fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > 分散型アプリケーションのパッケージングと実行を行うクラウド非依存なオープンソース仕様:Cloud Native Aapplication Bundle (CNAB)をリリース #docker

分散型アプリケーションのパッケージングと実行を行うクラウド非依存なオープンソース仕様:Cloud Native Aapplication Bundle (CNAB)をリリース #docker

 ★ 0

近年、モダンなソフトウェア環境を作るためのクラウドネイティブなアプリケーションやインフラストラクチャを求める組織が増加しています。それに伴い、これらのマルチサービスでマルチフォーマットな分散型アプリケーションを定義しパッケージングできる単一のソリューションは存在しないという事実が明確になってきました。最近のアプリケーションをオンプレミスのインフラストラクチャやクラウドベースのサービスに拡大するためには、例えばインフラストラクチャにはTerraform、アプリケーションにはHelm ChartおよびDocker Composeファイル、クラウドサービスにはCloudFormationまたはARMテンプレートなど、複数のツールを使わなければなりません。また、これらはすべて個別に管理する必要があります。

この問題に対処するために、Docker社と協力関係にあるマイクロソフト社は、Cloud Native Application Bundle (CNAB)を発表しました。これは分散型アプリケーションのパッケージングおよび実行のためのオープンソースでクラウド非依存な仕様です。CNABによって複数のツールチェーンにわたるマルチサービスな分散型アプリケーションを、1つのオールインワンのパッケージングフォーマットにまとめることができます。CNABの仕様によって、Docker Engineをはじめ、KubernetesやHelm自動化ツール、そしてクラウドサービスなどを含む、あらゆる組み合わせのランタイム環境やツールにデプロイできるリソースを定義することができます。

コンテナ化アプリケーション向けのCNAB実装は、Dockerが初となります。そして今後は、新規アプリケーションの開発やデプロイメント、そしてライフサイクル管理をサポートするために、Dockerプラットフォーム全体へとCNABを拡張していく予定です。まず初めに、クラウドネイティブなアプリケーションの構築・パッケージング・管理を目的とする実験的ツールであるdocker-appの一部として、CNABサポートをリリースします。Dockerでは、CNAB bundleをDockerイメージとしてパッケージングすることができます。これによりDocker HubやDocker Trusted Registry (DTR)を含むDockerレジストリツールを通して、CNAB bundleの配布と共有が可能となります。さらに数か月後には、CNABに基づくアプリケーションをDocker Enterprise Edition (Docker EE)にデプロイし管理できるようにする予定です。

CNABの暫定的な仕様は cnab.io でご覧いただけます。また私たちは、CNABの仕様そのものに貢献してくださる方や、仕様に関するツールの作成に興味がある方を歓迎いたします。Docker社もCNAB仕様に貢献してまいります。


原文: Announcing Cloud Native Application Bundle (CNAB)

Related post

Docker社公認トレーニングコース