fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > softlayer > SoftLayerでSANおよびNASを使ってみる #SoftLayer

SoftLayerでSANおよびNASを使ってみる #SoftLayer

 ★ 37

今回の記事では、SAN DISKの拡張およびNASによる共有ストレージ構築をやってみます。

SAN&Local DISK

SANとは

SAN(Storage Area Network)は、ストレージ装置をネットワーク経由で利用する仕組みです。SANでは、リモートにあるディスク装置内のディスクをあたかもローカルディスクのように扱うことが出来ます。つまり、クライアントからはブロックデバイスとして扱えるので、クライアントOSに適したファイルシステムを構築して使うことができます。

さらに、SANは高速のファイバチャネルといったストレージ専用ネットワークを用いているために、高い入出力性能が求められるデータベースやHPCなどの用途のストレージに向いています。

Local DISKとは

Local DISKは通常、ホストバスアダプタ(ネットワークを介さずにホストサーバに直接ストレージ装置やネットワーク機器を接続するハードウェア)を通して直接コンピュータ本体に接続しているストレージのことです。一般的にHARD DISKと呼んでいるのがこれに値します。

Local DISKとSANやNASとは技術的なカテゴリから言うと対極の概念ですが、ここで一つの括りで扱っているのはその用途が同じだからです。SoftLayerはサーバのデフォルトストレージとして、SANとLocal DISKを配備しています。

SoftLayerでは、FISRT DISK(OS領域)および拡張DISKを、SANまたはLocal DISKのどちらかから選ぶようになっています。

では、前回の関連記事を参照しながら、次のようにサーバを2台起動して下さい。既存のテンプレートがあれば、それを利用してもかまいません。

Server1

オプションをデフォルトから次のように変更しています。

項目 オプション 備考
DATA CENTER San Jose
OPERATING SYSTEM CentOS 6.x $0.000/h
FIRST DISK SAN(Default/25GB) $0.000/h
SECOND DISK SAN(20G) $0.007/h
OS-SPECIFIC ADDON RightLink $0.000/h
HARDWARE & SOFTWARE FIREWALLS APF Software Firewall for Linux $0.000/h
ADVANCED MONITORING Monitoring Package - Basic $0.000/h

Server2

オプションをデフォルトから次のように変更しています。FIRST DISKをLocalにしている他はServer1と同じです。

項目 オプション 備考
DATA CENTER San Jose
OPERATING SYSTEM CentOS 6.x $0.000/h
FIRST DISK Local(Default/25GB) $0.000/h
SECOND DISK SAN(20G) $0.007/h
OS-SPECIFIC ADDON RightLink $0.000/h
HARDWARE & SOFTWARE FIREWALLS APF Software Firewall for Linux $0.000/h
ADVANCED MONITORING Monitoring Package - Basic $0.000/h

FIRST DISK(Rootボリューム:OS領域)の選択

FIRST DISKはRootボリューム(OS領域)で、SANとLocalで25GBか100GBのどちらかを選択できます。

First-disk

拡張DISK(SECOND-FIFTH)の追加

インスタンスにはFIRST DISKのほかに4つのDISKを追加できます。SANとLocalから選択できますが、選択できる最大サイズが異なります。

[SAN]

San-disk

[Local]

Local-disk

インスタンスを起動した後でも拡張DISKは追加できます。インスタンス起動後には、次のように該当インスタンスのストレージ変更から追加できます。

但し、インスタンス起動後、拡張できるDISKの種類は、SANのみに限定されています。

 

拡張DISKのマウント/アンマウント

Server1/Server2

拡張DISKはインスタンスへブロックデバイスとしてマウントできます。ただし、拡張DISKはデバイスとしてアタッチされているだけなので、マウントはユーザが行います。

次のように確認してみてください。

# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/xvda2       25G  1.2G   23G   5% /
tmpfs           497M     0  497M   0% /dev/shm

マウントできていないので見えないはずです。

# mount
/dev/xvda2 on / type ext3 (rw,noatime)
proc on /proc type proc (rw)
sysfs on /sys type sysfs (rw)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw)
/dev/xvda1 on /boot type ext3 (rw,noatime)
none on /proc/sys/fs/binfmt_misc type binfmt_misc (rw)
none on /proc/xen type xenfs (rw)

デバイスのリストを見るとアタッチされていることが確認できます。

# fdisk –l

…中略…
Disk /dev/xvdc: 10.7 GB, 10737418240 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1305 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x00000000
…中略…

DISKをフォーマットしてください。

# mkfs.ext4 /dev/xvdc

マウントポイントを作成してください。

# mkdir /mnt/san2

マウントを行ってください。

# mount -t ext4 /dev/xvdc /mnt/san2

マウント結果を確認してください。

# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/xvda2       25G  1.1G   23G   5% /
tmpfs           497M     0  497M   0% /dev/shm
/dev/xvda1      248M   56M  180M  24% /boot
/dev/xvdc       9.9G  151M  9.2G   2% /mnt/san2

オンブートマウントを設定してください。

# vi /etc/fstab
/dev/xvdc  /mnt/san2   ext3       defaults    0 0

拡張DISKの管理

拡張DISKの管理はメインメニューの[Storage→Portable Storage]から行います。ここでインスタンスからDISKをデタッチ/アタッチすることができます。

Portable-storage

デタッチしたDISKは、別のインスタンスにアタッチすることもできます。

拡張DISKのバックアップ

拡張DISKはFIRST DISKと共にスナップショットを取ることができます。拡張DISKと一緒にスナップショットを取ったテンプレートからサーバを起動すると、DISK構成やデータの中身がそのままリストアされます。

Disk-backup

EVaultなどの製品を使うことも出来ますが、それは別の記事で紹介します。

インスタンスキャンセル時の注意

拡張DISKをアタッチした状態でインスタンスをキャンセルすると拡張DISKも一緒に消えてしまいます。SANディスクだけを残したい場合はインスタンスからデタッチしておきましょう。

NAS(Network Attatched Storage)

NASとは

ストレージ装置をネットワーク経由で利用する仕組みです。ネットワークストレージということではSANも同じですが、NASはファイル単位で処理を行います。

一般的に、サーバやクライアントとは独立してネットワーク上に導入されるデバイスで、固有のストレージボリュームを持ち、CIFSやNFSなどの標準的なネットワークファイルの共有プロトコルによって、ネットワーク上のクライアントへ共有ストレージサービスを提供します。

パフォーマンス面ではSANより低速ですが、設定や管理がとてもシンプルでファイルサーバなどに向いています。

NASの作成

メインメニューの[Storage→NAS→Order NAS]を選択してください。

Order-nas

Location San Jose ホームデータセンターを選択する
Select Size 20GB ボリュームサイズを選択する

マスタサービスアグリメントに同意し、[Place Order]を押してください。

Order-nas-commit

作成したNASはメインメニューの[Storage→NAS]から確認できます。さらに一覧をクリックすると、デフォルトのパスワードが確認できます。

Nas-list

NASの存在は、PINGで確認できます。

ping nas501.service.softlayer.com

NASマウント

Server1/server2でそれぞれCIFS(Common Internet File System)管理ユーティリティをインストールしてください。

[root@server1 ~]# yum install cifs-utils -y

マウントポイントを作成してください。

[root@server1 ~]# mkdir /mnt/nas

NASはネットワークストレージなのでURLが発行されます。一覧をクリックすると、アクセスのためのパスワードが表示できます。

Nas-url

UserName SLnnnnnn-n アカウントID+一連番号
Hostname nas501.service.softlayer.com SoftLayerのインターナルネットワーク
Password ******** パスワード

では、NASをマウントしてください

[root@server1 ~]# mount -t cifs //nas501.service.softlayer.com/SLnnnnnn-n -o username=SLnnnnnn-n,password=********,rw,nounix,iocharset=utf8,file_mode=0644,dir_mode=0755 /mnt/nas

マウント結果を確認してください。

[root@server1 ~]# df -Th
Filesystem           Type   Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/xvda2           ext3    25G  1.2G   22G   6% /
tmpfs                tmpfs  497M     0  497M   0% /dev/shm
/dev/xvda1           ext3   248M   56M  180M  24% /boot
//nas501.service.softlayer.com/SLnnnnnn-n
                     cifs   8.0T  6.9T  1.2T  86% /mnt/nas

/etc/fstabにオンブートマウント設定してください。これをしないとサーバの再起動時にマウントは無効になります。

//nas501.service.softlayer.com/SLnnnnnn-n /mnt/nas cifs defaults,username=SLnnnnnn-n,password=******** 0 0

検証のためにServer1上でダミーファイルを作成し、何か書いておきましょう。

[root@server1 ~]# touch /mnt/nas/testfile
[root@server1 ~]# ls -l /mnt/nas/testfile
-rw-r--r-- 1 root root 0 Apr  1 01:41 /mnt/nas/testfile
[root@server1 ~]# echo Hello! > /mnt/nas/testfile

そしてServer2から、Server1で書き込んだファイルを確認してみてください。

[root@sever2 ~]# ls -l /mnt/nas
total 4
-rwxr--r-- 1 204037 513 7 Apr  1 21:44 testfile
[root@sever2 ~]# cat /mnt/nas/testfile
Hello!

アンマウント操作は次のように行います。

[root@server1 ~]# mount /mnt/nas/

NASはサーバ起動時にオプションとしてオーダーは可能ですが、プロビジョニングまでは行いません。つまり、NAS単独でオーダーすることと変わりません。

NASはPrivate VLANを使って通信し、SoftLayerのデータセンター間をまたいでインスタンス間のファイル共有が可能です。

まとめ

今回の記事ではSANとNASの導入を中心に解説しました。SoftLayerは、このようなビックストレージに対するバックアップサービスやバックアップ専用ツールなども提供していますが、それらについては後の記事で紹介の予定です。

関連記事

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post