fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Docker Desktop for WSL 2テクノロジープレビューを試す5つの理由 #docker

Docker Desktop for WSL 2テクノロジープレビューを試す5つの理由 #docker

 ★ 7

Docker Desktop for WSL 2のテクノロジープレビューの公開をお知らせできることを嬉しく思います!

このプレビュー版は、マイクロソフト社がWindowsインサイダーfastリングで最近利用できるようにしたWindows Subsystem for Linux (WSL)の新バージョンを利用できるようにしたものです。これにより、ファイルシステム共有・起動時間・Docker Desktopユーザのための新機能へのアクセスを改善することができました。

この機能を実現するために、OSとどのように対話するかについて現在のDocker Desktop for Windowsと比較してかなりの変更を加えました:

以前のブログにすべての機能を詳しく説明していますので、ご参照ください:

試してみませんか?

  1. 最新のWindowsインサイダービルドでWindowsマシンを設定しましょう。初めの第一歩は、マイクロソフト社へアクセスし、Windowsインサイダーとして設定することです: https://insider.windows.com/en-gb/getting-started/
  2. 最新のリリースブランチ(少なくともbuild version 18932)をインストールする必要があります。そして、WindowsのWSL 2機能を有効化しましょう: https://docs.microsoft.com/en-us/windows/wsl/wsl2-install
  3. マイクロソフトストアでUbuntu 18.04を入手します。
  4. 最後に、Docker Desktop for WSL 2テクノロジープレビューをダウンロードします。

問題が起きた時や、より詳しい手順が必要であるなら、こちらのドキュメントをご覧ください

試してみよう:

WSL 2と従来のDockerの行き来

docker context lsを使うと、有効なコンテキストを一覧表示できます。

WSL 2内で実行しているデーモンは、「従来の」Docker Desktopデーモンと共存しています。これは別々のDockerコンテキストを利用することで実現しています。docker context use wslを実行すると、WSL 2ベースのデーモンを利用し、docker context use defaultを実行するとDocker Desktopの従来のデーモンを利用します。"default"コンテキストは、LinuxかWindowsかに関わらず、Moby Linux VMデーモンかWindows Docker デーモンのいずれかを対象にします。

全システムリソースへのアクセス

docker infoを使うと、システム統計を調査できます。WSL 2コンテキスト内で有効なCPUとメモリなどのシステムリソースすべてが、見えるはずです。

Linuxワークスペース

ソースコードとビルドスクリプトはWSL 2内に配置でき、Windowsからは同じDockerデーモンとしてアクセスできます。よりよい入出力パフォーマンスを提供するため、WSL 2からのファイルのバインドマウントをサポートしています。

WSLでのVisual Studioリモート

WindowsのVisual Studio CodeからネイティブにDockerとLinuxを操作することができます。

Visual Studio Codeユーザなら、マーケットプレイスからプラグインをインストールしましょう。すると、WSL 2に接続でき、Linux内のソースコードにアクセスできます。つまり、Windows UI内のVSCodeのコンソールから、既存のLinuxビルドスクリプトを使ってコンテナを構築できるということです。

詳しい手順はマイクロソフト社のドキュメントをご覧ください: https://code.visualstudio.com/docs/remote/wsl

ファイルシステムの改善

あなたがPHP Symfonyユーザなら、感想をお聞かせください! Linuxワークスペースから実行するとページのリフレッシュが、400ミリ秒から15ミリ秒になることを体感していただけるでしょう。

もっと知りたいかたは:


原文: 5 Things to Try with Docker Desktop WSL 2 Tech Preview

New call-to-action

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post