fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Docker > [和訳]Docker CloudによるCI/CD #docker

[和訳]Docker CloudによるCI/CD #docker

 ★ 6

本稿は CI/CD with Docker Cloud (2016/4/7) の和訳です。

So you want to innovate faster, right?
(製品の開発・反映プロセスをより早く革新したいのですね?)

継続的インテグレーションと継続的デプロイメント(CI/CD)は最も一般的でしかも環境をDocker化したいチームにとってはインパクトの大きな事例でしょう

CI/CDのキーは必要な機能を残しながらワークフローを自動化できるか(テストや ステージング環境を利用して)、アプリケーションの品質を保証できるかと言うことです。

BitBucketやGitHub のようなコンテントマネジメントシステムや Jenkinsのようなテストソリューションのプラグインなどと統合することにより、Docker Containers-as-a-Service platformはCI/CDのパイプラインの始めから終わりまでを、より早くまた迅速に改革したいと考えているDevOpsチームに提供します。

b6ZmkdGnwN24jGgg74YfjLnTzqrqzN7Y9aBZTaXoQ8Q=

最近のwebinarでDocker社グループプロダクトマネージャーのRyan Kennedyと私はアプリケーションの管理と展開を行うSaaSホステッドサービスである Docker Cloudが自動構築と自動展開を完全にできることを示す概要の説明とデモを行いました。

そのデモにおいて、彼はコードを書くための環境をどう設定するか、それをGitHubでどのように公開するか、どのようにテストをするか、イメージをどう自動構築するか、そして最後に(音楽!スタート)、どのように商用環境に展開するかを Docker Cloudを用いて説明しています。

この下のwebinarのビデオを見て、ご自信でデモを確認して下さい。

 

4月12日, より安く飛行機を予約する事を可能にしたスタートアップ企業である FairFlyの協同創立者のAmi Goldenberg氏による webinarを開催します。

このwebinarにおいて Docker Cloudを使って組織内の問題をどのように解決したのかについて話します。登録はこちら

その他のCI/CDに関するリソースはこちら:
DockerによるCI/CDパイプラインの構築についてのホワイトペーパー
DockerによるCI/CDにBBC News の事例
今後のwebinarの予定
webサイト上でCI/CDについてさらに詳しく知りたい方は


Dockerに関してさらに学ぶには

・Docker初心者は、10分のオンラインチュートリアルをご覧ください。
・画像、自動構築などを無料のDocker Hubアカウントでシェアしてみましょう。
・Docker 1.10リリースノートを読んでみましょう。
Docker Weeklyを購読してみましょう。
・次に予定されているDockerオンラインMeetupに登録してみましょう。
・次に予定されているDocker Meetupに参加してみましょう。
DockerCon 2016に登録してみましょう。
DockerCon EU 2015のビデオを見てみましょう。
Dockerコミュニティへの貢献を始めましょう。

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

[無料ウェビナー] GitLab_CI/CDハンズオン_2023111