fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > (Japanese text only.) 社員インタビュー Vol.4 遠山 朝子さん #creationline

社員インタビュー Vol.4 遠山 朝子さん #creationline

 ★ 1

クリエーションラインに入社を検討しているかた、または興味をもっていただいているかたに、クリエーションラインのことをより知っていただくため、今回社員インタビュー記事を作成しました!
第4弾は、リモート勤務の遠山 朝子(Tooyama Asako)さんです。

Q1. クリエーションラインに入社しようと思ったきっかけは?

CTOの荒井さんから声をかけてもらったことがきっかけで、アルバイト勤務から始めました。

Q2.クリエーションラインの雰囲気は?

明るくなりました。また以前よりも女性社員が増え、活躍されているので嬉しいです。

Q3. 入社当時と現在の心境の変化はありますか?

社員が増えたので「すごいなぁ」と思います。

Q4. 今の業務について教えてください。

現在は大手自動車部品の製造メーカ様のプロジェクトで、開発系の仕事をしています。主な使用言語はpythonです。
入社当時はpythonをやっていませんでしたが、openstackの仕事があり、それを契機に、こっそりpythonを勉強していました。いまデータサイエンス系がpythonなので、こっそり勉強していた甲斐がありました。

Q5.クリエーションラインでイノベーション(技術革新)を実感したことをおしえてください。

流行る前から新製品を取り込んでいて、新技術に挑戦している姿勢は常にあると思います。
ただ製品評価などで終わってしまって、なかなか大きな仕事にならなかったような気がします。それが変化してきていると感じます。
細かい受注状況は覚えていませんが、全社ミーティングに参加していれば、新製品への取組みが実を結んでいることは、なんとなく理解できます。
これはCxO達が偉いと思います。

Q6.これはクリエーションラインならでは!ということは何ですか?

良くも悪くも、複雑な承認フローがあるでもなし、自由な面があると思います。
お金がかからない範囲であれば、いろいろ許されるという感触があります。
というのは、いつの間にかワーケーションを実践していた社員がいて、びっくりしました。

Q7. 今後の目標や、やりたいことは何ですか?

子供向けプログラミングワークショップを社内で実施したことがあったのですが、その時は週末のプライベートの都合が合わず、参加できませんでした。
「子供と何かしたい」というのは、頭の片隅にあって、仕事がイヤになると「学童指導員とか、いいな〜」と夢の呟きをします。
次の機会があれば参加したいですし、自分でも何か企画を考えたいです。

Q8. 最後に、就職・転職活動中の方々へメッセージをお願いします。

弊社に就職するかどうか、迷ったときには、遊びに来てみて、決めれば良いのではないでしょうか。何度冷やかしにきても、それが許される社風だと思います。

■不明点、質問事項がありましたら弊社HPのお問い合わせより、お気軽にご連絡ください。

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post