことであり、知識として維持管理するための努力も必要になります。Ops Managerは、運用管理に携わる人の負荷を大幅に軽減してくれるでしょう。

Author

lee

データベースが大好きなサーバサイドのエンジニア。Neo4j、MongoDBのテクニカルサポート、IoTビックデータ処理基盤のアーキテクトとして活動しています。

[著書]
グラフデータベースNeo4jの他
https://www.amazon.co.jp/李昌桓/e/B004LWEKOU

leeの記事一覧

leeへお問い合わせ

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post