Chefの有償化とオープンソース化 #getchef #chef

この記事は1年以上前に投稿されました。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

2019年4月、Chef社はブログ:「 Introducing the New Chef: 100% Open, Always」(参考訳)の中で、新しい商用ディストリビューション、Chef Enterprise Automation Stackを発表しました。これまで無償利用が出来ていたChef プロダクトは今後、商用用途で利用する場合に有償となります。

有償化されるパッケージ:

  • Chef Infra Client (旧名: Chef Client)
  • Chef Infra Server (旧名: Chef Server)
  • Chef Inspec
  • Chef Habitat
  • Chef DK
  • Chef Workstation

Chef 14までは引き続き無償版 Chef を利用することができます。

また、ブログの中では主要プロダクトをオープンソース化することも発表しました。コードは Apache 2.0 ライセンスの下で使用することが可能です。

Chefプロダクトの今後についてまとめていきます。

Chef 14 - サポート終了

2020年4月31日に Chef 14 は EOL を迎えます。

以降はChef社によるセキュリティ対応やバグ修正、サポートは提供されなくなります。

Chef 15 - License(EULA) 同意必須

Chef 15 から「Software End User License Agreement」 に同意する必要があります。

License(EULA) に関する重要事項

商業目的でChefプロダクトを利用するすべての組織は、Chef社から商用ライセンスの取得が必要となります。

<ライセンス抜粋>

IF YOU REPRESENT A CORPORATION, GOVERNMENTAL ORGANIZATION, OR OTHER LEGAL ENTITY, OR YOU INTEND TO USE THE SOFTWARE FOR COMMERCIAL PURPOSES, YOU MUST CONTACT CHEF DIRECTLY TO OBTAIN A COMMERCIAL LICENSE FOR THIS SOFTWARE.

対象バージョン

有償化の対象バージョンと無償利用可能なバージョンはこちらよりご確認ください。

関連記事

新規CTA