fbpx

CL LAB

HOME > Tadahiro Yasuda > Blog > クリエーションラインの2019年事業活動の振り返り #creationline #CLアドベントカレンダー2019

クリエーションラインの2019年事業活動の振り返り #creationline #CLアドベントカレンダー2019

 ★ 51

今年初めてやってみたCLアドベントカレンダー2019。締めくくりとして書かせてもらいます。
https://service.creationline.com/happyxmas2019
こうして最後に一連の記事を見てみると面白いもんで、”いま”のクリエーションラインをうまく表しているなーと思いました。

会社の文化的な話から、「Neo4jでNASAのナレッジグラフを再現してみた」というマニアックな記事から、イベントの記事や、k8s,GitLabなどなど、いい意味でなんでもあり、でもみんなひとつの方向(ぼくらのビジョン)に向かっているというのが自社ではありますが、素晴らしいなーと思いました。
ぼくらのビジョンは、こちらです。https://www.creationline.com/companyinfo

最後にどんなことを書こうかなと思っていたところ、「いつも文化的なことしか書いていないので、たまには事業のことについて記事を書いてください」というリクエストを頂戴したこともあり、今回はクリエーションラインの今年の事業活動を振り返ってみたいと思います。

ざっくりいいますと、今年も大きく事業が拡大した年でした。(弊社の期末は、3月末なので年度としてはまだ続きます)
2017年度から2018年度の売上の伸び率は1.7倍で、今年度も伸び率は1.5~1.7倍ぐらいになりそうです。
かなりの勢いで伸びています。

アジャイル開発支援サービス事業

今年一番伸びた事業は、アジャイル開発支援サービス事業です。
これはデンソー様をはじめとして、色々な業界の方々と新しいサービス、製品、ソリューションを創りだす事業です。
具体的にいうと
・開発チーム発足時のワークショップ提供(アジャイル体験ワークショップ、フェニックスプロジェクトワークショップなど)
・開発チームへアジャイルコーチとして開発支援を行う
・開発チームへのエンジニア参画
・ アーキテクト支援
・各種ツールの導入支援(トレーニングなど)
などです。

まだ正式発表前ですが、先日DENSO Tech Linkというイベントがありそのイベントにて弊社との取り組みについても取り上げていただきました。https://denso.connpass.com/event/154665/
(正式発表は2020年2月を予定しています。)
Togetter  #デンソーテック
https://togetter.com/li/1441109

また今年はデンソー様だけでなく色々な会社様とご一緒させていただく機会をいただきました。
1. 本田技研工業株式会社様
弊社のアジャイルコーチが本田技研工業様の開発チームに対してアジャイルコーチとして開発支援を行っています。詳しくはこちらをご覧いただければと思います。
https://www.creationline.com/blog/k-sasa/29018
https://www.agilejapan.org/2019/session/ten3-5_Honda.pdf

2.Retty株式会社様
グルメ情報サービス Rettyを運営されているRettyの開発チームの方々向けにValue Stream Mapping ワークショップをコンサルティングサービスとして提供いたしました。
https://www.creationline.com/lab/devops/30056

3.横河レンタ・リース株式会社様
現場の環境でDevOpsを適用していくヒントを持ち帰ってもらうことを目的として、社内のエンジニアの方々を対象にフェニックスプロジェクトワークショップをコンサルティングサービスとして提供いたしました。
https://www.creationline.com/lab/devops/30467

サブスクリプション事業

また弊社では、GitLab、Docker、Aqua  Security、Chef、MongoDB、Neo4j、Elasticsearchなどの国内においてサブスクリプション事業を展開しており、これも今年飛躍の年となりました。

これは、2018年度(1年間)と2019年度上期のみを比較したデータです。
全ての製品/サービスが大きく伸びているがお分かりいただけるかと思います。
これは上期のみ(2019年4月~9月まで)のデータで、この結果ですので年度末には更に大きな伸び率になっているのは明らかです。

サブスクリプション関連でもいくつか事例が公開されました。
1.株式会社カカクコム様
コンテナセキュリティ製品 Aqua Cloud Native Container Security Platformを導入していただきました。
https://www.creationline.com/clientvoice/case16

2.NTTコムウェア様
グラフデータベース製品 Neo4jを導入していただきました。
事例としては公開はされておりませんが、金融業界、製造業をはじめとして多くの事業会社様で各種製品をご活用していただいております。
https://www.creationline.com/clientvoice/case17

サブスクリプション事業のなかでも多くのかたに注目されているもののひとつとしてKubernetes トレーニングがあります。弊社はCNCF(Cloud Native Computing Foundation )公認のKubernetes Training Partnerです。
https://www.cncf.io/certification/training/
Linux Foundationと協業し、日本語でKubernetes トレーニングを提供しています。https://www.creationline.com/kubernetes-training

このトレーニングは実施後のアンケートでも毎回大変高い満足度を頂戴しており、「自社向けに開催してほしい」など大変多くの引き合いを頂戴しているのですが、弊社側のリソースの問題もあり開催は3ヶ月に1度のパブリック開催のみとなっております。
今年は、2月、5月、8月、12月と4回開催いたしましたが、毎回25席が早々に埋まってしまいました。
弊社としても、このKubernetesトレーニングはもう少し頻度を上げて継続的に実施していきたいと思っております。
ちなみに次回の開催は2020年2月18日〜21日を予定しております。
Kubernetesトレーニングについて、昨日担当の笹さんが「ここがすごいよ!CLのK8sトレーニング!」という記事をアップしてくれましたので、詳しくはこちらをご参照くださいませ。
https://www.creationline.com/lab/31775

2 まとめ

繰り返しになりますが、2019年のクリエーションラインは事業的にもさらに大きく飛躍した年でした。
メンバーも増えました。総勢140名の組織となりました。
メンバーは増えましたが、会社としての良い文化(カルチャー)は維持することもできたと思っています。
会社のカルチャーを維持したまま事業的に大きく成長できたことが私としては大変嬉しいことでした。
来年もすでに色々な事業展開が見ており、私自身ワクワクしております。
今年も大変お世話になりました!また来年もよろしくお願いいたします!
Merry Christmas & Happy New Year!!


(この写真は2019年8月に開催したDigital Innovation Team のイベントにて撮影)

Author

YasudaTadahiro

代表取締役社長です。会社のみんなが快適に楽しく過ごせるにはどうしたら良いのかをいつも考えています。最近4歳の息子は仮面ライダーにはまっています。なぜか昔のストロンガーがお気に入りのようですw

YasudaTadahiroの記事一覧

YasudaTadahiroへお問い合わせ

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post