fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Docker > [和訳]数クリックでAWSとAzureにDocker データセンターをデプロイする #docker

[和訳]数クリックでAWSとAzureにDocker データセンターをデプロイする #docker

 ★ 7

この記事は1年以上前に投稿されました。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

本稿は DOCKER DATACENTER IN AWS AND AZURE IN A FEW CLICKS(2016/6/21) の和訳記事です。

 

数クリックでデプロイが可能となる近日公開予定のDocker Datacenter AWS Quickstart とAzure Marketplace Templatesを紹介します。

Docker Datacenter AWS Quickstartは、CloudFormation テンプレートを、Azure では Marketplace上のビルド済みテンプレートを利用します。これにより、今までよりも容易にパブリッククラウドインフラ上にエンタープライズ向けCaaS Dockerをデプロイすることができます。

アジャイルアプリケーション開発のためのDocker Datacenter as a Service (CaaS)プラットフォームは、どんな規模の企業でも使えるシンプル、安全、かつスケーラブルなコンテナとクラスタのオーケストレーションとマネジメントを提供します。Docker Datacenterのためにビルドされた新しいクラウドテンプレートを利用すれば、開発部門やIT運用部門はDocker化されたアプリケーションをAmazon EC2やMicrosoft Azure 環境に、コード変更なしでスムーズに移動することができます。これにより、コンピューティングリソース、Dockerをサポートしたコンテナ管理機能、そしてオーケストレーション機能をたったの数ステップで実現することができます。

 

Docker Datacenterとは

Docker Datacenterには、Docker Universal Control Plane, Docker Trusted Registry (DTR), CS Docker Engine 及びSLAを含めた商用サポートが含まれています。

 

・Docker Universal Control Plane (UCP):企業向けのクラスターマネジメントソリューション。一台のサーバーからクラスタ全体を管理するのに役立ちます。

・Docker Trusted Registry: イメージストレージソリューション。Docker イメージを安全に保存し、管理するのに役立ちます。

・商用サポート版 (CS) Docker エンジン

docker0621001

 

Docker Datacenter AWS Quick Startを使って、ワンクリックでAWS上にデプロイ

AWS Quick Startのreference developments を使えば、AWSクラウド上で迅速にDocker コンテナをデプロイすることができます。

Docker Datacenter AWS Quick Startは、カスタマイズ可能なCloudFormationテンプレートを使用します。これにより、機能を追加したり、自身のDocker環境に合わせて変更を加えたりすることができます。

 

アーキテクチャ

docker0621002

 

AWS CloudFormationは、VPC、セキュリティグループ、パブリック/プライベートのサブネット、インターネットゲートウェイ、NATゲートウェイ、S3バケットなどのAWSリソースをすべて作成してからインストールプロセスを開始します。

その後、最初のUCPコントローラインスタンスを起動し、Docker エンジンとUCPコンテナのインストーラプロセスを実行します。最初のUCPコントローラが作成したRoot CAをS3に戻します。最初のUCPコントローラが起動し実行されると、ほかのUCPコントローラ、UCPクラスターノード、そして最初のDTRレプリカの作成プロセスを自動起動します。最初のUCPコントローラノードについても同様で、ほかのすべてのノードが商用サポート版 (CS) Docker エンジンのインストールにより開始され、その後UCPとDTRコンテナを実行してクラスタに加わります。二つのELBは、一つはUCP用、一つはDTR用ですが、それらは起動後に自動的に構成され、二つのAZ全体にロードバランサ機能を提供します。

さらに、必要があればUCPコントローラとノードはASGで起動され、スケーリング機能を提供します。このアーキテクチャにより、UCPおよびDTRインスタンスの両方が両AZ間に拡散し、高可用性を保障します。Route53は、プライベートまたはパブリックのHostedZoneにUCPとDTRをダイナミックに登録、構成するために使用します。

docker0621003

 

 

Quickstartテンプレートの主要な機能は次の通りです:

・新規VPC、異なるAZ内のプライベートおよびパブリックのサブネット、ELB、NATゲートウェイ、インターネットゲートウェイ、オートスケーリンググループの作成―これらすべてはAWSのベストプラクティスに基づいています

・証明書バックアップとDTRイメージストレージ(DTRの追加の構成が必要)に使用するS3バケットとDDCを作成

・VPC内の複数のAZにまたがる3つのUCPコントローラをデプロイ

・構成済みのヘルスチェック付きのUCP ELBを作成

・DNSレコードを作成し、UCP ELBにアタッチ

・UCPノードのスケーラブルクラスタをデプロイ

・UCP Root CAをS3にバックアップ

・VPC内の複数のAZにまたがるDTR Replicaを3つ作成

・構成済みのヘルスチェック付きDTRを作成

・DNSレコードを作成し、DTR ELBにアタッチ

 

AWS Quick Startガイドをダウンロードして詳しく知る

 

Docker Datacenter for AWSを始める

  1. Docker Storeへ行き30日の無料体験に登録、またはセールスに問い合わせる
  2. 認証で”Launch Stack”の入力指示が出た後、AWS Cloudformation ポータルに遷移します。
  3. スタックを起動するAWS地域を確認してください。
  4. 要求されたパラメータを入力
  5. 確認して起動
  6. 完了したらoutputsタブをクリックしてUCP/DTRのURL、初期ユーザー名、パスワード、S3バケット名を確認

Docker Datacenter用の上限$2000のAWSクレジットを要求する

 


 

Azure Marketplace 上でビルト済みテンプレートをデプロイ

Docker DatacenterはAzure Marketplace上でビルト済みテンプレートとして利用可能です。グローバルに、様々なデータセンター間で即座に実行することができます。顧客はニーズに合わせて、Azure上で提供される様々なVMの選択肢の中からDocker Datacenterをデプロイするよう選択することができます。

 

アーキテクチャ

docker0621004

 

Azureのデプロイメントプロセスはユーザーに関する基本情報をいくつか入力することから始まります。すべてのノードにSSHするためのadminユーザー名(OSレベルのadmin ユーザー)とリソースグループの名前がその基本情報に含まれます。リソースグループというのは、論理的に管理されるリソースの集まりだと考えてよいでしょう。リソースグループについて、詳しくはこちらを参照してください。

azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/resource-group-overview/

 

次にクラスタの詳細を入力します:UCPコントローラのVMサイズ、コントローラ数(初期値は3)、UCPノードのVMサイズ、UCPノードの数(初期値1、最大値10)DTRノードのVMサイズ、DTRノードの数(初期値3)、仮想ネットワークの名前とアドレス(例: 10.0.0.1/19)ネットワークについて、2つサブネットがあります:一つ目はUCPコントローラノードのためのサブネット、二つ目はDTRおよびUCPノードのためのサブネットです。

最後にOKをクリックしてデプロイを完了させます。小さなクラスタであればプロビジョンは15-19分、大きなクラスタであればもう数分かかるでしょう。

docker0621005

 

docker0621006

 

 

Azureでデプロイするには

  1. Docker Datacenter30日間の無料体験に登録する、またはセールスに問い合わせる
  2. Microsoft Azure MarketplaceのDocker Datacenterへ行く
  3. Deployment Documentsをレビューする

 

まずはDocker Datacenterライセンス登録して始めてください。

 

30日間の体験ライセンスを取得

動画でDocker Datacenter アーキテクチャを理解

デモ動画をみる

デプロイ用に$75のAWSクレジットをもらう

 

Dockerに関してさらに学ぶには

・Docker初心者は、10分のオンラインチュートリアルをご覧ください。
・画像、自動構築などを無料のDocker Hubアカウントでシェアしてみましょう。
・Docker 1.12リリースノートを読んでみましょう。
Docker Weeklyを購読してみましょう。
・次に予定されているDockerオンラインMeetupに登録してみましょう。
・次に予定されているDocker Meetupに参加してみましょう。
DockerCon 2016に登録してみましょう。
DockerCon EU 2015のビデオを見てみましょう。
Dockerコミュニティへの貢献を始めましょう。

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post